« この空を渡るよりもみたい夢はあるけれど〜写真展「いつかのどこか」 | トップページ | 鳥や雲や夢までも掴もうとしている〜茂田井武展 »

誰か彼女につたえてくれよ〜安藤忠雄展

ちょっと遅れるかもしれないけれど
必ず行くからそこで待ってろと

高円寺にラーメン大、が出来ていて行列が。
まぁ、いずれ・・・

iPhone2.2になって
パスコード入れてからホーム画面に行くまでの反応が
悪くなってないか?
パスコード画面でスクリーンショットが撮れるように。
Img_0006<私の待ち受け画面
連絡先、に登録してある読みと表記が日本語入力の
辞書に反映される、と言うのが復活。これは嬉しい。
サファリ、安定したの???まだ落ちるなぁ。
絵文字が打てる、が使ってない。さらにi.softbankの
アドレスでのメールかSMSでしか使えない。
メモ帳とかでは使えないのですね。
ストリートビューは楽しいねぇ。
Google MAPで電車を使ったルート検索が出来る!
Appのアップロードの時にアイコンが一時的にも
移動しない。

で、ギャラ間の安藤忠雄展。
 


えーっと、たぶん、ここを見てくれて居る人のほとんどは
安藤忠雄、と言う名前を説明する必要は無いと思うの
ですが・・・みなさんご存じのようにボクサー、ですね、笑。

建築専門のギャラリー「ギャラリー・間」で安藤忠雄さん
の展覧会が開催中です。満を持して、ですかね。
(「間」はジャイアントロボ風に「ま゛」に発音するのが通、
です・・・って若い人は知りませんですね、嘘よ。あ、後
私はジャイアントロボはリアルタイムじゃありませんよ。
間違いなく違いますよ!違うんです!)

う−ん、どうも書き出しが真剣になれないのは何故?
いや、この展覧会が悪かったと言う訳じゃないのです。
まぁ、建築が好きなら見ておいた方が良いよ、と言う
オススメな感じです。まぁ、私個人の思い入れがそれ
程無いからかなぁ・・・。

安藤忠雄建築展「挑戦−原点から−」
ギャラリー間
10/3から12/20

原点から、と言う副題のように安藤さんの初期の建築
から最近のコンペ作品まで、ざっくりと、ですが一通り
の流れを見ることが出来ます。
そして、今回の目玉は初期の建築「住吉の長屋」原寸
模型です。あのギャラ間の空間に住吉の長屋が入る?
のですよ。
03


見て、この構成はなかなか考えられてるかな、と。
住吉の長屋が中庭だって言うんだからね、ギャラ間の
中庭使っちゃえ、みたいな。ギャラ間に行ったこと無い
人は逆に不思議に思わないだろう、位のさりげなさ。
今までに何度も行ったことある人は、中庭が中庭に
なってるんだ!と(見てない人には何を書いているか
判らないですね、きっと)。
07


入り口のコンクリ部分は本物の質感です。
06

さすがに全部コンクリ質感は無理だったようで、残りの
部分は仮設用のベニヤむき出し。
ま、間取りを感じてもらえれば良い、と言う割り切りで
しょうから、構わないですけどね。でも、色味で広さ感っ
て凄く変わってくるから、せめてグレーに塗るとかは
して欲しかったなぁ。ま、中途半端にコンクリっぽくする
のは逆に本物感と違う誤解を生むので止めたのでしょ
うけどね。木質ボリューム感の誤解を生まないか???
予算の都合もあるんだろうけど。(それが一番の理由か)
08


その他、光の協会、東急東横線渋谷駅などの模型も。
A03

04


今計画中のアブダビ海洋博物館のモニュメンタルな
形は好きでした。軸はぶれないながらも少しづつ変わっ
ていくのかなぁ、と。でも、水盤の使い方が谷口さん
みたい、とか思ってしまったが。
02


ま、私は特別安藤さん大好き!と言うわけではないの
ですが、世界に通用する日本人の一人として頑張って
いって欲しいものです(あんまり思い入れが無い分、
綺麗にまとめてみた)。

|

« この空を渡るよりもみたい夢はあるけれど〜写真展「いつかのどこか」 | トップページ | 鳥や雲や夢までも掴もうとしている〜茂田井武展 »

コメント

私も安藤氏よりは、ブルーハーツに思い入れあります、笑。 
が、あのスペースの使い方は、なるほどねぇ〜と思いました

投稿: marco | 2008/11/27 00:27

>marcoさま
安藤さんとブルハなんかを比べると怒られますよ、
ブルハファンに!
スペースの使い方、面白かったですね。
あの空間をよく見たことがある人ほど感心な感じ。

投稿: KIN | 2008/11/27 19:44

こんにちは。
観てきました。
ギャラ間史上、最高の入りではないでしょうか。
次のクライン・ダイサム展がその上を行くかも知れませんが。

中庭の階段上がれないんですね。
あの階段を上がって、ブリッジを渡ることを楽しみにしてたのですが。
でも玄関の感じは良く出来てました。
あっ、建具のスチール枠って意外と存在感あるんだって思いました。長屋=コンクリートの箱と思ってたので、それ以外の素材の存在を忘れていました。
玄関潜って中庭へ出る感じは予想通りで良かったです。

投稿: mizdesign | 2008/12/13 06:53

>mizさま
入ってますよね、さすが安藤さん。
まぁ、一般客を取り込む事を考えるとクラインの
方が上ですかね?
確かに、中庭の階段は昇りたかったです。
これ昇った所にある2Fのガラス面は開放できた
っけなぁ、とか考えてしまいました。
素材感は私が内装屋、と言う事もあるのか、凄く
気になってしまいました。

投稿: KIN | 2008/12/13 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/43235830

この記事へのトラックバック一覧です: 誰か彼女につたえてくれよ〜安藤忠雄展:

« この空を渡るよりもみたい夢はあるけれど〜写真展「いつかのどこか」 | トップページ | 鳥や雲や夢までも掴もうとしている〜茂田井武展 »