« デザイナーとしての棟方志功展@六次元 | トップページ | 気になるメモ0529(アート編) »

ハイメ・アジョンの世界展

今週は雨と体の養生でどこも出来かけず。
さて、ブログ書きますか(そこまで熱心ではない?)。

渋谷西武で上出長右衛門窯 × Jaime Hayonが事前販売して
いましたがハイメ展が始まりました。
 

JAIME HAYON meets Shibuya Seibu
「ハイメ・アジョンの世界展」
http://www2.seibu.jp/shibuya/artmeetslife/artpromotion/index.html
5月25日から6月5日
渋谷西武 A館7F
E1305990480005_1

リヤドロやバカラの装飾品、フリッツ・ハンセン、Sé(セイ)など
の家具、九谷焼の上出長右衛門窯のテーブルウェア、メタル
アルテ、バルセロナ・デザイン。ハイメデザインの品物がずらっ
と並んでいる。

やはり特筆すべきは上出長右衛門窯 × Jaime Hayonでしょう。
今まで外部にデザインを頼んだ事のなかった上出長右衛門窯
が始めてコラボ相手として取り組んだのがスペインのデザイナー
だった・・と言うのが衝撃。
これらの作品の一部は去年のデザインタイドで話題になり、今年
のミラノサローネで発表され、今回発売開始となりました。
E1305990480005_4

渋谷西武では展覧会に先駆けて5月10日から発売されてます。
そのコーナーも以前見に行ってますのでこちらのエントリを参照
ください。

ハイメ・アジョン meets 渋谷西武(今日の献立 ev.)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2011/05/meets-53cf.html

↓こちらにこの展覧会の紹介がありました。
エキサイトイズム ハイメ・アジョンの世界展
http://ism.excite.co.jp/news/rid_E1305990480005/

上出長右衛門窯 × Jaime Hayonの作品は普段使いの物として
は確かにお高いですが、でも頑張れば買う事が出来てしまう
程度ってところが、どうしよう~、と悩ましい所ですね。
まぁ、デザイン好きじゃないとさすがに徳利等に数万出さない
でしょうが。
私は青木良太さんあたりのである程度揃えているので敢えて
今回は見送りましたが、そんな理由でもないと買ってしまうかも。
だって、毎日使うような物ですよ。ちょっと位、値が張っても損は
ないですよ。実際に作家さんが作った器や伝統工芸の箸などを
使うと気持ちが豊かになるのですよ、私は。ええ、自己満足です
けどね。この豊かさが得られるならこの位の出費は・・・ハッ!、
いけないいけない、少し自重しなければ。

 

|

« デザイナーとしての棟方志功展@六次元 | トップページ | 気になるメモ0529(アート編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/51773833

この記事へのトラックバック一覧です: ハイメ・アジョンの世界展:

« デザイナーとしての棟方志功展@六次元 | トップページ | 気になるメモ0529(アート編) »