« 珍しく目覚めのイイ土曜日〜アーツ&クラフツ展 | トップページ | あなたと言う存在はボクを迷わせるだけの物 »

もう出かける時間だろ、しっかりコロン叩いて〜イェッペ・ハイン展、童画の世界展

とびっきりの微笑みを見せてくれよ

深夜食堂と金魚屋最新刊読んだ。
金魚屋読んで、宇宙皇子とアリオンを読みたくなった。


荒れる前に書いていたエントリ。
谷中のSCAIと国際こども図書館。
 


イェッペ・ハイン「Kuru Kuru」
SCAI THE BATHHOUSE
1月16日から2月28日
01

土曜に行って来ました。

前にSCAIでやった水がピュー、的な一発芸の方が私は好き
だったなぁ。

ミラーに背景が映り込み、世界を歪ませる奴は森の中や街の
中で展開すればミラーの輪郭も消失して魅力的なんだろうが
ホワイトキューブの中では輪郭が意味を持ってしまう様な
感じでイマイチに見えた。ドローイングやクルクル廻る球も
ちょっと・・・。
半面ネオン球も思ったよりも完全球に見えず・・・。

3面モービルは無限映り込みの瞬間が楽しくて、ここに一番
長く居ました。

童画の世界 絵雑誌とその画家たち
国際子ども図書館
2008年9月20日から2月15日
Img003

こちらは次の日、日曜に行った。

童画と言う言葉に弱い私。で、童画と言えば・・・
武井武雄さん。看板も武井さんの絵が出てます。
入場無料だし、って事は、まぁ、行きますよ、私は。

まぁ、結論から言うと、まぁ、無料展示、という範囲でしたが。

武井さんの書いた絵本から始まります。武井さんの絵は一目で
判ります。その他にもその当時に発売された子供用の本等が
ずらっと並ぶ。

原画とかあると嬉しかったんだけどなぁ、と言うのはさすがに
無理か。
まぁ、いろんな絵本を見る事が出来る、と言う展示でした。

他に童画作家さんがたくさん紹介されている。
初山滋と言う方の絵が好きだったなぁ。
清水良雄と言う方は子供用?って位色っぽい。
なんと、東山新吉(東山魁夷の本名)の絵の絵本も!
以外に普通の子供用の絵でした。
画家では古賀春江さんの絵本もありました。
竹久夢二の絵本も少し夢二色で良いです。

|

« 珍しく目覚めのイイ土曜日〜アーツ&クラフツ展 | トップページ | あなたと言う存在はボクを迷わせるだけの物 »

コメント

イエッペは全く私も同感でした、そして時間をかけたところまで一緒とはちょっと・・・。
あれは森だからこそ意味がありますな。
SCAIにしては残念ながら消化不良で大黒屋でおせんべい買って帰りました(それが理由じゃなくて最初から買いたかった訳ですが)。

投稿: のりを | 2009/02/02 22:49

>海苔をさま
せんべい、前を通りかかる度に買いたくなるんだよね!
えーっと、なんだっけ?SCAIの話?
前のときの展示が良かった分の反動は有るかな。

投稿: KIN | 2009/02/02 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/43937285

この記事へのトラックバック一覧です: もう出かける時間だろ、しっかりコロン叩いて〜イェッペ・ハイン展、童画の世界展:

« 珍しく目覚めのイイ土曜日〜アーツ&クラフツ展 | トップページ | あなたと言う存在はボクを迷わせるだけの物 »