« 中央線の先の方〜氾濫するイメージ展、ラウル・デュフィ展 | トップページ | 清澄白河方面でのいろいろ(美術館とギャラリー) »

上野方面の美術館

東京で一番好きな建築では無いかと思ってる。
この心躍る感じは何?
Img_0962

Img_0965

って事で阿修羅展とカルティエクリエイション見た。
 

「阿修羅展」
東京国立博物館 平成館
3/31から6/7

アシュラーやアシュラー、ドンガカタークヤインドムー。
って誰かがやると思ったのに誰もやらないから自分で。
もう、かなりアート好きの方は見に行ってるようですの
で細かく書くことはしません。
阿修羅像は凄いです。とにかくスマートで素敵。
スカート(?)の色が判り難い照明の明かりだった。
八部衆像の鶏の顔や象かぶったりしてるのがまたインド
の神様風で良いです。
後は慶派の仏像は私は大好き。四天王カッコいいなぁ。
でもねなんと言ってもね、四天王に踏まれている鬼たち
が無茶苦茶可愛いのよ。言葉で表現するとラブリーって
言葉が一番近いのじゃないかしら?あのラブリーさに
私はトリコです。オザケン唄っちゃうよ!
四天王の足下を見て見て!みんな!


Story of...
カルティエクリエイション めぐり逢う美の記憶

東京国立博物館 表慶館
3/28から5/31

えーっと、一体全体どう言う評価すれば良いのでしょうね、
この展覧会は。前提としてジュエリー等は全く興味ない私。
吉岡徳仁さんが監修をしていると言う事で何か見る物が
あるだろうと、折角同じ敷地内にいるのだから、と見に
行ったのですね、私は。
付け加えると吉岡さんのクリエイティブはそんなに好きで
は無いです。でも、何か面白い視点や狙いと言う物は感じ
られると思ってはおります。

それを前提に書くと・・・ハッキリ言って見る物無し。
屁です屁。金の無駄です。ジュエリーなどが好きな人だと
見て楽しいのだろうか?
作品自体はあまり覚えてません。なんかキラキラしてたなぁ
程度しか。あとは、月面探索機があったよ。キラキラしてる
と思ったらあれサファイヤかよ、イエローダイヤかよみたい
なものばかり。最後の方の動物モチーフのやつは興味あり。
蛇のイヤークリップはどうやってつかうのですか?
ハーフミラー効果を使った映像が沢山ありましたね。あれも
どうなの?両面から見ること出来ると言うのは工夫してるな。
でも、どうなの?折角の立体効果があまり生かされてないし。
シースルー映像の装置を生かしてもソフトがついて来なけれ
ばただ、面白い仕掛けってだけでシースルーにする意味無し。
まぁ、専用の映像を作るのにお金かかるから有り物でやった
のでしょうね。最後の机と職人さんの映像くらいか、その
効果が生かされていたのは。ホントに最後は吉岡徳人展に
なってるしさ。金の無駄。これ程見る物が無い展示初めて。

|

« 中央線の先の方〜氾濫するイメージ展、ラウル・デュフィ展 | トップページ | 清澄白河方面でのいろいろ(美術館とギャラリー) »

コメント

阿修羅混んでました?平日夜行ったの?

投稿: のろこ | 2009/04/23 12:37

>のろこさま
混んでましたよ。昼過ぎに行ったが20分待ちでした。
午前中か夜が良いのかもね。

投稿: KIN | 2009/04/23 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/44757512

この記事へのトラックバック一覧です: 上野方面の美術館:

» レッセパッセ [レッセパッセ]
レッセパッセの服は、基本的に着やすい☆色は淡い系が多いから私むきじゃないのかな?って思っていましたが、そうでもなかったです☆ [続きを読む]

受信: 2009/04/23 19:51

« 中央線の先の方〜氾濫するイメージ展、ラウル・デュフィ展 | トップページ | 清澄白河方面でのいろいろ(美術館とギャラリー) »