« アラヴェナ展 | トップページ | MOTにて:名和晃平 シンセシス、フレデリック・バック展、MOT コレクション »

完全予約制、鳥のみのコース料理、鳥多古に行ってきました。

お誘いいただき鳥多古へ行ってきました。
999_030

完全予約制、メニューも1コースしかないと言うこだわりの店。
鳥づくし!
 

全部で5組位しか入らないお店でしょうか?
それも6時半からの1回転のみのお店なので本当にこの段階
で居るお客さんのみしかこの日は体験でき無い、と言う物。

料理も1コースのみで他に飲み物メニュー以外はありません。
鳥づくしの鳥を楽しむコースになってます。

お通しに枝豆が来た後に鳥が始まります・・・

まずはつくね串。軟骨も入った食感ある肉の味の濃い物。
999_031

そしてレバ串です。レバーの味はしっかりするのに変な臭み
が無いという一品。

そして焼き鳥シリーズの最後が正肉の焼き鳥です。
999_033

さて、これから本骨頂、の前のジャブとでも言うのが次の
鳥のたたきです。もちろん新鮮でございます。
上に乗った赤いのは砂肝の刺身。砂肝の刺身は食べた
事はありますがこの鮮やかな赤みが凄いですね。
999_034

さて、ここからこの店の本骨頂ですね。
鳥の酒蒸し、きのこと一緒に蒸してある鶏にタルタルソース
がかかってます。細かく切って混ぜて食べる。
タルタルソースが「卑怯」ってくらいあうのです。
※少ない人数で行くとこのメニューは無いそうです。注意!
999_035


メインのつくね鍋、味付けは完全にスキヤキです。あの濃い
割り下に手羽をいれ出汁をとり、野菜や豆腐、シラタキ、
つくねなどなど・・・ホントにつくねのすき焼きです。
割したが最強です。味の染みこんだシラタキを食べれずに
涙目になった奥さんに対してかいがいしく新しいシラタキを
鍋に投入してあげる旦那さんが微笑ましいですね。
(これだけ読むとワガママな奥さんと優しい旦那さんの図、
ですが実態は・・・どうでしょう、笑)
999_036


締めのうどん、結構お腹いっぱいではありますが食べます。
999_037


とにかく鳥を食べ尽くすためのコース。
また、江戸の下町ならではの味付けな所もあります。
また行ってみたいです!

|

« アラヴェナ展 | トップページ | MOTにて:名和晃平 シンセシス、フレデリック・バック展、MOT コレクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完全予約制、鳥のみのコース料理、鳥多古に行ってきました。:

« アラヴェナ展 | トップページ | MOTにて:名和晃平 シンセシス、フレデリック・バック展、MOT コレクション »