« iPhoneメアド検討 | トップページ | ねぇ、好きってなんだっけ? »

どちら側へ向かえばイイのだろうか? ~アートの2/4半期報告(6月までのまとめ)

あなたが示す私にとって都合のイイ方向、都合のワルい方向。
あなたが話した私が信じたいこと、信じたくないこと。
どちらがこぼれたホンネなのだろうか?
どちらを信じればイイのだろうか?
だからと言って自分の行動が変わる訳ではないのだが。

6月も来週で終わり。今度の週末で見る物もあるかもしれないが
様子が見えたのでまとめる。

前回1/4半期(1月から3月)でまとめた段階では31件の展覧会
を見てました。年間目標の120件を100件に下方修正しようかと
思った位伸び率悪かった。
ところが4月、5月がかなり数行きました。ビックリ。
なんと4,5,6月で60件見てます。
※他のアート系ブログの方々と違うのは私の場合アート展だけ
 でなくデザインやイベントっぽいのも行ってカウントしている所。

ただし、数が多くなったその反動か私自身の解釈が粗くなって
きている気がするのも確か。
1月から合算すると既に91件で年間目標越えるのは既に見え
たのもあるので、6月からいろいろと忙しいのも含めて少し押さ
えて行こうかとも思ってます。
秋は仕事もアートも忙しそうだが、それをうまく両立させたいし。
と言うか数を目標にしちゃうと中身よりもそれが目標になって
しまうのが怖い。数はただの結果ですよね。
私のキャパシティでは月に20件を越えると粗くなるのが見えて
来ました。ただし、ある程度は幾つか見ないと良い物を見つけ
る事が出来ないと言うのもある(1/4半期は数が少なかった
からか心に残る物が無かった。2/4半期には結構良い物が
あった。ま、たまたまかもしれないが)
それをふまえながらこれから見ていくつもり、反省。
 

4月から6月に見た物

日本の美と出会う−琳派・若冲・数寄の心−
日本橋高島屋8階ホール

横須賀美術館所蔵品展特集嶋田しづ
横須賀美術館

ネオテニー・ジャパン
上野の森美術館

青木良太展
TKG Daikanyama

鈴木理策「White」
ギャラリー小柳

6+ アントワープ・ファッション展
東京オペラシティアートギャラリー

収蔵品展「女たち」
東京オペラシティアートギャラリー

project N37 阿部岳史
東京オペラシティアートギャラリー

タトゥー
新国立劇場 小劇場

メインドインカッシーナ
森アートギャラリー

ベアリンググロッケン2
スパイラルガーデン

西野達「バレたらどうする」
アラタニウラノ

浜口陽三 生誕百年part1 モノクロームからの出発
武蔵野市立吉祥寺美術館

萩原英雄 画業を辿る IV お伽の国
武蔵野市立吉祥寺美術館

動物画の奇才・薮内正幸の世界展
武蔵野市立吉祥寺美術館

やなぎみわ「マイ・グランドマザーズ」
東京都写真美術館

塩賀史子「残像の楽園」
neutron tokyo

稲富淳輔「アンジェリコの鍵盤」
neutron tokyo

インシデンタル・アフェアーズ
サントリーミュージアム天保山

杉本博司 歴史の歴史
国立国際美術館

湯沢薫「Sleep Syndrome」
graf media gm

寺島みどり展 「見えていた風景 - コトバ - 」
neutron Gallery kyoto

瓜生祐子展
文椿ビルヂングギャラリー

へうげもの展
たち吉

ミヒャエル・ゾーヴァ展
松屋銀座

現代作家の茶道具展
銀座 一穂堂

江戸風流てぬぐい展
銀座伊東屋

宮永愛子展「はるかの眠る舟」
ミズマアートギャラリー

太田麻里 展
ミズマアクション

Y+150
みなとみらい

ムーミン展
大丸ミュージアム

日本の美術館名品展
東京都美術館

小野まこと「PLANTS 植物柄のてぬぐいはいかがですか。」
gallery S.C.O.T.T

「阿修羅展」
東京国立博物館 平成館

Story of...
カルティエクリエイション めぐり逢う美の記憶
東京国立博物館 表慶館

池田亮司+ / - [the infinite between 0 and 1]
東京都現代美術館

常設展「MOTコレクション−MOTで見る夢」
東京都現代美術館

ジェラティン展
小山登美夫ギャラリー7F

ナオミ・フィッシャー展「ライン・イン・ザ・サンド」
小山登美夫ギャラリー6F

ヒロミックス 早春、心の輝き
hiromiyoshii

MAYA MAXX
KIDO Press

伊藤存「April pool」
Taka Ishii Gallery

田口和奈「そのものがそれそのものとして」
シュウゴアーツ

柳幸典「Money on view」
ミヤケファインアート

氾濫するイメージ
八王子市夢美術館

ラウル・デュフィ展
三鷹市美術ギャラリー

チェコ建築としてのキュビズム1911−1914展
チェコ共和国大使館内 チェコセンター

チェコのキュビズム建築とデザイン 1911-1925
INAXギャラリー

日野田崇 展 −アレゴリーの暴発−
INAXギャラリー

藤井実佳 展 -陶 記憶の生物-
INAXギャラリー

茶の事 京 J-LIVING
新宿伊勢丹5F

ARTIST FILE 2009-現代の作家たち
国立新美術館

椿会展 2009
資生堂ギャラリー

「万華鏡の視覚」
森美術館

うつわ U-Tsu-Wa
21_21 DESIGN SIGHT

写真で旅する世界遺産(第二部 文化遺産編)
FUJIFILMスクエア

本城直季写真展「ここからはじまるまち」
epSITE EPSON IMAGING GALLERY

クラインダイサムアーキテクツ展
ギャラリー・間

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 恵みの居場所をつくる
パナソニック電工 汐留ミュージアム

ダイアローグインザダーク 2009

|

« iPhoneメアド検討 | トップページ | ねぇ、好きってなんだっけ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/45418916

この記事へのトラックバック一覧です: どちら側へ向かえばイイのだろうか? ~アートの2/4半期報告(6月までのまとめ):

« iPhoneメアド検討 | トップページ | ねぇ、好きってなんだっけ? »