« 人が憂う | トップページ | 人は魚に »

人が思う

と書いて偲ぶ(しのぶ)と読むのだね。人の思いというのは
それ程までに・・・。

「私があなたを 想う数
山の木の数 星の数
三千世界の 人の数
千里浜辺の 砂の数」

この唄の歌詞の中に、元の十九にしておくれ、と言うのも
ありますが・・・そりゃ無理です。

「奥山住まいのウグイスが
梅の小枝で昼寝して
春が来るよな夢を見て
ホケキョホケキョと鳴(泣)いていた」

と言う所も胸に来ます。

「五十、六十が 蕾なら
七十、八十は花盛り
私の人生 これからと
希望の花を 咲かせましょう」

と言うバージョンもあるそうです。
わたしもこれからまだまだ。

BOOMが歌う「十九の春」

|

« 人が憂う | トップページ | 人は魚に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人が思う:

« 人が憂う | トップページ | 人は魚に »