« キュビズム建築とINAXギャラリーの展覧会 | トップページ | 上野方面の美術館 »

中央線の先の方〜氾濫するイメージ展、ラウル・デュフィ展

なんと青木良太さんが秋に情熱大陸に出演するらしい。
買うなら今のうちだ!

で、中央線に乗ってどんぶらこ。
(あやうくあきる野市の青木良太展まで行く所だったが
さすがに器購入断念宣言の後だったのでやめておいた)
 

氾濫するイメージ
−反芸術以後の印刷メディアと美術 1960’sー1970’s

八王子市夢美術館
4/4から5/17

見たい、見たいと思っていたが八王子かぁ、遠いなぁ、
などと中央線沿いに住んでいながらも思っていて、
さてさてどうしようか等と思っていたらチケットを頂き
(ありがとうございます)行って来ました。

いやー、だってね、デザイン好きな人間でこのあたりの
世界を嫌いな人は居ないでしょう(嘘ですよ、この世界
を嫌いな人は多いですよ、騙されない様に!)。
私は大好きなんですよ、この世界。70年代のデザイン。
タイガー立石さんは特に好き。つげ義春さん?好きなの
当り前じゃないですか。宇野亜喜良さん?大好きですよ。
そんな展示ですもの、もう、やはり行って良かった!

Exb26_pic01 Exb26_pic03

Exb26_pic08 Exb26_pic09

現代の耽美系のグラフィックはここら辺の世界が全て元
になってるよね?と勘ぐりたくなるくらい自己主張も
高く感性も高い、今にまで影響を与える方々。
男性自身や女性の淫らな姿などエロやグロな世界が展開
されているが、もう、この方々の世界に取り込まれれば
それはただ世界観を表すアイコンにしかならない。

赤瀬川原平
千円札問題の赤瀬川さん。ポスターにはねじ式?な図柄も。
お伽月報が面白い。桃太郎で洗濯機を川に持って行き排水
を川に流しているおじいさんおばあさん、とか。

木村恒久
フォトモンタージュ、と言う事で一番興味なかったのです
がいやいやどうしてどうして。
吉野家にカーネルサンダースおじさんがくつろいでます。
銀座の街にゴミ山が出現した「豊かだ」とか。
皮肉な世界観と言う意味では一番か。

中村宏
今まで見た事無かった方。女子高生のエロスがねじくれ
まくってます。

タイガー立石
立石ファンの私としてはこの物量じゃ満足しませんが、
やっぱりこの方の世界は大好き。縦軸に横軸と時間軸が
絡み合って行く独特さ。四次元を絵で書くとこうなるの
ではないかという。漫画がたくさんあったがあれはそれ
ほど好きじゃない。

つげ義春
この方の大抵の話は読んでしまっているので特筆無し、
だが、ここにこの方の作品があるってだけで良いです。

宇野亜喜良
トランプ欲しい!もうね、なんで素敵なんでしょうね?
この方の絵は。エロイのに淫らなのにメジャーでも認め
られる絵(マックファクターのポスターに使われている
なんて!)。耽美でありながらも王道。ミュッシャなど
のアート性にも繋がる様なあの世界。

粟津潔
色合いは一見横尾さんと近しいかもしれないが中身が
全く違う。ストイックなのである。メタボリズム活動に
参加してるが故か?ある意味横尾さんとの比較が面白い。

横尾忠則
もう、現在でも大活躍している巨人ですが、それだけの
パワーが伝わって来る作品ばかり。上にも書いた様に
粟津さんがストイックならこの人は肉感的なんですね。
トレペ等で書いた下書き段階でもうエロい。
時代劇姿でキスしている所なんてもう素敵すぎ。

とまぁ、この70年代特有の反骨的なデザインを十分
楽しめるものでした。そして見に来ている人が若い人が
多い。やはり若い世代に受けるんですよね、この年代は。
(使っている言葉がエロだのグロだのばかりなので
変な検索に引っかかりそうだなぁ、このエントリ)
図録、もちろん買いました。


ちなみにこの八王子夢美術館の次の展示が
「ムットーニ ワールド からくりシアター」
5/30から7/5
うー、見たいな。

さらにその次の展示が
「大河原邦男のメカデザイン 
ガンダム、ボトムズ、ダグラム」
7/17から9/6
ボトムズですか、ダグラムですか!
個人的には造形美としてはダンバインかエルガイムな私
ですがね。

しっかし、マニアックな美術館だ。
 
 
そしてそのまま三鷹に。こちらもチケット頂き物。
(重ね重ねありがとうございました)

ラウル・デュフィ展〜くり返す日々の悦び〜
三鷹市美術ギャラリー
4/18から6/28

こう言うのでもないとラウル・デュフィをまとめて見る事なんて
ないでしょうね。デュフィって?って言っても電気の精、位しか
知りませんよ。電気の精はね、そりゃ確かにあちこちで見た。
マティスに影響を受けたと言う。水彩の色合いはシャガールぽい
所もあったりするが、この人の色合いはまたなんか違う。
青をよく使っているようだが、良くも悪くもデュフィならではの
色合いは見えて来ない。じゃあ、何がこの人らしいかと言うと、
透明感なのですね。水彩はもちろんの事ガッシュや(生地の図案
は凄く良かった!)油彩でも不思議な透明感があった。
Carnavalsthumb202x16919

|

« キュビズム建築とINAXギャラリーの展覧会 | トップページ | 上野方面の美術館 »

コメント

ムットーニワールドは、先日のアートフェアで見て以来
すごく楽しみにしてます。
マニアック系美術館は存在感大きいです。

投稿: meme | 2009/04/22 22:11

>memeさま
なにはともあれ、これを見に行けたのはmemeさんの
情報ありきでございます。ありがとうございます。
こんなマニアックな世界ばかり展開してて、この
美術館大丈夫なのだろうか?と心配になります。
でも、マニアックで居てほしい!
TBは届いてないようですね。調子悪いのかも。

投稿: KIN | 2009/04/22 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/44725454

この記事へのトラックバック一覧です: 中央線の先の方〜氾濫するイメージ展、ラウル・デュフィ展:

« キュビズム建築とINAXギャラリーの展覧会 | トップページ | 上野方面の美術館 »