« ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その弐:日本郵船海岸通倉庫 | トップページ | 気になるアートメモ0908(0902改) »

棚田康司展、魔術★錬金術、戸田祥子「地理に、リズム」、千代田芸術祭2011、ポコラート

見たもの幾つか、まとめてUPします。

棚田康司展「生える少年」
ミヅマアートギャラリー

魔術★錬金術
アートコンプレックスセンター

戸田祥子「地理に、リズム」
3331 GALLERY

千代田芸術祭2011 3331アンデパンダン
3331 Arts Chiyoda メインギャラリー

ポコラート 全国公募2011受賞者展
3331 Arts Chiyoda 1FギャラリーB
 

棚田康司展「生える少年」
ミヅマアートギャラリー(市ヶ谷)
9月1日から10月1日 日月祝休

棚田さんの木彫りの少年がミズマの空間に象徴的に存在
していました。棚田さんの彫刻から生まれてくる人は、
特徴的で忘れられない見た目です。それが6体、ミズマ
の空間と相まってそれが何かの象徴のような存在として
君臨しているようでした。

魔術★錬金術
―夢★無意識★眼球★解剖図★交霊術★博物誌―

アートコンプレックスセンター(信濃町)
9月1日から9月30日 月休

ヤン・シュヴァンクマイエル、マックス・エルンスト、
上原木呂の3人のアーティストがシュルレアリスム=
魔術的芸術をテーマに競演。800円の入場料は少し高い
かな、と思った物のかなりの物量がありました。
この世界が好きな人にはお勧めです。
なんと写真撮影Okだとの事で幾つか撮ってきました。

上原木呂公開製作のステージ美術的世界
999_002

マックス・エルンストや上原木呂のこんな作品達が。
999_004 999_006

999_007 999_008

ヤン・シュヴァンクマイエル作品
999_009

戸田祥子「地理に、リズム」
3331 GALLERY(末広町)
9月3日から10月12日 火休

印象的な映像インスタレーション。映像という物に
「形」を組み合わせる。それも精密でない所が想像
の余地があるように感じられる。

千代田芸術祭2011 3331アンデパンダン
3331 Arts Chiyoda メインギャラリー(末広町)
9月3日から9月19日 火休

千代田芸術祭の展示部門です。あおひーさんが参加
されて居ます。http://blog.goo.ne.jp/aohie
とにかく作品の量が多いです。そしてそのジャンル
も様々。レベルも様々です。
だから・・・と言うべきか、質的にはどうもな、と
言う物が多いのも正直な所でした。
アイデアはイイのだけどアイデアに満足してしまい
質的にどうかなぁ、と言うのが多かったかなぁ、と。
アートとしてはアイデアだけでなく他に何かが必要
なんだなぁ、と思ってしまいました。ただ、それが
何なのか、クオリティがあればいいのか、美しさな
のか、アイデンティティなのか、何なんだろう?と
言うのは結局判らず・・・でした。
見ていれば目に付く物もあり、この作家はある程度
の物だな、とか自分の好みだな、とか言う作品が
見つかるはず、じっくり見ればきっと。

ポコラート 全国公募2011受賞者展
3331 Arts Chiyoda 1FギャラリーB(末広町)
9月3日から9月19日 火休

割り箸の立体が印象的です。と言うかそれしか覚え
てないなぁ・・・。

|

« ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その弐:日本郵船海岸通倉庫 | トップページ | 気になるアートメモ0908(0902改) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/52654985

この記事へのトラックバック一覧です: 棚田康司展、魔術★錬金術、戸田祥子「地理に、リズム」、千代田芸術祭2011、ポコラート:

« ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その弐:日本郵船海岸通倉庫 | トップページ | 気になるアートメモ0908(0902改) »