« せめて夢で逢いたいと願う | トップページ | 何故切れる?AriMacExpress、そして日本名建築写真展 »

Darkside of the Moon〜ジムランビー「アンノウン プレジャーズ」

松田龍平と太田莉菜が結婚!
おかしいなぁ、龍平と俺、そんなに大きな差はないはずなの
になぁ。この結果の差は何?

・・・え?どこが差が無いかって?
えーっと、鼻の数と目の数は同じでしょ。歯の数は同じ、と
まではいかないにせよ似てるはず。
目と鼻と口のバランスだって数十センチも違う事は無い!
一桁少なめのセンチメートル数もしくはミリ単位の差かも!

・・・明日、うちが燃えてても誰の仕業か判らない位に敵を
作ったかも、俺、今。

で、原美に行ってきました(タイトルはこの展示見て勝手に
イメージしたアルバム名ですが)。
 

ジムランビー「アンノウン プレジャーズ」
原美術館
12月13日から3月29日
Jim

音楽ファンなら倍楽しめる。

1Fに入りいやでも目にはいるのが「床」。
ジムの得意技、ビニールテープを使ったインスタレーションで
なんと・・・全ての床を覆っている!
原美の趣のある木目の床を敢えて隠してしまい、1Fも2Fも
全て白と黒のストライプで埋め尽くすという徹底さ。
これだけで充分インパクトのあるインスタレーションになって
ます。床を変えるだけの事なのにこんなに強いインパクトを
与えるなんて!

床の上、所々に転がっているのはコンクリの固まり。
その中にはレコードジャケットが埋め込まれている。
音楽好きのジムランビーならではの作品。

ちなみに床の作品の名前は「Strokes」。これもバンドの名前。
もちろんコンクリの作品の名前もバンド名(私は聞いたことが
ないバンドですが)「Sonic Reducer」。

1F一番手前の部屋にある作品は天井に星座の形で鏡が配置され
ている。鏡をのぞき込むと床が湾曲して写っている。
鏡をつないでいるのは「目」がプリントされた棒。

1Fの一番大きな部屋に移るとそこには切断された椅子と
割れた鏡で覆われたバッグ。
うーん、これは私にはイマイチだったかな。

2Fに上がる階段には塗装されたマットレス。
これもどうでも良い感じでした。

2Fの部屋には前述の床とコンクリの固まりの他に扉の作品
とポスターを加工した作品がある。
2Fは子供部屋と寝室だったと言う事からインスピレーション
を受けた作品のようである。

各部屋毎に音楽テーマを設定、テーマに沿ったミュージシャン
のポスターに花の絵をあしらうと言った物が壁にかけれらて
いる。その花の絵も自分で書いた物ではなく古道具屋で購入
した絵を切り抜いた物らしい。
扉にもテーマに沿ったタイトルが付いている。
扉には複数の取手が付いていて、それは星座を象っている
らしい。

奥の一番広い部屋はBLUESとJAZZの部屋
扉のタイトルはKINDA BLUE(KIND A BLUEの誤字???)。
ポスターはビリーホリディとマイルスデイビス。

その手前はジョンレノンの部屋。ポスターはもちろんジョン。
扉のタイトルはプラスチックオノ。

一番手前はチャックベリーの部屋。ポスターはチャック。
扉のタイトルはメイベリーン。

となってます。

うん、こう言うの好きだ。

|

« せめて夢で逢いたいと願う | トップページ | 何故切れる?AriMacExpress、そして日本名建築写真展 »

コメント

明日KIN兄新居が半焼してたらまあ私の仕業ですな。
優しさを込めて半焼にとどめておいてあげます。
つーか、いろんな人からメール来たのは笑った。

投稿: Mariko | 2009/01/14 12:27

>marikoさま
半焼って、中途半端な。火災保険は全焼じゃないと
ちゃんと出ないのよ。っていうか本が!CDとDVDが!
その他雑貨が焼ける!
龍平と莉菜、ってなんか似合いすぎで気持ち悪い!
(ええ、ただのヒガミですよ)
どれだけ美形な一家なんだよ!って。

投稿: KIN | 2009/01/14 13:12

おはようございます。

音楽オンチには
辛い展覧会でした。。。

それより一度バスに乗りたい!

投稿: Tak | 2009/01/27 07:09

>Takさま
こんばんわ。
まぁ、音楽好きかどうかはさておき
好き嫌いは別れそうな展覧会ですね。

ただ、一見オシャレな表面的に見える展示が
音楽好きだったらそれだけではないかも、と
なる点はありますね(でも、好き嫌いは別)。

私もまだバスに乗ってないです!

投稿: KIN | 2009/01/27 21:51

こんばんは。
最終日に見て来ました。
2階のしかけは全く気付かず。
でも、こちらの記事を記憶していたとしても
理解できなかったかも。。。

火災保険は、半焼でも新価でちゃんと付保されていれば、
損害額が保険金として支払われますよ。
KIN様宅の火災保険がちゃんと付保されているのかは
知りませんけどね。

投稿: meme | 2009/05/13 20:49

>memeさま
2Fの設定はかなり音楽好きじゃないと
共感云々以前に判らないと思います。
ま、理解出来なくても大丈夫です。

火災保険、どうなってるか知りません、
うち。ま、家事には気をつけ無ければ!

投稿: KIN | 2009/05/13 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/43733666

この記事へのトラックバック一覧です: Darkside of the Moon〜ジムランビー「アンノウン プレジャーズ」:

» アナスイの財布とアナスイのバッグの魅力 [アナスイの財布とアナスイのバッグの魅力]
アナスイ(ANNA SUI)の財布やアナスイのバッグ、アナスイのアクササリーの情報が満載です。 [続きを読む]

受信: 2009/01/14 16:51

» 後藤真希 画像 ブログ ラマン 二宮和也 画像掲示板 目頭切開 動画 ラジオ youtube 弟 [後藤真希 画像 ブログ ラマン 二宮和也 画像掲示板 目頭切開 動画 ラジオ youtube 弟 ]
後藤真希 画像 ブログ ラマン 二宮和也 画像掲示板 目頭切開 動画 ラジオ youtube 弟 [続きを読む]

受信: 2009/01/14 18:20

» プロポーズのネタ集。 [情報の波 運勢の波]
松田龍平、沢尻エリカの結婚、 2009年始まって2週間足らずですが、芸能界は賑やかですね。 結婚と同じぐらい離婚の話題もあったようですが・・・ [続きを読む]

受信: 2009/01/14 20:03

» 松田龍平 [まりえの日記]
俳優・松田龍平さんは・・・・ こんにちは。昨日『青い春』のDVDを再び拝見しまし... [続きを読む]

受信: 2009/01/15 23:28

» ジム・ランビー 原美術館  [表参道 high&low]
娘が歩きまわるスペースもあるし、久し振りの英国アートなので、年初の現代アートは原のジム・ランビー/アン・ノウン・プレジャーズ展へ。 床一面のデコレーションとコンクリートに詰まったLPジャケットは子供の目も惹く大胆な作品。 表現が陳腐ですがレノンなどアーチストへの尊敬を表現した作品は大英帝国出身らしい繊細さも。 初めて見る個展なのに親しみあるのは幾何学的な模様だからでしょうか。ジュニは館内の展示は気にせず中庭で元気に歩きまわり、カフェで休む人に手を振ったりではしゃいでました。 帰りはパステルのなめらか... [続きを読む]

受信: 2009/01/17 11:11

» 「ジム ランビー:アンノウン プレジャーズ」 [弐代目・青い日記帳 ]
原美術館で開催中の 「ジム ランビー:アンノウン プレジャーズ」展に行って来ました。 原美術館全体がひとつのインスタレーションの場となっています。 それは美術館へ一歩足を踏み入れた段階ですぐに認識可能なほど。 東京オペラシティ アートギャラリーで2007年に開催された「メルティング・ポイント」ここでも彼は展示室の床一面に金、銀、白、黒のビニールテープを貼り詰め場を一気に変容。くらくらと眩暈が。 あまり好みのアーティストではないので、出掛けるの躊躇っていましたが年が明け、... [続きを読む]

受信: 2009/01/27 07:07

« せめて夢で逢いたいと願う | トップページ | 何故切れる?AriMacExpress、そして日本名建築写真展 »