« 何でもないことで僕を笑わせる〜大阪、京都全体行程 | トップページ | 君の知らないメロディー~杉本博司 歴史の歴史:大阪アート見聞録其の2 »

ジンライムの様なお月様〜インシデンタル・アフェアーズ:大阪、これが現代アート

雨上がりの夜空に輝く

京都で買って来た長芋の漬物と九条葱の漬物で家飲み。
そしてドライイチジクでさらに家酔い(シイタケではない)。
明日は仕事?何それ、焼いたら美味いのか?
Img_0083 Img_0084


京都でこんなのやっていた!知らなかった!
メビウスの世界
京都国際マンガミュージアム
5/4から6/7
メビウス、フランスの漫画、バンド・デシネの巨匠です。
映画ファンにはバンド・デシネと言うとエンキ・ビラルの
方が有名か?
ただ、フランスではメビウスの方が巨匠扱いなのかな?
リック・ベッソンのフィフス・エレメントの未来デザインを
担当したのはこのメビウス。


第3回菊池ビエンナーレ展
菊池寛実記念 智美術館(神谷町)
3/28から6/14 月休
こんなのやってたの知らなかった。
新里明士さんの陶芸作品が入賞してる!


ルネ・ラリック
国立新美術館(六本木)
6/24から9/7 火休
またラリックか、毎年どこかで、と言いながら見たくなる。


で、大阪行きの最大の目的がこれでした。
インシデンタル・アフェアーズの感想を。
 

インシデンタル・アフェアーズ
サントリーミュージアム天保山
3/7から5/10

なんか映画みたいなタイトルの展覧会ですが、これが凄い。
現代アートベストヒットと言う内容です。
これぞコンテンポラリーアートと言う展示。
新作は出ていないのでどこかで見た様な物も多いのですが
その分、しっかりと評価が定まった作品ばかりで、これを
見ておけば現代アートの楽しさが判る!と言う様な内容。
初心者もこれから入れば現代アートって楽しいね、となる
のではないだろうか?もちろん現代アートファンにもお勧め。

見た順で

ウォルフガング・ティルマンス
写真、と言うか「現像」と言う技術を使ったアート。
ティルマンスの最近の作品は写真と呼べない物も多く「?」
な内容も多いですが、これはそう言った種類の作品の中でも
美しい!ため息出る様な素晴らしい作品です。
Incidental_photo01


佐伯洋江
この方の絵は好きです。ペイトンと一緒の部屋で見せない方
が良かったかな。この繊細さが少し弱く見えてしまう。
Incidental_photo06


エリザベス・ペイトン
ロック画。まぁ、このモチーフはとても好きなんです。
まさにこれぞロックなアートです。


ミシェル・ロブナー
なんか、楽しいね。人が集まり散るだけなのだがそこに何かの
意図的な物を探してしまいたくなる、のに、意図的な物がみつ
からない感じが良い。


アニッシュ・カプーア
アクリルの中の泡、を敢えて作品として見せてしまう、美しさ。
この人の作品は何を見ても美しいと思ってしまいます。


榊原澄人
以前ザイムで見たのですが、やっぱり良いですね。女の人の一生
がすれ違って行く時間軸と行程の中で表されている。
結婚式→子供が出来て→成長→不良(?タバコ吸ってる)→
出会い→結婚、と輪廻の様に巡って行きます。それを演出する
のがコウノトリ(→乳母車)や男の子(自転車盗み→雨宿り)、
子供のお母さんが老婆になり川に流すものを拾う男の子、と
グルグル廻って行きます。アートなアニメでこう言う輪廻物は
結構ありますが単純で判りやすいのが良いです、この作品。
Incidental_photo07


横井七菜
ちょっと線が細いのが弱いけど、不思議と見てつめしまう。
謎めいた感じの世界。妖しい世界感。


フランシス・アリス
各部屋に点在する作品は、まぁ、どうでもいいけど、映像が良い。
羊を連れた男が広場を廻り、羊が一匹、羊が二匹。
いえいえ、そこで寝ちゃいけませんよ。最後まで全部見て。
Incidental_photo08


田中功起
うーん、この人の作品はMOTでも見てますが、合わないなぁ。
Incidental_photo09


宮島達男
メガデスです。あのメガデスですよ、メタルバンドじゃないです。
宮島さん絶頂期の作品。やはり良いですね。この作品をもう一度
見たいが故に大阪まで来た様なものです。これがなければきっと
来ませんでした。ある場所を人が通るとブラックアウト。大量死。
そして再生。一つ一つゆっくりとLEDが灯っていきます。
(この再生までの2分30秒頑張れないぞー)
しっかし、少し小さく無いか?このメガデス。もっと大きな部屋
でやってほしかった。
Incidental_photo10


ウドムサック・クリサナミス
良く判らない。材料に乾麺とあったが見つからず。


東恩納裕一
おなじみ蛍光灯のシャンデリア。
Incidental_photo11


横溝静
「あなたの写真を撮りたいので夜カーテンをあけて窓の外を見て
下さい」とメッセージを送り夜行ってカーテンが開いていたら、
撮影する。写真家の姿は被写体は知らず。良くカーテンあけるね。
Incidental_photo18


トーマス・デマンド
この人の作品は好きです。なんてことのないエレベーターや電飾
ボックスの中身の写真。でも、これが全て作家が作った紙の模型。
写真にするとリアルじゃないものがリアルに見える。


木村友紀
一枚の写真を元に作家が想像して部屋全体を作品とする。だから?


トニー・アウスラー
面白い。人の映像をパーツに分解し、人形の形のスクリーンに投影。
そうすると・・・不思議な生物の出来上がり。
Incidental_photo14


さわひらき
この方のファンタジー感ある世界は大好き。窓枠をらくだの群れが
通りすぎたり、部屋の中を飛行機が離着陸したり。
今回は木馬が揺れる。ピアノの鍵盤の中を。カーペットの草原を。
風呂場の海原を。
Incidental_photo15


もちろん現代アートなので、これ何?な物もあります。
そこは好き嫌ってコトで。でも、これだけ評価が出来ている作品、
つまりしっかりしたレベルを保った作品が集まっていれば好きな
物もあるはず。現代アートにありがちな終始「?」な作品ばかり
な展示会ではありません。で、もって、ですね「評価が定まった
物ばかりなんて」と言いがちな現代アートファンも納得してしま
うようなしっかりとしたセレクトです。是非に見て、と言いたい
ところですが、今日で終わりました・・・。

あー、カタログが売り切れてて買えなかった!(再販の予定も
無いようです・・・)

|

« 何でもないことで僕を笑わせる〜大阪、京都全体行程 | トップページ | 君の知らないメロディー~杉本博司 歴史の歴史:大阪アート見聞録其の2 »

コメント

こんばんは。

KINさんにも納得の展覧会でしたか!
ほっとしました。

>「評価が定まった物ばかりなんて」
 ↑いるいる、こういう人!!

投稿: Tak | 2009/05/10 23:46

>Takさま
ホントに良かったですよ!これ。
でも、カタログが売り切れてたんですよ〜、泣。

居るのですよね〜、現代アートばかり見てると、
そう言う事言いがちなんですよ、気をつけよ、俺も。

投稿: KIN | 2009/05/11 00:39

メガデス・・・!大阪で見れたんですね。
自分、原美術館での宮島さんの作品を見て以来
メガデスも体験したみたかったのですが。
しかしもう会期が終わっている。残念・・・。

杉本展の感想期待してます!

投稿: かませdog | 2009/05/11 23:35

メガデス、わかっていても、体験してみるとすごいショックでした。
ティルマンスとこれが良かったです。
両方、すでに名作なんですねー。
現代アートのお勉強になりました。

投稿: ogawama | 2009/05/11 23:52

>かませdogさま
メガデスは一度体験を!是非に。
あれは宮島作品の中でも体験すべき作品の
一つだと思います。残念ながら終わってしまい
ましたが・・・。

杉本展頑張って書きます。

投稿: KIN | 2009/05/12 00:40

>ogawamsama

ogawamaさんもこれ一日違いで体験されたので
すよね!これは本当に(好き嫌い関わらず)に
宮島さんの代表作だと思います。

投稿: KIN | 2009/05/12 00:42

その前の日の献立と言い、九条葱のお漬物が美味しそうです。

もう少し、展示室が広ければカプーアも
ティルマンスも見栄えしたと思います。
やっぱりTB何度飛ばしてもこちらではOK
送信完了となりますが、反映しません(涙)。

投稿: meme | 2009/05/12 21:45

>memeさま
九条葱で漬物なんてあると思いませんでした。
発見して即買い!

TBダメですか。杉本展は来てましたが。
実は着信拒否です(何故この記事だけ!)。

展示室の狭さは確かにあったかも。
メガデスがもっと広い空間で見たかった、と
言うのは間違いなくあります。
カプーアももっと色い空間が良かったかな。

投稿: KIN | 2009/05/13 00:11

こんにちは。
いつもこっそり見てます、隠れファンです。

このブログで知り、慌ててGWに大阪へ
行ってきました。1泊2日!
このためだけの大阪!!

意外に空いていて、
メガデスを独り占めできました。
メガデス、暗転している間は入場が出来なくなるという
システムがすばらしいと思ったですよ。

さわひらきさんは、ワタシも好きです。
すこしくすんだ色に、流れる音楽がまた切なくて
ひたすらぼーっと眺めておりました。

図録再販してくれるとよいのに。
わたしも売店で地団駄踏みましたよ…

いつも素敵なブログありがとうございます。
これからも、KINさんのアンテナをお借りして
おもしろそうな展示に出かけたいと思います。

投稿: まほ | 2009/05/13 14:15

>まほさま
おー、お久しぶりです!そんなこっそり隠れないで
おおっぴらにファンでお願いしますよ!

で、凄い行動力ですねぇ、このために大阪ですか!
(俺が言うな、って感じですが)
しかし、これは見て置いて損はなし、ですよね。
メガデス、次はいつ見ること出来るか判りませんし。
独り占めはうらやましいです(私は以前韓国で独り
占めしました!)。
さわさんの映像もファンタジーで。
図録が本当に悔しい~。

つたない&きまぐれに自分勝手な情報しか載せて
ませんがよろしくお願いします。

投稿: KIN | 2009/05/13 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/44969986

この記事へのトラックバック一覧です: ジンライムの様なお月様〜インシデンタル・アフェアーズ:大阪、これが現代アート:

» 「インシデンタル・アフェアーズ」 [弐代目・青い日記帳 ]
サントリーミュージアム[天保山]で開催中の 「インシデンタル・アフェアーズ うつろいゆく日常性の美学」展に行って来ました。 大阪港を臨む好立地に建つサントリーミュージアム[天保山]。展望ギャラリーから海を眺めながら作品鑑賞が出来る美術館。世界中広しといえどもなかなかこれだけ恵まれた特殊な美術展示空間他にないのでは? 今回この展望ギャラリーには田中功起氏の作品が。 田中功起氏の作品展示風景。 注:展覧会会場内風景は美術館の許可を得て撮影したものです。 サントリー... [続きを読む]

受信: 2009/05/10 23:47

» スタジオメビウス [レインボーの不思議]
ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス STAGE1 滅びの遺産商品価格:3,591円レビュー平均:4.38 ウルトラマンメビウス8商品価格:3,591円レビュー平均:4.77 メビウスがかえってくる 私が一番最初に手にしたWin型パソコンがメビウスMN-7750。最初はデスクトップではなくノートを手にした私でした。当時のノートパソコンは800x600のディスプレイが主流で、1(続きを読む) ジンライムの様なお月様インシデンタル・アフェアーズ: やっていた!知らなか... [続きを読む]

受信: 2009/05/16 15:18

» メビウス 京都 [やさしいネットニュース]
ウルトラマンメビウス・ウルトラヒーロー ラップタオル【090126kbm-sh-2】商品価格:1,680円レビュー平均:4.7 ウルトラマンメビウスウルトラマンメビウスウルトラマンメビウスは、ウルトラの国系列で初めてフォームチェンジするウルトラマンですか?[⇒回答を読む] メビウスの電源が突然落ちてしまうメビウスの電源が突然落ちてしまうもう古いPCなのですが、シャープのメビウスの電源が使っているうちに突然落ちてしまいます。型番はPC-MT2-3ABです。電源が落ちたときは、ナンバーロック... [続きを読む]

受信: 2009/05/16 23:51

« 何でもないことで僕を笑わせる〜大阪、京都全体行程 | トップページ | 君の知らないメロディー~杉本博司 歴史の歴史:大阪アート見聞録其の2 »