« 京都日本庭園散策その1:東福寺「開山堂/普門院の庭と通天橋」 | トップページ | 京都日本庭園散策その3:東福寺周辺「芬陀院/霊雲院」(重森三玲) »

京都日本庭園散策その2:東福寺「方丈八相庭園」(重森三玲)

さて、京都庭編第2弾は私的メインイベント
東福寺の方丈の庭です。もちろん重森三玲さんの庭。

東福寺全景としては
東福寺の三門
R0011942

東福寺の本堂
R0011943

この本堂の裏側に方丈があります。
重森三玲さんの庭の中でも最も有名な庭でしょう。

しかし、重ね重ね東福寺の龍吟庵の庭を見ることが
出来なかったのが悔しい。
 

東福寺の方丈の庭
方丈八相庭園

方丈の八相の庭とは四つの庭に配置された蓬莱、方丈、瀛洲、
壺梁、八海、五山、井田市松、北斗七星の八つのモチーフから。

まず見えるのが南庭。岩が積み上がっているのが仙人が住むと
言う四仙島「蓬莱」「方丈」「瀛洲」「壺梁」。
砂地に見える輪の模様が「八海」。苔の山が「五山」。
R0011901 R0011904_2

R0011903 R0011906

R0011905_2 R0011907

R0011908 R0011936

R0011909 R0011930

南庭のすぐ脇にある東庭には「北斗七星」
R0011897 R0011900

R0011934

グルッと脇に廻ると西庭の「井田市松」
ここと北庭が西洋風の紋様と日本庭園を組み合わせた物。
R0011910_2 R0011912

R0011929

さらにぐるっと回り北庭。
これが重森さんの庭の中でも最も有名で、イサムノグチがまる
でモンドリアン風と評した「小市松」の庭。
以前写真で見た時よりも苔が育っていてモッソリとした感じが
あり、正直思ったよりも・・・。
ただ、日本庭園としては斬新である事は間違いなし。よく寺が
これをOKしたなぁ。
R0011913 R0011914

R0011916_2 R0011926_2

以前の関連エントリ
重森三玲の庭
京都散策:日本庭園編 其の壱「円山公園」(植治の庭)
京都散策:日本庭園編 其の弐「何有荘」(植治の庭)
京都散策:日本庭園編 其の参「南禅寺周辺」
京都散策:日本庭園編 其の四「無燐庵」(植治の庭)
京都散策:日本庭園編 其の伍「平安神宮」(植治の庭)
京都散策:日本庭園編 其の六「並河靖之七宝記念館」(植治の庭)
京都日本庭園散策その1:東福寺「開山堂/普門院の庭と通天橋」

|

« 京都日本庭園散策その1:東福寺「開山堂/普門院の庭と通天橋」 | トップページ | 京都日本庭園散策その3:東福寺周辺「芬陀院/霊雲院」(重森三玲) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都日本庭園散策その2:東福寺「方丈八相庭園」(重森三玲):

« 京都日本庭園散策その1:東福寺「開山堂/普門院の庭と通天橋」 | トップページ | 京都日本庭園散策その3:東福寺周辺「芬陀院/霊雲院」(重森三玲) »