« 気になるアートメモ0902 | トップページ | ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その弐:日本郵船海岸通倉庫 »

ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その壱:横浜美術館

さて、ヨコハマトリエンナーレ2011。もう4回目のトリエンナーレに
なるのですね。

1回目2001年は展示会場っぽい雰囲気ではあったが街中のあち
こちで展開されていて横浜中で展開されていたイメージがあり。
※2001年段階では日記等は書いてませんでしたのでログ無し。

2回目2005年は諸々の問題によりトリエンナーレなのに4年も間
が空いた!と言われましたが子供が楽しんでいる姿が印象的な
楽しい体感展示が多かった素敵な国際展になってました。
オススメ!横浜トリエンナーレ2005 その1
楽しい!横浜トリエンナーレ2005 その2

3回目2008年は前回から変わって真っ当なアート展を目指した
のか少し難しい作品印象が多かったので私的にはイマイチで
したが三渓園の展示などはとても良かった記憶があります。
横浜トリエンナーレ初考
曼珠沙華の球根には毒がある〜横浜トリエンナーレ、三渓園会場
横浜トリエンナーレ、日本郵船海岸通倉庫と新港ピア
横浜、トリエンナーレ「以外」の心ある機械とEcho

さてさて4回目・・・会場が横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫
の2箇所というのが寂しい感じです。また街中での展開は少な
くあちこちでやっていると感じは出てない。美術館がメイン会場
と言うのもあり、結局一部のアートファンしか見に行かないの
では?と言うちょっとした企画展的なものに見えてしまいます。
ま、でも、行けば行ったらでアートファンとしては楽しめる物も
多い感じにはなっていましたね。

震災もあり準備期間も少なかった(2回目の時みたいな騒動で
もあったのかしら?そう言うので無駄な予算を使ってしまった?)
と言う話も聞くので残念な所が見え隠れするのはしょうがないな、
とも思いますが、それなら2回目の時みたいに4年にしてしまう、
と言う手もあったのでは?予算取り問題や会場押さえなどでそう
簡単にはいかないだろうが不準備なもの見せられるよりかは
見る方としてはその方が良いな、と思います。

やはり国際展というフェス的な扱いの物の目的の一つとしては
アートのすそ野を広げる、つまりアートにそんなに興味ない人が
アートを好きになるきっかけになる、と言うのもあると思いますが
その点で言うとやはり2回目のトリエンナーレが素晴らしかった。
会場で楽しそうに遊んでいる子供達が「楽しかった、また、行き
たい!」と言っているのを見てこの子達はアートを楽しんでいる
な、と。(ところがその印象を持って3回目に言ったら楽しくなか
った・・・と言う評価になって・・・実話ですが、それは勿体ない)
今回のトリエンナーレは作品としては楽しい物は多いのですが
展覧会全体としての取り組みとしてはそこまでの感は無いのが
残念です。

まずは横浜美術館の作品の感想を書きます。
 

ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR
-世界はどこまで知ることができるか?ー

横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)等
8月6日から1月6日

私が行った日は嵐の日だったのですがちょうど涼しいわ空いて
るわ、と言うことでちょうど良い感じでしたね。


横浜美術館全景
999_082

今回のサブタイトルにもなったウーゴ・ロンディノーネの
OUR MAGIC HOUR
999_083

カールステン・ニコライさんの参加型の壁。
999_080

ONO YOKOさんの・・・
999_079

ウーゴ・ロンディノーネの十二体の置物。
999_003

これは十二星座をモチーフにしてるとか・・・?
999_002

入り口すぐ目にはいるのが尹 秀珍(イン・シウジェン)。
999_030

ONO YOKOさんの作品。真ん中には電話がありYOKOさん
本人から電話がかかって来るという・・・私が中に入り、外
に戻った瞬間に電話が鳴るなんて!!!
999_004

ジェイムス・リー・バイヤース、5つの光とクリスタル。
999_006

ウィルフレド・プリエトと冨井大裕の作品。
999_010

ウィルフレド・プリエト「One」は28000000個のイミテーション
ダイヤと1個の本物のダイヤがあるそうだ・・・
これが本物のダイヤ発見!と勝手に思えば例えそれが思い
こみでも幸せだよね!
999_014

冨井大裕さんは画鋲をアートにする・・・凄い。
999_016

トビアス・レーベルガーの作品は別の所にある家と繋がって
いる電球。その家の子供部屋の電気が消えればここの
電球が点くと言う。この日は全灯だったのでこの子は
きっと外出だったのでしょう。
999_019

田中 功起さんは美術館の倉庫にあるもので空間を埋め尽くす。
田中さんの作品は今まであまり好きでは無かったけど今回の
作品は判りやすかった。
999_020

コンスタンティン・ブランクーシの作品を取り巻き、現代アートと
横浜美術館のコレクションが関連性を持つように並ぶ。
ルネ・マグリットと石田 徹也作品が並んでいたりします。
999_024

今村 遼佑作品がたてるかすかな音や光はこの空間では少し
判りにくかったかな。繊細すぎてこう言う大人数が出入りする
国際展向きでは無かった気がする。
999_025

歌川国芳の作品は少し唐突に出現していた様な・・・。
999_026

嵯峨 篤、白い壁ですが昔SCAIで見た時はその職人技的な
作品に感動しましたが、今回は照明も場所も良くなくてあの
鏡面の美しさが全くなくただの照かっている板にしか見えず。
999_028

金理有作品はなかなかめに付きますね。
999_031

マイク・ケリーの光る街も印象的。
この周囲には立石大河亞があり。好きなんですよ、立石作品!
999_034

999_037


イサム・ノグチの輪の周りにも輪とか丸とかモチーフ?の現代
アート作品が並んでました。
999_040

八木良太のレコードろくろは面白い。
999_043


マッシモ・バルトリーニ、聖堂的なオルゴールが凄かった。
この周りにはダミアン・ハーストのステンドグラス・・・に見え
て実は蝶の羽根で作った作品があります。
999_044

999_048

チョン・ジュンホ、骸骨菩薩もイイですね。
999_050

横道入るとポスターが貼られている中に冨井大裕の天井の
写真が貼ってある。
999_052

リヴァーネ・ノイエンシュワンダーのシャボン玉映像と一緒に
ライアン・ガンダーのガラス玉インスイタレーションは今回の
中でも最も素晴らしい作品の一つ。
ガラス玉100個の空間の中に入りたい・・・。
999_054

杉本博司空間ではこの水晶越しに見える海景がイイ!
999_060

999_065

池田 学さんは上手な動物画扱いに見えてしまうなぁ。
999_066

岩崎貴宏、望遠鏡を覗くと見える物は・・・
999_073

望遠鏡の先にはこんな作品がありました!
999_078

他にも横尾 忠則、黒いY字路の部屋や荒木 経惟の部屋
など見所満載でした。

|

« 気になるアートメモ0902 | トップページ | ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その弐:日本郵船海岸通倉庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/52556651

この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その壱:横浜美術館:

» 「横浜トリエンナーレ2011」 [弐代目・青い日記帳 ]
「横浜トリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR」に行って来ました。 横浜トリエンナーレ公式サイト 2001年よりスタートした横浜トリエンナーレも早いもので今回で第4回目。毎回ディレクターを変え様々なアプローチで横浜を舞台に繰り広げられるアートの祭典。 今年は震災等の影響で開催を危ぶむ声もありましたが(記者会見時に丁度3.11大震災に見舞われたり…)無事開幕の運びとなりました。 ヨコハマトリエンナーレ2011「OUR MAGIC HOUR... [続きを読む]

受信: 2011/09/05 21:32

» 「横浜トリエンナーレ2011」(前編・横浜美術館) 横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫 [はろるど・わーど]
「横浜トリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR」 横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK) 8/6-11/6 「横浜トリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR」のプレビューに参加してきました。 初回より10年経過し、今年で4度目を迎えた横浜トリエンナーレですが、今...... [続きを読む]

受信: 2011/09/11 19:52

« 気になるアートメモ0902 | トップページ | ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その弐:日本郵船海岸通倉庫 »