« 銀座エルメスのニコラビュフ | トップページ | 歩いて探すアート京橋界隈2010 »

須田悦弘展

iPhoneのフォルダ機能、凄く便利だけど画面をフォルダ
で埋めた時の画面がカッコ良く無い。

さて、久々の須田さんの個展です。もう待望の!
須田悦弘さんって知ってますか?私この方の作品が凄く
好きなんです。
え?知ってるって?ここのブログ見てりゃ嫌でも判る?
Img_6083
↑もうね、この写真だけでウットリですよ。
※ギャラリーに許可を得て撮影してあります。
と、言う事で写真色々撮ってきました。
 

仕事抜け出して行ってきました。

須田悦弘展
ギャラリー小柳
6月25日から7月31日

3年前にこのギャラリー小柳で須田さんの個展を
やった時は4回訪問しました。
今回、はい、そうです、初日にまず来てみました。

入ったらTakさん夫婦を発見。そして・・・Takさん
が写真撮影を小柳さんにOK貰うのに便乗して私も
撮影OKを頂きました。なので写真はギャラリーに
許可を貰ってのものです。

何度も書いてますが須田さんは木彫りで植物等を
彫る作家さんです。作品が繊細で本物そっくりだと
言う事も注目なのですが、作品の展示方法も注目。

まず入り口にタイトルと作品。
Img_6090

そう、チューリップです。
Img_6092

そして、今回の展覧会の全景・・・
Img_6078

あれ?展覧会やってるの?と一見思ってしまう。
何も無い様に見えて、ところがどっこい・・・

壁沿いの柱の下の方に・・・
Img_6079

萩、発見。
Img_6080

部屋の奥には比較的大きな見つけやすい・・・
Img_6087

芍薬です。
Img_6081

朝顔が沢山咲いてます。新作の2点。
白(薄紅?)が私は好み。
Img_6084 Img_6085

夏と言う事で朝顔が多いのですかね。
Img_6082 Img_6086

入り口近くのチューリップも見落としてはいけない。
Img_6093 Img_6094

隠しアイテム的なのがツツジ。うー、これ欲しい!
(でも、作品リストには入ってますが)
Img_6088 Img_6089

そしてカウンターの下にはドクダミ。
Img_6096

さらに隠しアイテム的扱いの金の雑草。
Img_6097

そう、須田さんの作品は隠してあるように咲いて
いたりするのです。
今回は3年前のギャラリー小柳の展示と構成は同じ
ような感じだったので、発見と言う感じでもなかっ
たけど、キョロキョロしながら探してしまう楽しみ
が須田さんの展示にはあるのですねぇ。

初日の夕方、と言う事で須田さん本人もいらっしゃい
ました。Takさんが須田さんとお話ししていたので
私も少しだけ参加(いやー、実際には今更ご本人に
聞く事無いですよー)。
食糧ビルディングのさよなら展覧会の枯葉作品の話等
しました。気さくな感じの方です。
今の所国内では大きな個展等開催予定は無い様で残念。
(海外ではあるらしい)

前回の小柳の時の展覧会の様に増える事ありますか?
と聞いたら、今の所予定は無いが、増えるかもしれ
ないねぇ、との事。ああ!やはりまた来なきゃ!
(前回の時は期間中に府中で公開製作やっていたので
それを展示したのですよねぇ。今回はそう言うのが
無いからなぁ。でも、やってくれる事を期待!)

うー、取りあえず初日来て良かった!

|

« 銀座エルメスのニコラビュフ | トップページ | 歩いて探すアート京橋界隈2010 »

コメント

ワタシも行ってきました~。初日でなかったのですが、須田さんご本人もいらっしゃいました。
ワタシは萩とツツジが好きでした。
今回のKINさんの記事は写真がいっぱいでうれしいなあ。隠し撮りじゃなくて許可ありってところがいいっす。KINさん(そしてTakさんも)、ありがとうございます!記事を書いたらTBさせてもいいですか?

投稿: バウム | 2010/06/26 09:24

>バウムさま
さすが、須田マニア。動きが早いです、笑!
まさか写真撮れるとは思ってなかったので
ちゃんとデジカメ持って行けば良かったー、
と言うのが後悔です。iPhoneで撮ったので
少しボケてるのもあり。
でも、なんにしろ便乗させてくれたTakさんに
感謝ですよ。TBよろしくです。

投稿: KIN | 2010/06/26 09:50

KINさん、写真たくさん載せてくれてありがとうございます!
朝顔を見て、やばいと思って、まずは先に実物を見てきました、笑。
私は、どくだみとツツジ特に好きです。
blogにちょっと感想かいたのですが、リンクが貼れず(携帯から投稿しているので)、そこで、このエントリーのURLを載せさせて頂きましたが、大丈夫ですか?

作品増えますかね~。


投稿: marco | 2010/06/27 21:07

>marcoさま
URL登載ありがとうございます。
よろこんで。
やはり須田さんは小さな系が人気ですね。
作品増えて欲しいなぁ!

投稿: KIN | 2010/06/28 23:58

ご無沙汰してます!
わたしも今日見て来ました。
暑い日だったので、ギャラリーに一歩入った途端にエアコンのためだけではない、涼しい空気を感じました。
しゃがみ込んだり、上を見上げたりと、作品を探すのが楽しい展示でしたね。
いや〜、それにしてもお値段!

投稿: さちえ | 2010/07/01 22:29

>さちえさま
久しぶりです。やはり須田さんの展示は最高
ですよね!お値段もですが、笑!
ちなみに某所コメントで見ましたが泰山木が
あったのですか?初日には無かったぞ!
早速追加されたの!!!

投稿: KIN | 2010/07/01 22:34

さっそくお返事。
マグノリア(泰山木って書くんだ!知らなかった)は
エレベーター下りて右の奥の窓の上にありましたよ。
「Private」の柵の向こう側でした。
迫力ありましたよ、お値段も(笑)
再訪してチェックして下さいね。

投稿: さちえ | 2010/07/01 23:02

>さちえさま
マグノリアは木蓮か泰山木の事っす。
どちらか判らないけど須田さんは泰山木よく
作っていて今まで展覧会では数度見たので
きっとそうかなぁ、と。あのギャラリーにあの
大きな花は目立ちそうですねぇ。
Privateの方は入らなかったので次行った時
は覗いてきます!
でも須田さんの作品は小さな奴が人気です
よね。(小さいから安いとは言ってもあの値段
だが・・・)
でも、小さい奴は確かにさちえさんのとこの
ルンバ君が摘んでしまいそうだ・・・。

投稿: KIN | 2010/07/01 23:40

本日行ってきました。
作品増えてましたよ!

投稿: せいな | 2010/07/02 22:34

 今日は。
実際に見ても信じられない。会場ですっかり騙されました。
あの繊細な花弁に、朽ちていくように穴を開け
あり得ない重力感覚で生けてあるんですから。
金の雑草には参りました。
図録拝読も含めて、再訪せねばなりません。

投稿: panda | 2010/07/03 00:06

>せいなさま
泰山木、追加されてましたねぇ!
(もう見に行きました、笑)
何回でも行きたい空間です。

投稿: KIN | 2010/07/04 11:52

>pandaさま
作品自体、それにその配置。
展示される空間自体が須田さんの魅力ですよね!
金の雑草、是非、買って見て下さい、笑。
型取りものなので一番安いですよ(でも30万円代)、苦笑。

投稿: KIN | 2010/07/04 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/48721363

この記事へのトラックバック一覧です: 須田悦弘展:

» 須田悦弘展 2010 行ってきたよ編 [バウムクウヘンの断層。 ]
終業後、いそいそと銀座へ。大好きな須田悦弘さんの個展ですよ。(お昼ご飯も晩ご飯も [続きを読む]

受信: 2010/06/28 08:42

» 「須田悦弘展」 [弐代目・青い日記帳 ]
ギャラリー小柳で開催中の 「須田悦弘」(Suda Yoshihiro)展に行って来ました。 須田悦弘氏の個展について、余計なテキストは不要。 ギャラリー内(展示室)一見すると何も展示物がなさそうです。 (1枚目) 注:撮影はギャラリーの許可を得ています。 (2枚目) (3枚目) これでほぼ個展会場全て。銀座1丁目小柳ビル8階にあるギャラリースペース「須田悦弘展」と銘打ちながら何も作品が展示されていない?! まさかまさかそんなことはありません。 ぐい... [続きを読む]

受信: 2010/06/29 20:14

» 「須田悦弘展」 [What's up, Luke ?]
       ギャラリー小柳で開催中の「須田悦弘展」に行って来ました。蒸し暑い午後、エレベーターの扉が開くとそこにはひんやりした空気が流れる静寂な世界が広がっていました。木で作られた繊細な植物がギャラリーのコンクリートの壁のあちこちにひっそりと咲いています。画像はTakさん、KINさんの記事で楽しめますのでぜひご参照ください。友人と二人、まるで植物園にでもいるかのように「あ、これかわいい!」「こんなとこにも!」「朝顔キレイ!」と上を指差したり、しゃがみこんだりしながら鑑賞。わたしのNo.1は「萩」... [続きを読む]

受信: 2010/07/01 22:54

« 銀座エルメスのニコラビュフ | トップページ | 歩いて探すアート京橋界隈2010 »