« 気になるメモアート編0225 | トップページ | ボストン美術館浮世絵名品展とシュルレアリスム展 »

SPIKE JONES 「THERE ARE MANY OF US - I’M HERE」

SPIKE JONES
皆さんは何でこの方の名前を知っているだろうか?
映画、マルコビッチの穴の監督?
いや、今だったら「かいじゅうたちのいるところ」の監督でしょうか?
かいじゅうたち、ああ、あの映画ね、とスルーされてしまうかもしれ
ないですが、いやいや、この人の才能は凄いのです(まるであの
映画が駄目、と言ってるようだ!・・・はい、私は駄目でした)。
マルコビッチは凄かったけどね。

Xジェネレーション、って言い方はもう古いのですかね?でもその
時代のカルチャーにおける寵児!天才!の人なんですよね。

そのスパイクジョーンズの個展です。

SPIKE JONES 「THERE ARE MANY OF US - I’M HERE」
DIESEL ART GALLERY

2月19日から5月15日
P_spike_jonze

そもそも私がこの方の音楽のプロモーションビデオ(PV)です。
ダフトパンク、ビョーク、ビースティ・ボーイズ、ケミカル・ブラザーズ。
凄いメンバーと一緒に凄いPVを次々に造り上げてました。
この時代のスパイク・ジョーンズ含むPV御三家はそれぞれDVDで
発売されてます。

DIRECTORS LABEL スパイク・ジョーンズ

DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー

DIRECTORS LABEL クリス・カニンガム

この3枚組セットはもう何度見た事やら!

スパイクが作ったPV作品の有名どころはこんな感じかな。

Sabotage(ビースティ・ボーイズ)
※刑事ドラマ風ストーリーPV。

Weapon Of Choice(ファットボーイ・スリム)
※クリストファー・ウォーケンさんが踊ります!飛びます!

えっと、ここまで前フリでしたが長くなったので本編は短く。

短編映像作品「I’M HERE」(なんとラブストーリー)を映像+CD+本
のパッケージにした商品「THERE ARE MANY OF US」の発売記念
展示で、その作品関連の写真やスケッチなどの展示です。

写真などはここで見る事が出来ます。
VIEW WORKS

02

05

10

メイキング映像やセットに使われた物の展示。スケッチ等
があります。
この時代にこの文化に触れた人なら是非。

そしてショートフィルム本編も買いました。
・・・ロボットの切ない恋愛の話「I'm Here」。

|

« 気になるメモアート編0225 | トップページ | ボストン美術館浮世絵名品展とシュルレアリスム展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/50949940

この記事へのトラックバック一覧です: SPIKE JONES 「THERE ARE MANY OF US - I’M HERE」:

« 気になるメモアート編0225 | トップページ | ボストン美術館浮世絵名品展とシュルレアリスム展 »