« デザインの天才、ソウル・バスの映画オープニングタイトルを再び | トップページ | 「おやすみなさい。良い夢を。」ミヤケマイ個展「八百萬」 »

いまだに検索される人気のあるエントリ

先日のソウルバスエントリが検索される人気のあるエントリ
なのですが、それ以外にも以外に昔書いたエントリに未だ
にアクセスがある物があります。
それらを幾つかピックアップ。
 

まずはダイアログインザダーク関連は最近でも話題の様で。
恋は盲目~ダイアログ イン ザ ダーク2回目
ダイアログ・イン・ザ・ダーク体験!
 
後は、どこで話題になっているのか、写真家 渡辺克巳さん
関連もたまに検索がかかります。
とにかく凄い!渡辺克巳さんが撮った新宿の現実
 
CM物はやはり検索する率も高く・・・。
世の中にはSweetやキャッチーが~カップヌードルの80年代から90年代前半のCM
※残念なのが映像関連は既に見る事出来なくなっている物が
 多いですね・・・。
 
適当に書いた物は何かの拍子で検索される事があるようです。
正義ノ味方ノ資質についての考察
兵器とはかくありき-Gの兵器についての考察(ただのオタク?)
 
 
と、ここまでアートとかデザインとかあまり検索されてない
ですねぇ。ここのブログの主題って!?
 
 
と、悔しいのでアート/デザイン/建築関連のネタも少しあげます。
 
アート関連での検索が意外と(失礼!)多いのが内藤礼さん。
すきなもの、内藤礼
内藤礼考~「地上はどんなところだったか What kind of Place was the Earth?」
内藤礼 すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している
 
ちなみにこの「すきなもの」シリーズでは須田悦弘さんもあり。
こころ~好きなもの、須田悦弘
 
また、オラファーエリアソンさんも検索率高し。
オラファー・エリアソン「あなたが出会うとき」
うつくしき~オラファーエリアソン影の光
 
西野達さんもたまに検索されますね。
震脚・高揚・仮設~MAISON HERMES 西野達「天上のシェリー」
昨日は車の中で寝た〜西野達「バレたらどうする」
 
内藤さん、オラファーさん、西野さん、と全部画像などだけでは判らない
その場に行って感じる作品が多いですよね。それで皆さん気になるのか?
 
懐かしの食糧ビルディング(食料倉庫)関連などもたまにヒットします。
Look Back In Anger~食糧ビルディング
Chega De Saudade~続・食料倉庫
 
展覧会自体が評判だったのか一時期これも。
鳥と言う美への愛と浪漫~鳥のビオソフィア展
 
 
あとは、建築/デザイン関連だと
 
廣村デザインのサインデザインのこれ
横須賀美術館、其の壱:サイン編
 
徳仁さんは今でも人気です。
発想で何を超える事が出来るか?~吉岡徳仁展 スーパーファイバーレボリューション
 
三保谷硝子も根強い人気があるようで。
秋のデザインイベントNo.1でしょう~三保谷硝子店-101年目の試作展
 
邸宅建築関連も人気があります。
軽井沢建築編その1:ドメイヌ・ドゥ・ミクニ、坂倉準三

邸宅と言えば庭園美術館も。
邸宅萌え~アールデコの館その壱
※これは続き物でその六まであります。
 
小笠原伯爵邸は結婚式パーティーで探してる人が多いか?
よそおいは霞色〜小笠原伯爵邸
 
 
旅関連では去年はやはり上海万博へのアクセスが多かったですが
コンスタントに検索されるのはやはりアートや建築に絡めた金沢
関連と直島関連ですかね。
 
金沢関連
金沢21世紀美術館コレクション展 Shiftその他
金沢建築ネタなど
金沢メモ、金沢にはいつ行けば良いのだろうか?
加賀へ、其の壱:プロローグ、Ten or Gold
※これはその十まで続きます。
 
直島関連
美芸・建造・時流~四国巡り全体及び残りの建築編
※直島やイサムノグチ庭園美術館、谷口建築巡りなど。建築もアート
 もその8までそれぞれ続く続き物。
 
直島はブログ書き出すよりも前に行ってました。
高松、直島、神戸アート建築巡礼 1日目
 
 
その他としては
 
音楽ものシリーズのまとめ
僕が言ってやる、大きな声で言ってやる
※その中でもコーネリアス関連を探してくる事が多いかな?
 ここらも既に削除されてしまっている映像は多いですね。
 
庭園関係とか
七代目小川治兵衛(通称、植治)や重森三玲等がネタの庭園関連
 
 
と、まぁ、そもそもそんなにアクセスが多いわけでもないこのブログ
ですが、だからこそ目的がハッキリした内容で検索されているので
しょうか。
こんな傾向がありますが、今後も飽きずに宜しくお願いします。
 

|

« デザインの天才、ソウル・バスの映画オープニングタイトルを再び | トップページ | 「おやすみなさい。良い夢を。」ミヤケマイ個展「八百萬」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いまだに検索される人気のあるエントリ:

« デザインの天才、ソウル・バスの映画オープニングタイトルを再び | トップページ | 「おやすみなさい。良い夢を。」ミヤケマイ個展「八百萬」 »