« へうげもの展と青木良太、U2と杉本博司、ユニクロック5弾、万城目学新作 | トップページ | 百分の一でも信じてほしい »

アート+音楽

3月は脱センチメンタル。
って言うか、毎週末に既に仕事の予定が入っているのは
一体なんなの?暫くアートとは離れろ、と言う事か。

なので、家にあるアートネタ拾ってみる。

CDジャケットにアートを使っている物、で私の家にある
ものをざっくりと。
Img_0789
 
アートなCDジャケット、さて、カバーアートが誰で音楽が
誰だか判るでしょうか?
下の方はLPジャケットにしろ!と言う突っ込みは、まぁ、
置いておいて。
※他にもBECKやらビョークなどのアートワークも良いし、
 ヒプノシスも入れたかったのですが、キリが無いので。
 
<上段左から順に1から4とする>
1.音楽:バンドB、日本のバンドです。
 カバーアート:まぁ、一目見て判りますよね。
2.音楽:アーティストJ、海外のジャズ寄りの人。
 カバーアート:1.と同じ人、ってすぐに判る。
3.音楽:バンドS、アートなジャッケットと言えばこのバンド。
 カバーアート:この前LVとコラボした人。
4.音楽:バンドS、3.と同じバンドです。
 カバーアート:そう言えばこの方最近名前を聞かないなぁ。
 
<2段目左から順に5から8とする>
5.音楽:バンドU、昨日書いたわ。
 カバーアート:昨日書いたがこの写真を使うとは!
6.音楽:バンドB、って大きく書いてあるわ。
 カバーアート:この頃のこの方は良かった。
7.音楽:バンドU、これも見えるか。
 カバーアート:今、京都で個展やってますね。
8.音楽:アーティストJ。音楽もジャケットも変態的。
 カバーアート:実はジャケット裏。日本のこの方を使うとは!
 
<3段目左から順に9から12とする>
9.音楽:アーティストM、ジャズの巨人。
 カバーアート:日本のこの方がこのアルバムを!
10.音楽:バンドV、まぁ、見れば判るか。
 カバーアート:有名ですよね、これは。
11.音楽:バンドR、この方達は機会仕掛けだと思う。
 カバーアート:10.のアートと同じ方ですね。
12.音楽:バンドE、LP仕様のCDです。
 カバーアート:これをアートに入れていいかな?
 
<一番下、13>
13.音楽:アーティストT、ジャズの変人。
 カバーアート:独特の絵ですからね。

|

« へうげもの展と青木良太、U2と杉本博司、ユニクロック5弾、万城目学新作 | トップページ | 百分の一でも信じてほしい »

コメント

似てると思ったらやっぱり!杉本さんのだったんですね。
BECKの来日公演には行かれるんですか?

そして全然関係無いけど明日からダイアログインザダーク予約開始っすね。
楽しみ楽しみ。

投稿: かませdog | 2009/03/02 22:42

>かませdogさま
杉本さんですよ。U2に杉本さん、って凄いですよね。

BECK来ますねぇ。
去年?一昨年?来日した時にチケット取っておいたのに
行けなかった!と言うショックがあり、なんか積極的に
チケット取りに行きませんでした・・・。
まぁ、実はこの前のアルバムが私的にもう一つ!と言う
感じだったのもあrのですが(でも行きたいけど・・・)

ええっ!ダイアローグ!
見たら3/20からですか!ああ、3月一杯は無理だ!
いつまでやっているのだろう?
きっと、あっという間に予約埋まってしまいそうですね。
ああ、こちらも行きたい・・・。

投稿: KIN | 2009/03/03 00:22

丸尾JohnZohnしかわかりません。
この前のクラプトン@武道館の時、
駅で若いギャルがチケット売ってました(笑)。
ダフ屋も若返ったモノです。

投稿: うめ | 2009/03/03 12:18

>うめさま
普通は一番判り難いものだけ判るとは。変態!
ギャルがダフ屋ですか。
思わず買ってしまうかもしれないじゃないか!

投稿: KIN | 2009/03/04 01:03

こんばんわ。
わたしも1のCDは持ってますよ。

旅に行くときは必ず、iPodで聴いてます。

青森でのBのライブをふと懐かしく思います。

投稿: あおひー | 2009/03/04 23:06

>あおひーさま
やはり・・・持ってましたか。
私は1.も2.も完全にジャケ買いですが。

投稿: KIN | 2009/03/04 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/44216607

この記事へのトラックバック一覧です: アート+音楽:

« へうげもの展と青木良太、U2と杉本博司、ユニクロック5弾、万城目学新作 | トップページ | 百分の一でも信じてほしい »