« ジンライムの様なお月様〜インシデンタル・アフェアーズ:大阪、これが現代アート | トップページ | 条件出してる奴より~最終日滑り込み展覧会 »

君の知らないメロディー~杉本博司 歴史の歴史:大阪アート見聞録其の2

聞いたことのないヒット曲
こんな気持ち うまく言えたことがない

ムーミン展で買ったニョロニョロトング小。
角砂糖が挟める位のサイズ。
Img_0078_2

大阪アート見聞録其の弐、杉本博司展
  

杉本博司 歴史の歴史
国立国際美術館
4/14から6/7
Img_03

この展覧会とても楽しかった。男の夢的な物も多し。
でも楽しかったと良かったとは少し違う。
心底良かったと言えるのは「海景」シリーズの部屋位か。
あの部屋は良かった。凄かった。
ただ、それ以外の展示は楽しかった、で終わり。
私の見たい物とちょっと違ーう、と言う感じだ。
近くでやっていたらこれは結構楽しかった、でありだろう
が、金沢や大阪までわざわざ行ってみる物か?な感はあっ
たなぁ。インシデンタルアフェアーズ絡みで良かった。
(まぁ普通の一般の人はわざわざこれを見に大阪に行く
ことはないだろうな、そもそも。杉本さんの作品を知って
いる人でないと行かないでしょうよ。)

化石、仏像仏画、TIMEの表紙、隕石、医学書、曲玉など。
たしかに集めると楽しいとは思う。そしてこれが杉本さん
の世界だというのも判る。事前に杉本作品展と言うよりも
杉本コレクション展と言う様な物だと聞いていた。
杉本さんの作品を知っているからこそ楽しめたが、でもね、
やっぱり違うなぁ、と。
Img_01

最後の方のデュシャンオマージュコーナーも少しピンとは
来なかった。ただねぇ、近くに行くのであれば行った方が
よい。海景シリーズだけでも見る価値有りです。
金沢の展示とはだいぶ違う黒の部屋。Rのかかった壁に
9点の写真が浮かび上がっているだけ。仏像は今回は別
の部屋にあったな。あの部屋は凄いな。

|

« ジンライムの様なお月様〜インシデンタル・アフェアーズ:大阪、これが現代アート | トップページ | 条件出してる奴より~最終日滑り込み展覧会 »

コメント

なんですかこのトングのかわいさは。

金沢まで行ったわけですが(まあ色々重なっていたとはいえ)、
楽しかったけど、というのはすごくよくわかる気がします。

投稿: ヨウ | 2009/05/12 13:40

>ヨウ様
このトング、大きいバージョンもありましたよ。
サラダ用とかに如何?

この展覧会見た人は皆、凄く褒めてますよね。
きっと、一つ一つを杉本さんの作品として見る
事の出来る人には凄く良い展覧会だったのでは?

投稿: KIN | 2009/05/12 14:43

ニョロニョロトング、可愛すぎです。
こんなのありました?
全く気付きませんでした。
私は大きい方がいいけど、それだとかわいさより
不気味さが増すか。

杉本展は、あの展示全部が杉本イズムの象徴であり
私の場合、一点一点でなく逆に全体として見ての高評価ですね。
まぁ、感想は皆それぞれだから。

投稿: meme | 2009/05/12 21:36

>memeさま
ニョロニョロトング、大きいのと小さいのありましたよ〜。
ニョロニョロファンな私としては大きいのも愛らしいです。

杉本展、杉本イズムを彼の「作品」としてみとめられ
るかどうか、もしくは展覧会全体を一つの杉本作品と
して見る事が出来るかが評価の分かれ目ですかね?

投稿: KIN | 2009/05/13 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/44984908

この記事へのトラックバック一覧です: 君の知らないメロディー~杉本博司 歴史の歴史:大阪アート見聞録其の2:

» 「杉本博司 歴史の歴史」 国立国際美術館 [あるYoginiの日常]
大阪、国立国際美術館で開催中の「杉本博司 歴史の歴史」に行って来ました。 2003年に東京エルメスギャラリーを皮切りに北米4都市、そして... [続きを読む]

受信: 2009/05/12 21:41

« ジンライムの様なお月様〜インシデンタル・アフェアーズ:大阪、これが現代アート | トップページ | 条件出してる奴より~最終日滑り込み展覧会 »