« カンディンスキーとジョサイア・コンドルと大島梢 | トップページ | 生誕250年「酒井抱一―琳派の華―」 »

「SPRING ARTS」 KOHEI NAWA  SANDWICH

渋谷西武でやっている百貨店内のディスプレイとアートを絡める
試み「SPRING ARTS」。アーティスト名和晃平さんがメインとして
添加されているそうです。アートとファッションの融合と題し、
「情報と消費」がテーマと言う事。

1月24日までと言う事で、もう終わりですね。
ちょっと前に見てきました。
 

「SPRING ARTS」 KOHEI NAWA  SANDWICH

店内にある作品は、原型の物に対してウレタンを吹き付けるという
名和さんの手法を使った物。
こんなのです。

1_003 1_010

正直・・・私が感じた事としては・・・「安っぽい」でした。
ファッションと並んでいる、と言うところなのか材質のせいなのかは
判りませんが、なんかディスプレイとしても安っぽいし、アートとして
も成り立って無いなぁ、と・・・。
並べ方も悪いかな。ただ横並びすればイイってもんでもない。

1_005 1_008

もちろん、そもそもがこのウレタン吹きつけシリーズの質感が高級
な感じではないし、だからこそ百貨店で剥き出し設置が可能という
事なんだと思います。ただねぇ、やはり置く場所というのはあるの
ですよねぇ。どうしても「作品」には見えないのです。

と、言う事は、だ。ギャラリーや美術館で気に入った作品があって、
それを買って自分の家に置いても、同じ様な事が発生すると言う事
だ!・・・って買える人が心配すればいい話ですね、苦笑。


上記ウレタン吹きつけもの以外にも別の手法作品もありました。
人や動物の動きを彫刻で3Dデジタル表現をするといった取り組み
のポリゴン物。これはB館1FとA館ショーウィンドウにありました。
こちらの感じは結構イイかな、と。
質感の安さはやはり否めない所はありますが、ディスプレイとして
もアートとしても成り立っている感じですね。

1_002 1_011

この展開は作家を変えてこれからも続いていくのでしょうか?
色々と模索してグレードをあげていって欲しい物です。

|

« カンディンスキーとジョサイア・コンドルと大島梢 | トップページ | 生誕250年「酒井抱一―琳派の華―」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/50644908

この記事へのトラックバック一覧です: 「SPRING ARTS」 KOHEI NAWA  SANDWICH:

« カンディンスキーとジョサイア・コンドルと大島梢 | トップページ | 生誕250年「酒井抱一―琳派の華―」 »