« もしも願いが叶うなら〜銀座周辺ギャラリー巡り | トップページ | 2010年のアート/建築/デザイン展10本 »

世界中の誰よりきっと~小谷元彦展

果てしないその笑顔ずっと抱きしめていたい
季節を越えていつでも

クリスマス、美術館なら落ち着けるだろう、と思い行った
のだが・・・場所選定にミスが!行ったのは森美術館。
ここにはスカイプラネタリウムや展望台と言うカップル
キラーコンテンツが併設しているのを忘れてました。
チケット売り場からグルグル階段の外まで行列。
あれ数十分は待ちじゃないか?
まぁ、私は会員なのでそこはスルー。でもエレベーター
乗る前の行列には並ばなくてはいけない・・・。
さらに帰りのエレベータにはスルー通路は無く、結局
そこでカップルにまみれて男一人でエレベーター待ち。
いいんだい!それでも見たかったんだい!小谷元彦展!
そりゃあね、こんな景色もあるしね。
Img_7359

と言う事で絶賛おすすめ中の小谷元彦展の感想を! 
 

小谷元彦 幽体の知覚
森美術館
11月27日から2011年2月27日

小谷さん集大成!って感じでした。その分展示空間的
にはまとまりはないかもしれませんが、それでもあの
作品に流れるフェティッシュな美、と言うまとまりが
それを補ってました。いやー、良かった。
もう一度行きたいな。

一つだけ言いたいのはあの名作(だと私が勝手に思っ
ている)「夜尿症」が無かったのが残念だー!

さて、今回の目玉はインフェルノ(Inferno)でしょう。
ミラー張りの箱の中で滝が時間の流れを変えていくのを
見る、と言ったらそれまでだが、あれは体験しないと
判らない。体験するだけの価値はあります!
これは2001年発表の9th Roomの流れを汲む作品。私は
この作品をオペラシティでやっていたイスタンブール
ビエンナーレ・東京 エゴフーガルで初めて見たのです。
それから、小谷さんは気になる作家から好きな作家へ!
その進化版とも言えるインフェルノは大きくなって
戻って来た、という感じ。これ見るだけでお金払っても
良いでしょう!と。
9th Roomの方が小さかったので迫力はあったかも。
でもインフェルノの方が広いので立って上や下を見た時
のあの底無し感は強かったなぁ。
※女性はあまり短いスカートで体験しない方が良いで
 しょう・・・
Mg_1930 Mg_1937


他にもファントムリブや拘束具、漂うだけのスカート、
徹底したフェティッシュな美である。
Pic_01 Pic_12


ロンパースは前にも見たのでどうでも良いが、エルメス
で見たHollowシリーズがエルメスでは好きになれなかっ
たのに、個々で見たら今までの作品との文脈が見えて
結構良いなぁ、と思った、と言うのは驚きだった。
Pic_03


そして個人的に一番好きかもなのがNew Bornシリーズ。
あの造形的で有機的に美しい世界は小谷さんならではの
ものではないかと!
Pic_02


もう大正解でしたよ!行く日さえ間違わなければ!


また、同じく森美でやっていた
MAM PROJECT 013 カテジナ・ジェダー
も見てきました。まぁ、それ程好きじゃないかな、と
言う具合でしたが。


最後に東京タワー
Img_7349 Img_7351


|

« もしも願いが叶うなら〜銀座周辺ギャラリー巡り | トップページ | 2010年のアート/建築/デザイン展10本 »

コメント

 ビームスでクリスマスプレゼントは買いましたか?
 ワタシは友人に頼んだのですが(もちろん自分用に自分で支払い)、気づいたのが遅くて残念ながら袋は普通のものでした。。。

 東京タワーの画像が、なんとなく孤軍奮闘ってなイメージで素敵w
 手帳に貼りたいからもらっても良いですか?

投稿: ナラブーシカ | 2010/12/28 11:17

>ナラブーシカさま
ビームスの袋を小谷さんがデザインしたとかって
やつでしたっけ?すっかり忘れてました。

東京タワー、写真、どうぞお持ち下さい!
クリックすると大きめの写真が出てきますので。

投稿: KIN | 2010/12/29 14:28

 ありがとうございます、早速頂いて参ります♪

 ビームスの袋は須田さんデザインの〜。
 中底の厚紙にひっそりと雑草がプリントされているんですよ!

 詳細はこちらでどうぞ。
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=58589660&comm_id=64459

投稿:  ナラブーシカ | 2010/12/29 23:44

>ナラブーシカさま
今年のクリスマスは須田さんだったの?
それは知らなかった!
知ってたら絶対に買いに行ってた!!!
うーむ、残念。クリスマスは町田久美さん
だ、と浮かれてる場合じゃなかったわ。

投稿: KIN | 2010/12/30 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/50315930

この記事へのトラックバック一覧です: 世界中の誰よりきっと~小谷元彦展:

« もしも願いが叶うなら〜銀座周辺ギャラリー巡り | トップページ | 2010年のアート/建築/デザイン展10本 »