« シンプルな建築、シンプルでないかもしれない建築 | トップページ | アート@アグネス 2009 Final »

風に舞った花弁が水面を乱す様に


さーて正月も過ぎ、本気で今年の抱負です。
って何回抱負書くんだよって?抱負なだけに豊富(バカ)。
今年の抱負は「足掻く」にします。実は足掻いているのに表面的
には足掻いてるように見せない、なんてカッコ付けもう要りません。
美しい白鳥である必要はありません。
足掻いてなんぼのものです。足掻きます。
(ってまずは自分の性格をどうにかしなくては)

年明け初めのアートもの。
ネオトロピカリアと森山大道+ミゲル・リオ=ブランコ写真展、
その他。

でも感想はざっくりと。

ネオトロピカリア ブラジルの創造力
東京都現代美術館
2008/10/22から1/12

あんまり期待してなかった分か(ネト位しか興味なかった)
結構・・・楽しめましたよ。
いや、いや、楽しかったのですね。

金糸のインスタレーションが綺麗だったなぁ。
角のあたりに座り込んでみると延々と見ていられる。
名和部屋の花瓶のやつも好きだなぁ。
マント着て踊るやつは・・・踊りませんでした。マント
着た段階でなんかまわりの目が厳しかった気が・・・。
(いや、怖じ気づいただけ???)
マンゴージュースはどうでも良いけど。
建物の残骸に建物描くってのも気になった。
頭の向きを変えると音が変わるヘッドフォンも好き。
もちろんネトの部屋は一番長居でございます。
※ダイナミックさはすばらしいが猪熊現代美経験者
 (嫌らしい自慢?)としては、少し物足りないかな?


森山大道+ミゲル・リオ=ブランコ写真展
共鳴する静かな眼差し

東京都現代美術館
2008/10/22から1/12

森山さん、ブランコさん、すいませんすいませんすいません。
かなり、かなーり、流して見てしまいました。
でも、森山さん、前回の写美のハワイもそうだったけど、どう
も、入り込めない、何かがあるのですよ。
えー、すいません。

MOT×Bloomberg PUBLIC 'SPACE' PROJECT
ルイーザ・ビュファルデチ「いくつかの生地がつくる国旗」

東京都現代美術館
2008/10/22から1/12

えーっと、見た見た。確かにあったあった。


カラーハンティング ブラジル
藤原 大 + イッセイ ミヤケ クリエイティブルーム & カンパナブラザーズ

東京都現代美術館
2008/10/22から1/12

うん、これも見た見た。
 
 
石飛博光・鈴木強 二人展
新宿高島屋10階美術画廊
2008/12/25から1/6

石飛さんの書、鈴木さんの絵。ちょっと正月を意識し過ぎ?
みたいな感もあったが、鈴木さんの絵が好きだったなぁ。

えーっと、全般的に小学生の感想文みたいなエントリーですいません。

|

« シンプルな建築、シンプルでないかもしれない建築 | トップページ | アート@アグネス 2009 Final »

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。

ネオトロピカリア、よかったですよね。
いかにもブラジルらしいものとそうでないものがあって。
僕的にはネトと金糸がベストでした。

投稿: かませdog | 2009/01/10 13:29

>かませdogさま
はじめまして、コメントありがとうごいます!
こんな拙いブログ見て頂いてありがとうございます。
ネトと金糸は私もTOP2です。特に金糸は初体験
だったので感動しました!

投稿: KIN | 2009/01/10 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/43681450

この記事へのトラックバック一覧です: 風に舞った花弁が水面を乱す様に:

« シンプルな建築、シンプルでないかもしれない建築 | トップページ | アート@アグネス 2009 Final »