« 鈴木理策展「WHITE」〜銀座、やはり鈴木理策さんの写真に釘付け | トップページ | さあ、行くんだその顔を上げて〜999個目 »

ニッポン現代アートの基礎知識〜ネオテニー・ジャパン

きっと再来する。多分、もう一度行く。

この日、資生堂とサントリーのデザイン展見に行ったら外ま
で並んでいたので諦めました。その分この展覧会をじっくり
見る事が出来ました。

ネオテニー・ジャパン

入り口に「ニッポン現代アートの基礎知識」とあったように
入門編でもあり、現代アートファンが満足する物でもある。
現代アートってなんか抵抗ある、でも少し興味が、って人に
も見て欲しいし、既に現代アートにハマっている人も納得、
な展示です。
もう、今を生きる現代アートの旬を詰め込んだ展覧会。
で、もってです、これが高橋コレクション、つまり高橋さん
個人の所蔵と言うのが凄い。
作品に良くあるなんたら蔵とは書いてません。だってすべて
高橋コレクションだもの!

全て書いていたらキリが無いので幾つかピックアップで。
詳細は畳みます。
 

neoteny japan-高橋コレクション
上野の森美術館
5/20から7/15
会田誠、青山悟、秋山さやか、池田学、池田光弘、伊藤存、
小川信治、小沢剛、小谷元彦、加藤泉、加藤美佳、工藤麻紀子、
鴻池朋子、小林孝亘、佐伯洋江、さわひらき、須田悦弘、
高嶺格、束芋、千葉正也、照屋勇賢、天明屋尚、できやよい、
奈良美智、名和晃平、 西尾康之、町田久美、Mr.、三宅信太郎、
村上隆、村瀬恭子、村山留里子、山口晃


初めに鴻池朋子さんワールドから始まる。
白金高輪の高橋コレクションで見た作品なのですが、また場所
が違うと雰囲気も違う(白金の方が好きでしたが)。

次が名和晃平さんのピクセルシリーズ、ラッパまでピクセルか!

奈良美智さんもこの時代の奈良さんは良いよなぁ、と現代アート
ファンは思わず言ってしまうものたち。

その次に小沢剛、村上隆、会田誠辺りが揃うがここら辺は私は
好きでは無い。

須田悦弘さんの雑草を発見。もうそれだけで感無量。

山口晃さん、池田学さんと精密な絵をジックリと見る。
ここは時間が沢山欲しい所。

ただ、ね私的にはその裏の壁にある町田久美さんに気が取られ
てしまうのですよ。なんて言っても町田さんです。
この筆の、墨の質感は素晴らしいです。

佐伯洋江さんの絵は一点だけと言うのは勿体ない!

そして2Fに行きますと・・・

加藤美佳さんの絵が向かえてくれ、さわひらきさんの映像も
とても良い。
青山悟さんの絵は初め見た人がこれが刺繍で書かれていると
判るのだろうか?
続いて伊藤存さんと刺繍系が続く。
須田悦弘さんの泰山木を見て、照屋勇賢さんのパッケージの
木は自分のコレクションにしたくないけど素晴らしい。
村山留里子は男の子的にはどうでもイイ。

できやよいコーナーは好きでは無いが、フェチ心をくすぐる
小谷元彦さんはとてもイイ。
束芋さんは大きな映像が無いので仕方ない小さい日本の台所
を頑張ってみんな見て欲しい。
西尾康之さん経由で加藤泉コーナーが優遇されすぎじゃない?
いや、好きですけど。

最後のコーナーはまぁ、
三宅信太郎さんも西尾康之さんも相変わらず。
高嶺格の鏡の部屋は、へぇ、こんなのやってるんだ、的な。

あれ?そう言えばリストにあった天明屋尚さんは
どこにあったのか?

まぁ、満足ですよ、そりゃね。

|

« 鈴木理策展「WHITE」〜銀座、やはり鈴木理策さんの写真に釘付け | トップページ | さあ、行くんだその顔を上げて〜999個目 »

コメント

混んでる?やっぱり来週行こうかなー。待ちきれん!

投稿: 女子部 | 2009/06/01 08:47

山口さん、池田学さんの精密画コーナーがツボでした。
金曜夜の山口さんトークに合わせて3回目行く予定です。
天明屋さんはアレですよ、山口さんの「頼朝像」の隣にあった「千手観音」です。

投稿: さちえ | 2009/06/01 09:01

>女子部さま
他の上野に比べて全然混んでなかったよ。
ルーブルなんて外にまで並んでいたのに。
今のうちが狙い目かもよ。
きっと2度見てもイイと思うから存さんの時の
下見として一度行って置いても。

投稿: KIN | 2009/06/01 11:07

>さちえさま
3回目ですか、そりゃ凄い。
でも時間さえあれば何度でも見たくなりますね。
天明屋さん、ああ、やばい記憶にない。
もう一度行って見なければ!

投稿: KIN | 2009/06/01 11:11

現代アートにあまり触れていないだろう友人と行きました。
ちゃんとした感想は聞いてないですが、名和さんのを見て“中身、本物だよ”と教えた時や、青山さんのを素通りしそうな彼女に“これ、刺繍だよ”と教えた時は、“えっ?”と、真剣にびっくりしてました。
その反応が新鮮でした。

投稿: marco | 2009/06/01 12:40

>marcoさま
普段見慣れてない人の方が新鮮で楽しめる
かもね。私なんかはもうすれちゃって、笑。
marcoさんの友人はmarcoさんみたいに少し
後押ししてくれる人が一緒だから見落としも
無かったろうし。

投稿: KIN | 2009/06/01 13:08

芸大陳列館がそんなに混んでいるとは。
資生堂製品が素敵でした、サントリーのバイオリンの酒瓶も。
ネオテニーは再訪確実です。
好きなものはいくら見ても飽きませんね〜。

投稿: ogawama | 2009/06/01 22:33

>ogawamaさま
ううっ、資生堂&サントリー見ることできません
でした、泣。
でも、ネオテニーに時間かけられたので良しと
します!
何度見てもあれは良いですよねぇ。

投稿: KIN | 2009/06/01 22:45

わたしも必ず再訪すると思います!

やっぱり奈良さん町田さんが好きですね。

あと、やっぱりこの須田さんの展示のスタンスはいいですね。見つけてにやにやしちゃいます。

投稿: あおひー | 2009/06/02 01:26

>あおひーさま
町田さん良いですね。奈良さんも1部屋あるし。
須田さんの雑草はこ憎たらしい!好きなんです。

投稿: KIN | 2009/06/02 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/45199069

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン現代アートの基礎知識〜ネオテニー・ジャパン:

« 鈴木理策展「WHITE」〜銀座、やはり鈴木理策さんの写真に釘付け | トップページ | さあ、行くんだその顔を上げて〜999個目 »