« 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ | トップページ | 誠+尚+晃、六クロ、すくいとる 3題 »

奥村土牛展

ティムバートンが製作に関わっている
9
見たいなぁ。ダークファンタジー、大好き。

汐留ミュージアムでやる
白井晟一展
2011年1月8日から3月27日
と言うのがまたマニアックだ事。建築好きとしても通好み。

で、奥村土牛展の感想に入ってみる。
 

生誕120年 奥村土牛
山種美術館
4月3日から5月23日

このブログを見てくれてる人なら良く判ると思いますが
このブログで近代の日本画、日本西洋画を取り上げる
事はかなり少ないです。単独で個展を見てエントリを
あげたのは東山魁夷位でしょうかね?

それが何故、奥村土牛、なのか、と言うと・・・
チケットを頂いたから(ありがとうございます)と言うのも
実はあるのですが・・・まずは新しくなった山種美術館に
行きたかった、と言うのに加え奥村土牛の絵を生で一度
見てみたかった、のです。
(でも、チケット貰ってなかったらスルーしていたかも。
山種+御舟を見たいと思ってたのだが結局行けなかった
ので何かタイミングが無いと行かないかなぁ、と思って
居た所のこのタイミングでした)。

絵を見ていて思ったのが極端に興味のある物と無い物に
別れます。興味ある物は以下の通り
雨趣、緋鯉、鳴門、蛤、罌粟、花菖蒲、木蓮、醍醐、里ん古
あたりでした。

まずは人物画は全般的に興味がないのですよねぇ、私。
自然系、風鳥花月ものが好きなんですねぇ。
あと掛け軸みたいに和画装してあるものはそれだけでイイ
と思ってしまっている、苦笑。
(女性の見た目に誤魔化される男、ですね~)
まぁ、要は和物が好きなんですよね。

普段、さらっとしか見ない物をじっくり見てみると自分の好き嫌いが
ハッキリ出てイイですね。

|

« 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ | トップページ | 誠+尚+晃、六クロ、すくいとる 3題 »

コメント

 「アリス〜」ももちろん良いのだけれど、気になる度から挙げると断然『9』です...てt、「アリス〜」まだ観れないでいるんですけど。

 話は全然違うのですが、ワタクシどうやら『器』にハマってしまいそうです。(もちろん日常使いのレベルですけど)
 雑誌で見た青木さんの器に心奪われ。
 それもこれも元はといえば青木さん大絶賛の貴方に責任が!!
 ってな訳でこれからがんがんご指南頂きますわよ(笑)

投稿: ナラブーシカ | 2010/05/01 10:01

>ナラブーシカ様
私もまだアリス見て無いです!

器、ハマってみてくださいな。
では、あおった責任で私の持ってる器を
3倍の値段で売りますぞ、笑!

投稿: KIN | 2010/05/02 11:10

土牛好き!
今日山種行ってきました〜
私は土牛の色遣いが好みで、絵具の滲み具合なんかは偶然美しい景色がうまれた焼きものみたいで、感動します。
ほんと、軸装してある画は上等な着物を着こなした女性みたいで素敵ですよね。
で、あのハコはいかが〜?

投稿: ogawama | 2010/05/05 21:43

>ogawamaさま
土牛の絵、生で見て良かったです。やはり写真
では伝わらないものもありますよね。

軸装絵画はホントにそれだけで・・・上等な着物
着ている人に騙されるって事ですね、私は、笑。

ハコ、は外装が良かったです。
あの段々の顔が。

投稿: KIN | 2010/05/05 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/48223610

この記事へのトラックバック一覧です: 奥村土牛展:

« 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ | トップページ | 誠+尚+晃、六クロ、すくいとる 3題 »