« 小谷元彦展とニュートーキョーコンテンポラリーズ3 | トップページ | セシル・バルモンドの世界の正しい見方 »

フランス大使館旧庁舎取り壊し前のアートイベント

ノーマンズランド

フランス大使館が新築、そして取り壊される旧庁舎が公開
されそこでアートイベントが行われてます。
世界の若手アーティストがフランス大使館旧庁舎の各部屋
を取り壊される事を良い事に好き放題アート空間にしてる。
食糧ビルディングの取り壊しの時のイベントを思い出しま
した。1時間くらいでさらっと見て、と思っていたのですが
・・・ちゃんと見たら3時間以上かかりますね。
それだけ内容が濃かったです。

日本からも花代、ヒロミックス、鬼頭健吾、松井えり菜、
みかんぐみ、三宅信太郎、伊勢谷友介、SANAA、
田幡浩一、等と言うそうそうたるメンバーが参加。
私が行った日は神田サオリさんのライブペインティング
をやっていたようです。あー、もう少し早く行っていれ
ば見る事できたのに!

ノーマンズランドの写真は以下にあります。
No Man’s Land 写真集
初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
 

ノーマンズランド
フランス大使館旧庁舎
2009年11月26日から2010年2月18日
※月火水 休館

アート作品が庁舎の各部屋や周辺あちこちにあります。
普通入れないような場所も公開しているので建築見学
としても楽しめます。

まずはニコラビュフの門が迎えてくれます。
Img_3065

建物がこんな事に!
Img_3066

プジョーもこんな事に!
Img_3069

こんなところに紙飛行機。
Img_3068

中庭にはパイプの中に羽根が浮かび上がり下がる。
Img_3073

樹が緊縛されてる・・・
Img_3070 Img_3071

その他書ききれないので幾つかメモだけ記します。
フランス、と言うお土地柄かセクシャルな物もの
ありましたねぇ。

グエナエルニコラ
暗闇に文字が集まり崩れる映像の池の様な部屋。

中島崇
紙の花。なんと毎日成長(公開制作)している。
最終日には種となるらしい・・・。

サビーヌピガール
三層スクリーンのエロティックでエレガントな映像。

三宅信太郎
トリコロールに塗られた部屋。

セシルアンドリュ
シュレッダーの部屋

クロードレヴェック
鼻血!

鬼頭健吾
金とミラー

管木志雄
石とパイプ、次の部屋に繋がってる!

リリアンブルジャ
バスケボールの紙を丸めてシュート!

SANNA
ルーブル新館の模型

足立喜一郎
ウミガメ遊具?バンビ遊具?

アマノヒロコ
糸の中の小物たち

えー、すいません、本当に見て廻ってメモした事を
そのまま書いただけ、と言うブログ失格です。
でも、それだけ内容が濃くて書けないのですよ。

最後に参加アーティスト一覧

Albert Abut
Cécile Andrieu
Asamï
Agathe de Bailliencourt
Masako Ban(坂雅子)
Richard Bliah
Christian Boltanski
Lilian Bourgeat
Christophe Brunquell
Nicolas Buffe
c.r.c
Philippe Chatelain
Contrapuntal
Peter Cook
Alexa Daerr
Alice Daquet
Sarah Dolatabadi
Yuumi Domoto(堂本右美)
Erkiletlian Romain
Pierre Filliquet
Audrey Fondecave
Monique Frydman
Nobuhiro Fukui(福居伸宏)
Emmanuel Guillaud
Hanayo(花代)
HIROMIX(ヒロミックス)
Akiko Hoshina(保科晶子)
J.Jo
Jef Aerosol
Bernard Joisten
Jules Julien
Kare-San-Sui Surrounding(枯山水サラウンディング)
Kengo Kito(鬼頭健吾)
Ai Kitahara(北原愛)
Kosei Komatsu(小松宏誠)
Anne Leigniel
Guillaume Leingre
Claude Lévêque
Julien Levy
M. Chat
Matthieu Manche
Erina Matsui(松井えり菜)
Harutaka Matsumoto(松本春崇)
Mathieu Mercier
Seiji Mido
MIKAN(みかんぐみ)
Shintaro Miyake(三宅信太郎)
Manika Nagare(流麻二果)
Takashi Nakajima(中島崇)
Shunsuke François Nanjo(南條俊輔フランソワ)
Gwenael Nicolas
Hiroko Okada(岡田裕子)
Andrew Palaski
Frank le Petit
Aurélie Pétrel
Sabine Pigalle
Plaplax
Pierre la Police
Psykoze
REBIRTH PROJECT(伊勢谷友介×リバースプロジェクト)
Lucille Reyboz / Hitomi Fujiwara
Georges Rousse
SANAA(妹島和世×西沢立衛)
Shun Sasa(佐々瞬)
Speedy Graphito
Kishio Suga(菅木志雄)
Kouichi Tabata(田幡浩一)
Mayumi Terada(寺田真由美)
Kimio Tsuchiya(土屋公雄)
Christophe Valéry
Julien Védrine
Jean Luc Vilmouth
Shingo Yoshida(吉田真悟)
Yoshino Shotaro(吉野祥太郎)

|

« 小谷元彦展とニュートーキョーコンテンポラリーズ3 | トップページ | セシル・バルモンドの世界の正しい見方 »

コメント

これ、すごい!面白そう!不思議の国のアリスみたい。
結局この後壊しちゃうんでしょ?勿体ないけど、だから好き勝手できるんだなあ。

帰国がとても寂しいのですが、こういうの見てると日本も面白いところが多いなあって思えて嬉しいです。

投稿: shibako | 2010/02/14 03:50

>shibako姉
不思議の国のアリスには緊縛師は居ないですが、笑。
面白かったです。
ケンブリッジにも心残りあるとは思いますが日本に
帰ってきても楽しいさ!
お箸の国の人だもの!

投稿: KIN | 2010/02/14 10:08

こちら開始早々に行ってきました。
かなり見応えありますよね!
冬から春にかけての景色の移り変わりとかとても綺麗なんでしょうね。
ここまで長くやっちゃってるんだからいっそのこと春までやってくれちゃってもいいのに。

投稿: せいな | 2010/02/14 22:46

>せいなさま
これ、物量も多かったですし見応えありましたね。
期間限定はやはり建物取り壊しの都合なんで
しょうね〜。こう言うのあちこちでやって欲しいです。

投稿: KIN | 2010/02/14 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/47558448

この記事へのトラックバック一覧です: フランス大使館旧庁舎取り壊し前のアートイベント:

« 小谷元彦展とニュートーキョーコンテンポラリーズ3 | トップページ | セシル・バルモンドの世界の正しい見方 »