« 建築家 白井晟一 精神と空間 | トップページ | 宮永愛子展「景色のはじまり-金木犀-」 »

銀座あたりのギャラリー幾つか

これまた終わってしまった展覧会幾つか。
及び今やってるものなど銀座周辺で。

・第5回shiseido art egg 川辺ナホ展(終了)
・デザイン 立花文穂(終了)
・大木裕之「ROADSHOW」
・小村希史

を見ました。
 

第5回shiseido art egg 川辺ナホ展
資生堂ギャラリー
3月4日から3月27日

楽しい展示。今回のシセイドウアートエッグの3人の中では
一番好みだったかな。

天井から吊り下げられる数々の、そして色とりどりのボール。
そこに照明が当たると・・・HELP!の文字が浮かび上がる!

左右に首を振るプロジェクター。独楽動き廻る映像が映し出
されている。ある瞬間に廻ったまま真ん中に静止する独楽。

人形に投影された光。一部が動く影(映像)。

床に映ったカーテンの模様は実は固定されている物だった。

ちょっとした仕掛けと視点の変換が面白かった。

デザイン 立花文穂
ggg
3月4日から3月28日

文字を中心に据えたデザイン。つまりタイポグラフィ的な
デザインが並ぶ。もちろん一つ一つは確実にデザインされ
ているのだろうが一つ一つ見ていると扱いが「文字」な
だけにそれぞれの個性が判らなくなってくる。
どこかで見たような文字な気きがしたり、読めるだけに
そこにデザインを感じなくなったり。
ただ、ふと、引いて見てみた時にそれらが横並びになった
時に各々のデザインなのに、各々の内容が違っているのに
そこに共通のデザイン、つまり癖や特色が見えてくる。
それこそが立花さんの癖でありデザインなんだろう。
文字という共通認識できる物に対してここまで自分の色を
作り出す事が出来るデザインって凄いな、と思いました。

大木裕之「ROADSHOW」
ARATANIURANO
3月23日から4月23日

アラタニウラノでの大木裕之さんの上映会です。
松前君の愛の日記帳の短編を一つ見てきました。
大木さんのはぐらかすような入り込めない、でも
気になる、でも良く判らない、と言う映像。

上映スケジュールは↓こちら
上映スケジュール内容紹介

小村希史
MEGUMI OGITA GALLERY
3月29日から4月16日

(多分)正確なデッサンの上に荒々しい油絵のタッチ
を敢えて荒々しさを強調してモチーフの姿を崩して
いくようなインパクトの強い絵。好みではないが。

このコースだと、いつものTKG Editionsにも寄るが今は特に
テーマの決まった展示ではない感じで、岡本太郎、青木良太、
川島秀明さん等のリトグラフや作品が展示されていた。
お店のギャラリー関連の方、つまりアートに関わっている人に
対して須田悦弘さんの魅力を語っていた素人は私です・・・。


|

« 建築家 白井晟一 精神と空間 | トップページ | 宮永愛子展「景色のはじまり-金木犀-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/51308654

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座あたりのギャラリー幾つか:

« 建築家 白井晟一 精神と空間 | トップページ | 宮永愛子展「景色のはじまり-金木犀-」 »