« いい事ばかりはありゃしない〜オペラシティでの3展 | トップページ | 鈴木理策展「WHITE」〜銀座、やはり鈴木理策さんの写真に釘付け »

すべては始まったばかりさ〜青木良太展で青木さんと話す。

コトをあせり過ぎちゃダメさ
大丈夫さうまくやるさ
すべてはALRIGHT!

背中痛いので料理放棄している。でも、コンビニ弁当
ばかりで心が荒んでいる。どうしても美味い物を食い
たくて新宿で老舗おでん。昔ながらの関東風で汁が
黒い!ネタに染み込む。ちくわぶが関東のタネだと
言う事に納得。
Img_0140
締めは「とうちゃ」
Img_0146

で、TKG代官山で青木良太さんと話しました!
 

青木良太展
TKG Daikanyama
5/28から6/20

今回の展覧会は食器ではなくオブジェ。
※茶道具は少しありました。
Raoki

矛先みたいなオブジェが並んでいる・・・。
神道の道具がモチーフかと思ったら、少し外れで仏道の
密教法具がモチーフの様である。

まぁ、それはともかく、私が行った時は客は私一人だけ。
会場を一通り見て受付後ろにある茶器をのぞき込もう
としてギャラリーの人と話をしていたら・・・
なんと青木良太さんご本人がいらっしゃったのです。
そのまま流れでお話しをすることが出来ました。

青木さん、茶器にフリスク入れて持ち歩いているとか。
私はそもそもTKG Editionで青木さんの事を知り、この
1年で10枚以上買ってしまいました、などと話をしたり。
何持ってるの?と聞かれ、あーだこーだ話をしたり。
情熱大陸は9月のようです。テレビに出たら大変に
なるのではないですか?とか、1年位して波が収まり
その間に作品のレベルを落としたら見放されるか、
そんな話をしてました。

ちなみにこの展覧会を最後にTKG Daikanyamaは
クローズするそうです。
西沢立衛さんのあの透明パーテーションはどこかで
使うのだろうか?

|

« いい事ばかりはありゃしない〜オペラシティでの3展 | トップページ | 鈴木理策展「WHITE」〜銀座、やはり鈴木理策さんの写真に釘付け »

コメント

こんにちは。
TKG Daikanyama クローズですか。
通りに開いたガラスの箱は、ヒルサイドらしくて好きだったのに。
ギャラリー配置を見直すってことなんですかね。

投稿: mizdesign | 2009/05/31 05:57

>mizさま
配置見直しもあると思います、が、どうも、
家賃が高かったようです。Editinの人も
Daikanyamaの人も口を揃えて言ってました、笑。
西沢さんのあの透明仕切り、どこに行くのでしょう?

そう言えばmizさんの所にコメントしようとしたら
エラーが出てコメント記入欄まで辿り着けなかった。
何故だろう???

投稿: KIN | 2009/05/31 11:48

あそこって、広告のない不動産屋さんですからね。。。

コメント辿り着けませんか。
メールアドレス入れてもだめですか?
だとしたら、単なるサーバー不調だと思います。
お手数おかけしました。

投稿: mizdesign | 2009/05/31 13:30

代官山値段とTKGの客層が同じかと言うとです、よね。

そうか、コメントはサーバー不具合ですか。
何故かメアド入れる前にコメント欄まで辿り着かないの
です。まl、しょうがない。

投稿: KIN | 2009/05/31 22:42

こんばんは。昨日、千葉くんだりから頑張って出かけましたが、恥ずかしいことにも日曜休みと知らず、あえなく退散となってしまいました。ガラスの外から眺める矛先、何とも寂しかったです。リベンジします!

>TKG Daikanyamaはクローズする

それは残念ですね。最近の経済情勢とも関係あるのでしょうか。
銀座は頑張って欲しいと思いますが…。

投稿: はろるど | 2009/06/01 00:12

>はろるどさま
外から見る矛先もそれはそれで、笑。
ただ、外からだと受付後ろにあった
茶器は見る事出来なかったですね。
残念、

銀座のEditionは残りそうですよ。
代官山閉める変わりに別の所にまた
ギャラリー開く様な感じでした。
どこに開くのだろう?

投稿: KIN | 2009/06/01 07:32

こんばんは。

最終日に何とか
行ってきました。

投稿: Tak | 2009/06/20 22:56

>Takさま
この展覧会、Takさんがエントリにあげるとは
思っても見ませんでした・・・!!!

投稿: KIN | 2009/06/21 09:57

こんにちは。昨日の最終日、再度のリベンジということで、偶然にも出会った(?)Takさんと見てきました。
とても不思議な感じがしてそれが良かったです。

情熱大陸楽しみですね。
また無断で失礼しましたが、KINさんのブログにいくつかリンクさせていただきました。宜しくお願いします!

投稿: はろるど | 2009/06/21 12:32

>はろるどさま
おおっ、はろるどさんまで。Takさんとデート、笑?
はろるどさんは青木さんの食器の方も見ている
からオブジェはまた違ってる感強いですよね。
情熱大陸、見なきゃ!ですね。
リンクもありがとうございます。
私が自分でまとめなきゃいけないのに、ホントは。

投稿: KIN | 2009/06/21 13:05

なんとか最終日に行ってこれました。
TKG代官山はオープンの時から訪れてたのでしまってしまうのは残念でなりません。
ということで昨日は移転前の山種美術館にも行ってみたり。

投稿: あおひー | 2009/06/21 16:26

>あおひーさま
おー、あおひーさんまでも最終日ですが。
凄いメンツだ。
ギャラリー閉館は本当に残念ですねぇ。

投稿: KIN | 2009/06/22 00:24

こんばんは。
はじめまして。最近陶芸に興味を持ち、このページにたどり着きました。住まいは青木さんの工房の岐阜県土岐市の近くの美濃焼きの町、多治見です。
私の町は、地面をみれば古い先人達が焼いてきた陶器の欠片がある。そんな町です。ある時、地元で展示されていた青木さんの作品をみて、引き寄せられて行きました。触ってみれば、凄く気持がよくて、、。夏に一度ホームセンターで買い物をされていた青木さんを見ました。声は掛けれなかったのですが、、。青木さんには、これからも頑張ってほしいですね。私の町では、伝統深き桃山文化の技法で穴窯を用いて志野・瀬戸黒などを焼かれている陶芸家の方々が沢山見えます。作品の数々は自然の恵みから生まれる発色があり、人の好みではありますが、そんな奥深い作品も素晴しい物です。青木さんの作品ももっと見てみたいです。いつか青木さんの器を使った滋賀県のお店にも行ってみたいです。

投稿: 志野 | 2009/10/26 20:54

>志野さま
コメントありがとうございます。
青木さん、凄いですね、最近大人気で。
青木さんの器を見ると買わなきゃ衝動に駆られて
困りますが・・・苦笑。触感もイイですよね!
これからも頑張って欲しいです。
多治見の焼き物もイイですね。器って普段使う物
だからか余計に好みが出る(使う人も着作る人も)
ような気がして、だからこそ面白いです。

投稿: KIN | 2009/10/27 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/45179962

この記事へのトラックバック一覧です: すべては始まったばかりさ〜青木良太展で青木さんと話す。:

» 「青木功」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「青木功」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「青木功」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009/06/05 11:11

» 「青木良太展」 [弐代目・青い日記帳 ]
TKG Daikanyama(小山登美夫ギャラリー代官山)で6月20日まで開催された 「青木良太展」に行って来ました。 土曜の午後早々に仕事を切り上げ、本日(6月20日)をもって閉廊となるTKG Daikanyama(小山登美夫ギャラリー代官山)へ。最後の代官山での展覧会は陶芸家の青木良太さん。 現代アートに造詣が深くダメなものはダメ!とはっきりもの申すKINさんをして「大ファン」と言わしめる青木良太氏は1978年生まれの陶芸家としては、多分かなり若い部類に属する方。 こ... [続きを読む]

受信: 2009/06/20 23:59

» 「青木良太 展」 TKG Daikanyama [はろるど・わーど]
TKG Daikanyama(渋谷区猿楽町29−18 ヒルサイドテラスA棟1) 「青木良太 展」 5/28-6/20(会期終了) 最終日に何とか駆け込みで見ることが出来ました。昨日で終了した若手陶芸家、青木良太の個展へ行ってきました。 青木というと、ルーシー・リィーをイメージさせるような薄手の端正な器が記憶に新しいところですが、今回、会場に所狭しと並ぶのは、何やら西洋のエンブレムの一部分でも見るかのような猛々しいオブジェ、数点でした。もちろんこれらは陶芸、つまりは焼き物であるわけですが、... [続きを読む]

受信: 2009/06/21 12:29

» 青木良太展(TKG Daikanyama)  [あお!ひー]
TKG Daikanyamaがクローズするということもあり、会期ぎりぎりに行ってみました。 青木良太さんは美術ではなく、青木さんの器のファンである知人から聞いてたのでTKGの銀座のほうへ展示を見に行ったことがありました。 その時の作品の印象はいうとすごくセンスのある陶器だなあと。 金や銀を使ってても、決してそれがけばけばしくならずに上品にその形に収まって完成されているのです。 でも、何だってそういった器の作家さんを小山さんのギャラリーで扱うのだろうと疑問に思ってたのです。 ところが今回... [続きを読む]

受信: 2009/06/21 16:08

« いい事ばかりはありゃしない〜オペラシティでの3展 | トップページ | 鈴木理策展「WHITE」〜銀座、やはり鈴木理策さんの写真に釘付け »