« 三鷹天命反転住宅、其の壱:外部編 | トップページ | 三鷹天命反転住宅、其の参:共用部・屋上編 »

三鷹天命反転住宅、其の弐:内部編

三鷹天命反転住宅の2回目、内部編。

荒川修作+マドリン・ギンズの三鷹天命反転住宅に行って
来ました。こちらのブログ→「日毎に敵と懶惰に戦う」
zaikabou氏とそのご友人主催の見学会です。

※ちなみにここは何人か集めると見学会を開催出来、また
 少人数だと月に何回か見学会があるそうです。
 詳細はこちらのHPから。

三鷹天命反転住宅

何回かにわけて書きます。

前回の外部編、に続いて今回は内部編です。
※この後、共用部・屋上編と続きます。
 

空き部屋の301号室を見せて頂きました。
気配コーディネーティングの部屋と言う名前だそうです。
60.36㎡ + バルコニー 11.77㎡ (3LDK)と言う間取り。

この部屋リビング(?)とも言えるキッチンのあるセンタ-空間
の廻りに3部屋の居室と1部屋の水回り室があります。

まずはとにかく目に入ってくる丸い部屋
R0014879

中はこんな感じ。
R0014880

黄色い空間、と言うのも目をひきますが見ての通り床も球
になってますのでここでどう過ごすか、が悩ましい所。
寝室?難しいなぁ。丸まって寝るにはイイかもしれないけど。
物置くにもなんだし・・・球なので音が反響してきて音楽など
もここで聞くには・・・靴下はいて中にはいるとずるずる滑り
ます。裸足で入ればなんとか。小さい子供の遊び場として
はちょうど良いけど・・・後は瞑想ですかね?

外を覗くと出っ張ってました。
R0014804


さて、居室ではない水回り部屋
R0014881

手前が洗濯機、奥がシャワールーム。バスタブは無し。
R0014801

その裏側にトイレ、仕切や扉無しの筒抜けです!
客が来て・・・とか、臭いの強い時は・・・とか、ああ!心配!
R0014799


和室もあります。丸い畳に石が詰まっている庭風エリア。
さてここで何を(略)。ま、ちゃぶ台は似合いそうです。
R0014882


唯一の普通の間取りの部屋ですが色はオレンジ。
R0014787

その部屋の欄間が和風だったりね。
R0014786

インターフォンは必ず(?)斜めにかけてある。
R0014883

この色合いですが必ず6種類の色が視野に入ってくるように
計算されているそうです。2色や3色だと強い色が出てきて
その色のイメージが強くなるのだが、6色あると色々な色の
ある空間というイメージはあっても何か一つの色が強く残る
事がないから、とか・・・本当か?

それらの部屋に囲まれた空間がリビングでしょうか?
真ん中にキッチンがあります。
R0014877

掘りコタツのように掘りこまれているセンターキッチン。
R0014878

そしてリビング(?)の床はデコボコです。
大人と子供の土踏まずの大きさ2種類の凹凸があるとか。
健康には良いですね・・・ですか?
酔っぱらって帰ってきたら絶対に転ぶね!
R0014827

いきなりハシゴもある。ロフトなどはあるわけもない。
R0014794

ちなみにこのハシゴ部分のエリアの天井の高さと先にあった
水回りエリアの所の天井の高さは違います。天井も床も傾斜
していてハシゴ部分の天高が高く、逆が低くなってます。
人のサイズがこのハシゴ部では小さく見えます。子供を叱る
時は逆側から体を大きく見せて威圧感を出しながら叱るのが
有効的だとか、苦笑。


また、全体的に収納がありません。床がデコボコだったり
するので棚を置く場所もそんなに無いし・・・。
さて、自分である物を工夫しなさい・・・ってことで出てくる
のが天井。

良く見るとフックが沢山あります。あそこから吊り棚や荷物
を吊るのです。
R0014809


部屋の中にも、フックから荷物を吊り下げてみます。
R0014793

歩くのに邪魔だけど、笑。
でも、布団とかはどこにしまうのよ?
知り合いが遊びに来たらどこに寝て貰おうか?


さてさて、見ての通り、通常の感覚で住まうには全く持って
不便な部屋です。

人間は死なないと言うコンセプト(人間と言うのは人の間と
書くので各個の肉体単体の事ではなく人と人の間にある
物や繋がりと言う事も含めての人間・・・は死なないとの事)
の元で人の感覚を刺激するとか呼び覚ますとか、コミュニ
ケーションをとるための様々な仕掛けが部屋中にあります。

多少は不便でもこのこのコンセプト、考え方に賛同して、
それが人としての有意義な生活だ、と言う信念がないと
ここに住む事は難しいでしょう。逆に、それさえあればこの
生活はその人にとってとても有意義になるのでしょう・・・ね?
まぁ、この生活にステイタスを求めればそれが大事になる
のでしょうねぇ・・。

唯一、保育園前の未就学児あたりと住むとちょっと大変かなぁ。
怪我しそう。幼稚園以上になっちゃえばうちの子は逞しく生きて
いけ、と言う方針で放っておく事は出来そうだけど・・・。

ハッキリ言って私は絶対にここに住めません。物が多いの
で色んな収納物も置けない、バスタブにも浸かれない、
冷蔵庫も小さい、酔っぱらって帰る事も出来ない。
はい、私は無理です・・・。

|

« 三鷹天命反転住宅、其の壱:外部編 | トップページ | 三鷹天命反転住宅、其の参:共用部・屋上編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/52250025

この記事へのトラックバック一覧です: 三鷹天命反転住宅、其の弐:内部編:

« 三鷹天命反転住宅、其の壱:外部編 | トップページ | 三鷹天命反転住宅、其の参:共用部・屋上編 »