« 上野方面の美術館 | トップページ | いろいろ »

清澄白河方面でのいろいろ(美術館とギャラリー)

檻の中から逃げられない生き物。
Img_0966_2
って言うかお前だったらいつでも逃げられるだろう!
あ、あえて逃げないのね。君も丸くなったもんだ。

って事で清澄白河での諸々な美術館・ギャラリーなど。
 

池田亮司+ / - [the infinite between 0 and 1]
東京都現代美術館
4/2から6/21

池田さんと言えばメディアアート好きだったり、ICCが出来た
ばかりの頃に行って凄い凄いと喜んでいた私なんかに取って
は、もう、凄い存在で。もう少しくだけるとダムタイプの音
の人、と言うのが有名か。ってこの有名さはかなり限定された
世界の話ですな。ま、そんな方の個展です。

Ryojiikeda_datatron_2

1Fの黒の部屋。映像のインスタレーション。
いや、やられました。カッコいいです。それだけで良いです。
他には何も要りません。カッコいいです。この空間にずっと
居る事が出来ます。好きです、こう言うの。
ただ、カッコいいのだが、どうも90年代のメディアアートの
様相から抜けられない。これはレトロ風な狙いなのか?
それともアーティストがそこから脱却出来ていないのか?

次の部屋はフィルムに細かく数字が・・・カッコイイ。
Ryojiikeda_works2

地下は白の部屋。こっちは余計です。音の部屋なんですが。
要らない。ICCの無響室でやった方が良い。


常設展「MOTコレクション−MOTで見る夢」
東京都現代美術館
4/2から6/21
うーん、イマイチ。前回のコレクション展の方が良かった。
現代アート中心なんですがね。
イキナリジャイアントトラやん。動いて唄ってるよ。この前
六本木にいたやつですか?
Img_0968

カールステンニコライかぁ?大岩オスカールも個展の時程の
インパクトは無いなぁ。伊藤存さんのはまぁ、イイけど。
田幡浩一さんの作品は好き。高木正勝さんの映像をここで
見せられても。ってのが1Fの展示室。
2Fはイキナリ内海聖史さんの世界が良い。加藤泉さんやここ
にも大岩オスカール。マシューバーニーはどうでもよくて。
奈良美智さんや丸山直文さん、名和晃平さんの作品は見慣れ
ていても良い。加藤美佳さんの絵はやはり好きだな。
田中功起さんのは良く判らず。


ジェラティン展
小山登美夫ギャラリー7F
4/11から5/9
壁の穴を潜って行くとなんちゃって石庭に穴が空いている。
本来なら石がある場所に穴。
日によってはその穴から人が、人のお尻が出て来るらしい。
なんじゃそりゃ。こいつら何考えてんだ!


ナオミ・フィッシャー展「ライン・イン・ザ・サンド」
小山登美夫ギャラリー6F
4/11から5/9
女の人の写真が沢山。ペインティングも幾つか。
これでインスタレーションと言われても・・・。


ヒロミックス 早春、心の輝き
hiromiyoshii
4/11から5/16
乙女ってるなぁ。これ、誰の写真だろう?と思ったら・・・
HIROMIXでした。良くも悪くも目に止まります。こういう
好き嫌いではない何かを持った人がやはりメジャーなんだ。


MAYA MAXX
KIDO Press
4/4から5/9
えーっと、ラッコが居ましたよね?それ以外覚えてない。


伊藤存「April pool」
Taka Ishii Gallery
4/11から5/16
伊藤さん、好きな作品作ってたのになぁ(過去形?)。
どこに行っちゃうんだろう?


田口和奈「そのものがそれそのものとして」
シュウゴアーツ
4/11から5/23
星の写真?シルバーの中の女性。儚い感じ。モンタージュした
ものを絵で書いて写真に撮る、と言う作品、でも判らん。


柳幸典「Money on view」
ミヤケファインアート
4/11から5/23
お札?アリの巣(アリは居ない)?
 

|

« 上野方面の美術館 | トップページ | いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/44769823

この記事へのトラックバック一覧です: 清澄白河方面でのいろいろ(美術館とギャラリー):

« 上野方面の美術館 | トップページ | いろいろ »