« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

来るべき世界 ,鳳凰と獅子,和菓子を聴く展,シヤシン、フクヘン。の4展

副都心線の東新宿駅でこんなベンチを見ました。
おやおや、カワイイ。透明な樹脂に花柄ペイント。
地下鉄の駅にはもったいない位のカワイイデザイン。
透明さは時間たつとくすみそうだけど。
Fukutosin

さて、下記3展を見てきました。

「 来 る べ き 世 界 」展
neutron tokyo

不滅のシンボル 鳳凰と獅子」展
サントリー美術館

和菓子を聴く展 後期 「和菓子の音楽」
とらや東京ミッドタウン店ギャラリー

「シヤシン、フクヘン。」展
Hidari Zingaro
 

続きを読む " 来るべき世界 ,鳳凰と獅子,和菓子を聴く展,シヤシン、フクヘン。の4展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひびのこづえ展、5artist、gravity 引力の3展

スパイラルでこんなのやるようだ。

「KAITEKIのかたち」展~アートと技術の化学反応~
7月29日から7月31日
スパイラルガーデン
21組のアーティストが挑む、アートと技術の化学反応!として
三菱ケミカルホールディングスグループの扱う合成樹脂や炭素
繊維材料、化成品、医薬品などを使い様々なアーティストが
表現をする。
<参加アーティスト>
井上実(画家)、印デザイン(プロダクトユニット)、川瀬浩介(作曲家)、
木下雅雄(彫刻家)、木村崇人(アーティスト)、児嶋サコ(現代美術作家)、
佐藤好彦(彫刻家)、ジャン=リュック・ヴィルムート(アーティスト)、
鈴木太朗(メディアアーティスト)、谷尻誠(建築家)、
津村耕佑(ファッションデザイナー)、則武弥(グラフィックデザイナー)、
葉山有樹(陶芸家・著述家)、番場俊宏(建築家・デザイナー)、
日比野克彦(アーティスト)、福留奈美(フードコーディネーター)、
藤井秀全(アーティスト)、真喜志奈美(デザイナー)、真鍋大度+石橋素、
森脇裕之(ライト・アーティスト)、矢野TEA+ハヤマカオリ ≪KIRA-KIRA≫

さて、以下3展の感想でも。

ひびのこづえ展 2011 夏
GALLEY le bain+GALLERY MITATE

5artist
KOGEI

EXHIBITION C-DEPOT 2011 gravity 引力
スパイラルガーデン


続きを読む "ひびのこづえ展、5artist、gravity 引力の3展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラカキヒロコ「かぎりある物語」とペーパークラフト作家、松下裕子

今日はWヒロコネタ?

知り合いがジャケットのイラストを描いたと言う縁もあり
アラカキヒロコさんのアルバムCD「かぎりある物語」を聴く。

アラカキヒロコさんのHP→hiroko arakaki

Hirokoarakaki


「唄」が素晴らしかったです。
「唄」が好きな人ならきっと好きなのではないだろうか?

音楽の好きさはそれぞれで歌詞が好きな人、音が好きな
人、アレンジが好きな人、声が好きな人、色々でしょう。

アラカキヒロコさんは唄が力強い、と思った。
「唄」自体が素晴らしい人って居ますよね。アラカキさんも
その一人だと思います。
しかし、まだ若いのになんであんなに「唄」が心に響く様に
出せるのだろうか?

アラカキヒロコさんのCDは現状では都電早稲田駅近くの
CDショップ「ニッポー」さんかライブ会場でしか手に入らない
そうですが、8月にネット発売などを開始する予定の様です。
HP見るとライブはちょこちょこやっているようですね。

彼女の唄はMySpaceで曲を聞く事出来ます
hiroko arakaki myspace

また、ジャケットのイラストを描いた松下裕子さん。
うーん、こんなに良い絵を描けるとは知らなかったよ(笑←失礼)。
松下裕子さんのHPはこちら
My Cup of Tea

Img_0309

彼女はペーパークラフトを中心にロンドンで活動している作家
さんです。知り合いとしての身びいきを差し引いても素敵な
作品を作る方です。

以前に日本に戻ってきた時に荻窪の6次元で個展やった時の
感想はこちら↓
今日の献立ev. 松下裕子個展「紙から生まれたものたち」


以下にどんな作品があるか載せておきます。
オンラインショップを作る構想もあるようですので近いうちに日本
でも買う事出来るかもしれないです。
※写真は作家さんのblogから借用。

クラッカー
Img_0338_2

メッセージカード
※これイイね。欲しい。
Img_0251_2

メッセージボックス、ワード物
※私はこれが凄く欲しいです。
Img_0177_2

メッセージボックス、バタフライ
※これも凄く欲しいのです。
Img_0143


Hide And Seekと言うゲーム
※これは一点物なので販売はしないかな。
Hirokomatsushita_hideseek2


これからの活動が楽しみな二人のヒロコさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古川タク展「あそびココロ」“1本の線から”、その他

古川タクさんの展示好きでした!
この日、実はオペラシティの展示に消化不良気味だったので
口直し的にもちょうど良い結果。行って良かった。

古川タク展「あそびココロ」“1本の線から”
武蔵野市立吉祥寺美術館

GRID-Synthesis KOHEI NAWA
新宿BEAMS B GALLERY

などの感想です。
 

続きを読む "古川タク展「あそびココロ」“1本の線から”、その他"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の外の都市(まち)の中の家展、その他

ああ、これ見に行かなきゃ。

駒形克己  Art on Paper
丸善 丸の内本店 4F 洋書売場ミュージアムゾーン
7月26日~8月15日

千住博 展
丸善 丸の内本店 4Fギャラリー
8月3日~8月9日


このホテルに名和晃平さんの作品があるらしい。
ホテルアンテルーム京都

さて、オペラシティの家の外の都市(まち)の中の家展
に行って来ました。
 

続きを読む "家の外の都市(まち)の中の家展、その他"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三鷹天命反転住宅、其の参:共用部・屋上編

三鷹天命反転住宅の3回目、最後。

荒川修作+マドリン・ギンズの三鷹天命反転住宅に行って
来ました。こちらのブログ→「日毎に敵と懶惰に戦う」
zaikabou氏とそのご友人主催の見学会です。

※ちなみにここは何人か集めると見学会を開催出来、また
 少人数だと月に何回か見学会があるそうです。
 詳細はこちらのHPから。

三鷹天命反転住宅

何回かにわけて書きます。
外部編内部編に続きまして最後に共用部・屋上編

続きを読む "三鷹天命反転住宅、其の参:共用部・屋上編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三鷹天命反転住宅、其の弐:内部編

三鷹天命反転住宅の2回目、内部編。

荒川修作+マドリン・ギンズの三鷹天命反転住宅に行って
来ました。こちらのブログ→「日毎に敵と懶惰に戦う」
zaikabou氏とそのご友人主催の見学会です。

※ちなみにここは何人か集めると見学会を開催出来、また
 少人数だと月に何回か見学会があるそうです。
 詳細はこちらのHPから。

三鷹天命反転住宅

何回かにわけて書きます。

前回の外部編、に続いて今回は内部編です。
※この後、共用部・屋上編と続きます。
 

続きを読む "三鷹天命反転住宅、其の弐:内部編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三鷹天命反転住宅、其の壱:外部編

さて、三鷹天命反転住宅の初回、外部編です。

荒川修作+マドリン・ギンズの三鷹天命反転住宅に行って
来ました。こちらのブログ→「日毎に敵と懶惰に戦う」
zaikabou氏とそのご友人主催の見学会です。

※ちなみにここは何人か集めると見学会を開催出来、また
 少人数だと月に何回か見学会があるそうです。
 詳細はこちらのHPから。

三鷹天命反転住宅

何回かにわけて書きます。

まずは外部編から。
※この後、内部編共用部・屋上編と続きます。
 

続きを読む "三鷹天命反転住宅、其の壱:外部編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレル・ゼマン展と歌川国芳展、ローレル・ロスとサディ・スターン

渋谷に原宿、暑い週末に若者の街へ繰り出し・・・た訳では
ありませんが出歩いてました。
しっかし・・・この街歩いてますと・・・そこらの雑誌に載ってる
水着グラビアに近い格好の女子を見る事出来ますなぁ。
雑誌買わなくてもイイじゃん、笑。もう胸元に脚、剥き出し、
って感じの。これは目の薬?それとも目に毒?

って事で見てきた物の感想ですが
渋谷区立松濤美術館のカレル・ゼマン展
太田記念美術館の歌川国芳展
の2点と後日に行ったメグミオギタギャラリーの
ローレル・ロス「Supernatural」
サディ・スターン「Panmnesia: the afterbirth」
 

続きを読む "カレル・ゼマン展と歌川国芳展、ローレル・ロスとサディ・スターン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イケヤン、皆川明+安藤雅信、ワンダーランド陶アートの器3展

しかし、六本木は怖い所だ。
ルベインで、そして六本木ヒルズで散財。
器は買わない、と宣言していたのに・・・
散財はしないと心を決めた私が何故かその後青山ブックセンター
で本を抱えてレジに並んでいると言う・・・時空が歪んだね。
そして自制が効かない何かの磁場が発生してるね。
私の抑制心が弱い訳ではないね(きっと)。魔都だね。

もう、器関連の展覧会に行くの止めればいいのだな。
調べてメモも止めればいいのだな。
よーし、行かないぞ、買わないぞ(さて、この決意は何日もつ?)。

と言う事で(もしかしたらこのブログ最後の)器関係の3展。

イケヤン☆展2011 in ROPPONGI TOKYO

「森へ探しに。」
minä perhonen tableware * 皆川明 + 安藤雅信

ワンダーランド 陶アート 展
 

続きを読む "イケヤン、皆川明+安藤雅信、ワンダーランド陶アートの器3展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるメモ アート編 0707(18改再)

※今回はちょこちょこマイナーチェンジしてます。

いつものアートメモ。6月はあまり行けなかったので
一度整理です。

でも、サヴィニャック展行けなかった~。
カレルゼマン早く行かなければ~。名和さんもまだだ~。
金沢行きたい~。十和田にも行きた~い。

さて、今日出会う恋人達に向けて!

東海道 新風景 ― 山口晃と竹﨑和征
ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)
4月24日から8月30日
※ヴァンジで山口さん!

イエッペ・ハイン「360°」
金沢21世紀美術館(石川県)
4月29日から8月31日 月休
※イエッペが来てる!見たい!みたい!ミタイ~!

「マイケル・リン ミングリング ―ふれあい―」
十和田市現代美術館(青森)
5月28日から年8月28日 月休
※マイケルリンがやっていたなんて!

破天荒の浮世絵師 歌川国芳
太田記念美術館(原宿)
6月1日から7月28日
前期:豪傑なる武者と妖怪 6月1日から6月26日
後期:遊び心と西洋の風 7月1日から7月28日
※国芳です!

魔法かもしれない。八谷和彦の見せる世界のひろげかた
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ(埼玉)
6月2日から9月4日
※視聴覚交換マシンやりたいなぁ。

「開館50周年記念『美を結ぶ。美をひらく。』II
不滅のシンボル 鳳凰と獅子」展

サントリー美術館(六本木)
6月8日から7月24日 火休
※スタートダッシュに間に合わなかった。

「絵と彫刻」 加藤泉作品集出版記念展
ARATANIURANO(新富町)
6月11日から7月16日
※加藤泉さん!(済み)

名和晃平展
東京都現代美術館 MOT(清澄白河)
6月11日から8月28日 月休
※見逃せません。

カレル・ゼマン展 トリック映画の前衛 -チェコ・アニメ もうひとりの巨匠-
渋谷区立松濤美術館(渋谷)
6月14日から7月24日 月休
※ゼマン好きです!ガラスや切り絵のストップモーションアニメ。

5artist
KOGEI(青山)
6月17日から8月5日 日月休
※岸野寛、佐々木文代、新里明士、深堀隆介、三原研の
 5人展。新里さんの器は好きです。

「森へ探しに。」
minä perhonen tableware * 皆川明 + 安藤雅信

GALLEY le bain+GALLERY MITATE (六本木)
7月5日から7月17日 月休
※ミナと安藤さんの提案する食卓、ってだけで興奮。
 ちなみにここ、和菓子のHIGASHIYAの店もあるのよね。

ワンダーランド 陶アート 展
TKG エディションズ銀座(銀座)
7月8日から7月23日 日月祝休
※京都の陶磁若手作家:フジタチサト、藤田匠平、原菜央、
 片山亜紀、増田哲士、谷内薫

伊藤存:潮の動きとこだわりのない置き物
Taka Ishii Gallery(清澄白河)
7月9日から8月6日 日月祝休
※存さんだ。

古川タク展「あそびココロ」“1本の線から”
吉祥寺美術館(吉祥寺)
7月9日から8月14日
※これは見たーい。

集まれ!おもしろどうぶつ展
横須賀美術館(横須賀)
7月16日から8月28日 8/1休
※三沢厚彦さんに土屋仁応さん、その他。

理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル
パナソニック電工 汐留ミュージアム(汐留)
7月16日から9月25日 月休
※どんな展示になるのだろう?

「家の外の都市(まち)の中の家」
オペラシティアートギャラリー(初台)
7月16日から10月2日 月休
※ヴェネチアビエンナーレ建築展帰国展。これは行かねば。
 北山恒、アトリエ・ワン(塚本由晴・貝島桃代)、西沢立衛など。

ひびのこづえ展 2011 夏
GALLEY le bain+GALLERY MITATE (六本木)
7月19日から8月7日 月休(GALLEY le bainは7/25まで)
※涼しく、楽しいコスチューム。

EXHIBITION C-DEPOT 2011 gravity 引力
スパイラルガーデン(表参道)
7月20日から24日
※C-DEPOT行きたいな。

特別企画展「 来 る べ き 世 界 」
neutron tokyo(外苑前)
7月20日から8月14日 月休
※足田メロウ / 池田孝友 / いちかわともこ / 稲富淳輔 / 伊吹拓 /
 入谷葉子 / 大槻香奈衣川泰典 / 金理有 / 齋藤周 / 酒井龍一 /
 櫻井智子 / 塩賀史子 / 髙橋良 / 谷口和正 / 忠田愛 / 任田進一 /
 中比良真子 / 西川茂 / 林勇気 / 廣瀬育子 / 前川多仁 / 益村千鶴 /
 三尾あすか&三尾あづち / 森太三 / 矢野耕市郎 / 大和由佳

アレハンドロ・アラヴェナ
ギャラリー間(乃木坂)
7月27日から10月1日 日月祝休
※アラヴェナの建築は見てみたい。

アートフェア東京2011
東京国際フォーラム(有楽町)
7月29日から7月31日
※震災で日程変更。夏は会場暑いかなぁ。

山本基 しろきもりへ-現世の杜・常世の杜-
彫刻の森美術館(箱根)
7月30日から2012年3月11日
※震災で延期になっていたのが復活!
 美しき塩のインスタレーション。

駒形克己の触察本
ギャラリーTOM(神泉)
8月2日から8月31日
※駒形さんの作品、大好きなんです!

[ジー ジー ジー ジー] グルーヴィジョンズ展
ggg(銀座)
8月4日から8月27日
※これを見ずして何を見る!

横浜トリエンナーレ 2011
横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫、他(横浜)
8月6日から11月6日
※早いなぁ、あれから3年か。今年は3年でちゃんと出来たのね
 (って3年じゃなかったのは初めだけなのにずっとこれ言われ
 るな、このトリエンナーレ)。
 クリスチャン・マークレー「CLOCKS」が出るのは決まった様
 なのでそれは見たい。他にどんな作家が出るのか。

ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展 映画とその周辺
ラフォーレミュージアム原宿(原宿)
8月20日から9月19日
※夏公開の新作映画記念で京都の展覧会が巡回してくる。
 加えて9月には過去の作品の傑作選が新宿の映画館で。
 新宿K's cinema「シュヴァンクマイエル傑作選」9月3日~16日

魔術★錬金術 ―夢★無意識★眼球★解剖図★交霊術★博物誌―
アートコンプレックスセンター(信濃町)
9月1日から9月30日 月休
※シュルレアリスム=魔術的芸術をテーマに3人のアーティストの競演。
 ヤン・シュヴァンクマイエル、マックス・エルンスト、上原木呂の3人。

MOTOMI KAWAKAMI CHRONICLE 1966-2011
川上元美 デザインの軌跡

リビングデザインセンターOZONE 3Fパークタワーホール(新宿)
9月9日から9月25日 水休
※会場構成はトラフ。OZONE 4Fにっぽんフォルムで関連展示
 「川上元美 日本の上質」9月9日から10月4日
 7Fリビングデザインギャラリーで「1/1 chairs. 川上元美×
 多摩美術大学環境デザイン学科」9月8日から9月27日

アート・スコープ2009-2011
原美術館(品川)
9月10日から11月27日 月休
※そういや去年はやってなかったよなぁ、のアートスコープ。
 今年はどんな作家さんが出てくるのか。

メタボリズム展:都市と建築
森美術館(六本木)
9月17日から2012年1月5日
※丹下健三だ!
 メタボリズムの未来都市展のシンポジウム(9/18)
 1部:栄久庵憲司、神谷宏治、菊竹清訓、槇 文彦、
    モデレーター:内藤 廣
 2部:東 浩紀、レム・コールハース、御厨 貴、ネイダー・ヴォスーギアン
    モデレーター:八束はじめ
 ※一部メンバーを内藤さんが仕切れるのか、が見所、笑?

畠山直哉展「Natural History」
東京都写真美術館(恵比寿)
10月1日から12月4日 月休
※畠山さん!行く!

酒井抱一と江戸琳派の全貌
千葉市美術館(千葉)
10月10日から11月13日 月休
細見美術館(京都):2012年4月10日から5月13日 月休
※今年は抱一イヤー。

東京クリエイティヴ
オペラシティアートギャラリー(初台)
10月18日から12月25日 月休
※ファッション系はここは良くやるけど今度は日本の若手。

シャルロット・ペリアンと日本
神奈川県立近代美術館鎌倉館(鎌倉)
10月22日から2012年1月9日 月休
※ペリアンの回顧展を坂倉さんの建物で・・・コルビジェ繋がりですね。

日本の美・発見VI 長谷川等伯と狩野派
出光美術館(有楽町)
10月29日から12月18日 月休
※これも見なきゃ!

東京アートミーティング(第2回)
21世紀の建築空間 —建築、アート、人々の新しい関係

東京都現代美術館(清澄白河)
10月29日から2012年1月15日 月休
※行きたいな。

没後150年 歌川国芳展
森アーツセンターギャラリー(六本木)、12月17日から2012年2月12日
※大阪市立美術館、前期:4月12日から5月8日、後期:5月10日から6月5日
※静岡市美術館、7月9日から8月21日
※年納めがこれになるのかな?エッ?

今和次郎展
パナソニック電工 汐留ミュージアム(汐留)
2012年1月14日から3月25日 月休
※取りあえずメモ。

イ・ブル展
森美術館(六本木)
2012年2月4日から2012年5月27日
※イ・ブル!来たー!これは期待。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中央線+その他のネタ

<西荻のカフェや雑貨ネタ>

西荻窪「organ」
東京都杉並区西荻南2-19-12
http://cafe-uguisu.com/blog/
6月2日からオープン。三軒茶屋uguisuの2号店。
※三軒茶屋uguisu
http://cafe-uguisu.com/top.html


西荻窪「Hattifnat」
http://hattifnatt.jp/nishiogi.htm
高円寺のHattifnatのアジア版が5月下旬オープン。
吉祥寺に出来てたのね。知らなかった。
高円寺しか知らなかった。


西荻窪「AMULET(雑貨、アンティーク)」
http://amulet.ocnk.net/
神田神保町から西荻窪へ5月20日に移転オープン


西荻窪「nombre」
http://www.nombre.jp/
6月4日にオープン。水縞の文具などのお店。


西荻紙店
http://blog.nishiogishiten.jp/
6月4日にオープン


<高円寺の本屋バー>
高円寺 BLIND BOOKS(アート本、写真集+酒)
17:00-24:00 水曜定休
http://blog.livedoor.jp/blind_books/

<その他の本屋ネタ>

渋谷 Curio Books(ヴィンテージ絵本)
10:00-19:00 日祝定休
http://www.lab-curio.com/


鎌倉 meggendorfer(仕掛け絵本専門店)
10:00-18:00(日祝17:30) 水曜定休
http://www.meggendorfer.jp/index.html


神保町 源喜堂(展覧会カタログ)
http://www.genkido.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンセシス in Seibu Shibuya ~Kohei Nawa meets Seibu Shibuya~

渋谷西武とアートのコラボ「Art meets Life」でも名和晃平さんは
今年に入ってから2回目。
名和さんの前回は立体作品が多かったけど、正直、百貨店という
場が故か安っぽさを感じざるを得なかった。ただのディスプレイに
成り下がって居た館が強かったですね。
前回のハイメの時も同様な感はあり・・・。

で、今回ですが、名和さんも2回目で少し要領を得たのか、もしく
はMOTで忙しくてこちらは割り切ったのか判りませんが、こういう
風に割り切った方がイイかもね、的な見え方になってました。
どうしてもディスプレイイメージが抜けないなら、ディスプレイとして
見せればいいのか、的な割り切り。写真中心にして世界観を
伝えるのに注力した、とでも言うのですかね。
まぁ、ファンとしては立体をもっと見たいという思いがあるのですが
どうせそうして安っぽくなるならこの方が世界観は感じる事が出来
ます。写真しかない!と言うガッカリ感はありましたが・・・。

前回の名和さんin渋谷西武→「SPRING ARTS」 KOHEI NAWA SANDWICH

ハイメアジョンin渋谷西武→ハイメ・アジョン meets 渋谷西武

ただし・・・結局は百貨店における(後、おそらく限られた予算での)
パブリックでの展開はこれが限度かな、と言う諦めもあります。
商品とのコラボ、触れても大丈夫、そこにアートを組み合わせ。
ディスプレイになっちゃうんですよね、結局は。
 
今回の奴の写真を幾つか撮ってきたのでUPします。
 

続きを読む "シンセシス in Seibu Shibuya ~Kohei Nawa meets Seibu Shibuya~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »