« 国宝燕子花図屏風 | トップページ | アニッシュ・カプーア展 »

アーティスト・ファイル 2010

GWに食べた家の近所にある中華屋「ふじかけ」の
麻婆豆腐。これが美味いのです。
山椒がピリリと効いて辛い。でも、見た目ほどは辛く
なく、ヒーヒー言うほどではない。
中華屋(四川料理店に限らず)で麻婆豆腐が美味い
店には外れがないと思っているのは気のせいでは
ないはず。
Img_4051_2
 

アーティスト・ファイル 2010
国立新美術館
3月3日から5月5日

さて、3回目3年目のアーティストファイルですね。
まぁ、見に行くつもりではおりましたがでも、最悪行けず
に終わってもしょうがないかなぁ、と思ってました。
過去2回のアーティストファイルがイマイチだったので。
初回はとても残念。前回は少し良くなっているがやはり
満足感は無し。
ただ、周りの方から今回のは良くなってるよ、と言う話を
聞いたのもあり行ってきました。

たしかに。各作品のレベルが揃ってます。
作品のそれぞれのジャンルは違うので見た目が揃って
いるわけではないし、好き嫌いはあると思いますが、
美術館で展示する、と言うレベルが揃っていますね。
今まではそれすらに達してないものと混合してました。
お金払って見る人に、選定者の自己満足を見せられて
いる様な感じ。お金払わずギャラリーで見る事出来る様
なものが混ざっていた。今回はちゃんとそれぞれ人に
見せる事の出来るレベルに達していて、その上で好き
嫌いを判断できるようになりました。

でもカタログのばら売りはやはりして欲しいけど。

抜粋でメモ。

福田尚代
文庫本に文字の刺繍も良かったけど、やはり回文ですよ。

O JUN
良く判らない絵だが、良く判らなくてイイと言っている。

斎藤ちさと
水滴マニア。スイテキの向こうの景色がステキ。

石田尚志
今回の一番。絵画を描く形跡を辿るアニメーションなん
ですが・・・。こう言う手法は実は既にある、が、基本
グラフィティの世界をアニメーションと言う手法で辿る
か、アニメーションの楽しさをグラフィティで表現して
いるかのどちらか。もちろんそれも凄いのだが、それを
空間として表現してインスタレーションに高めている、
そんな表現が凄い。

ただ、一つ言っておくと。
この展覧会ルーシーリーの後に見ない方が良かった。
先に見てればもっと良かった感が強かったでしょう。
ルーシーリーに感激した消化試合的扱いになってしま
ったのが残念。ってもう、これ終わっちゃたけど。
あ、これ先に見たら逆に記憶が薄れてしまったかも。
どっちが良かったかなぁ。

|

« 国宝燕子花図屏風 | トップページ | アニッシュ・カプーア展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/48280806

この記事へのトラックバック一覧です: アーティスト・ファイル 2010:

« 国宝燕子花図屏風 | トップページ | アニッシュ・カプーア展 »