« ココロに刻まれた細かいヒビが人を美しく見せる | トップページ | この空を渡るよりもみたい夢はあるけれど〜写真展「いつかのどこか」 »

大琳派展

きっと叶う、ように

もしも僕が違う国に生まれ、君と出会う
君と僕が自由に愛し合えます、ように

もしも僕が違う肌の色で、君と出会う
君と僕が自由に愛し合えます、ように


で、結局行ったのですよ「大琳派展」


大琳派展−継承と変奏−
東京国立博物館・平成館
10/7から11/16

第1章:本阿弥光悦・俵屋宗達
第2章:尾形光琳・尾形乾山
第3章:光琳意匠と光琳顕彰
第4章:酒井抱一・鈴木其一

この前の日曜日、思わず朝起きてしまう。
寝ていたいのに寝れないので、もうこうなったらね、
せっかく起きたんだからと思い、見るのを諦めてた
「大琳派展」に向かうことにする。体は疲れている
が行って良かったよ!この日夕方に知り合い達が
見納め会をするので本当はそれに参加したかったの
だが夕方は用事があり、参加できなかったのが唯一
悔やまれるのだが。
いやー、これ見なかったら、もっと悔やんでたね。

琳派とはなんぞや?とかそれぞれの人がどうだ?とか
そういう細かいことは他のブログのしっかりした解説
におまかせするとして、私が良かったと思うベスト5
な☆三つ作品を!

蔓梅擬目白蒔絵軸盆(酒井抱一)
これねぇ、もう凄いのよ。抱一の下絵のメジロも愛
らしいのですがね、 それを蒔絵にする技術も凄い。

柿図屏風(酒井抱一)
抱一の真骨頂ではないかと?私的には最も抱一らしさ
が溢れていた作品でした。

流水千鳥図(鈴木其一 )
水の表現が凄い!これはグラフィックの世界ですよ。
この格好良さ、現代でこれやっても通用しますよ!

兎図(俵屋宗達)
かー↑わー↓いー↑いー↓。この可愛さはもう卑怯。

四季草花下絵後撰集和歌巻写(酒井抱一)
これ天井に貼り付けてその下で寝ると凄く良い夢が
みる事が出来そうで。興奮して寝れないかな?


ううっ、奇しくも抱一が3作品・・・抱一が一番好き
だと言うのは見る前から判っていたけれどもこれ程
圧倒的だとは・・・。

風神雷神屏風4種揃いってのも凄かったけどね。
R6_2
抱一のハッキリとした風神・雷神、其一の渋い風神・
雷神も良いですが、やっぱり元祖が良いかなぁ。


その他良かったと思うものを下記にずらっと記します。
星付きで。

本阿弥光悦
四季草花下絵新古今集和歌色紙帖☆
観世流謡本「藍染川」慶長十一年観世黒雪奥書☆
光悦謡本(特製本)「女郎花」「清経」☆
光悦謡本(上製本)「俊寛」「殺生石」「千手重衡」「盛久」☆
(※上記、ここらの小物が良いのよ〜)
群鹿蒔絵笛筒☆
舟橋蒔絵硯箱☆
舞楽蒔絵硯箱☆
扇面鳥兜蒔絵料紙箱☆
子日蒔絵棚☆
(※やっぱり立体物ですね。)
Ko


俵屋宗達
風神雷神図屏風
唐獅子図・波に犀図杉戸俵☆
白象図・唐獅子図杉戸俵☆
草花図屏風☆
桜芥子図襖☆☆
牛図
兎図☆☆☆
撫子杜鵑図


尾形光琳/尾形乾山
風神雷神図屏風
秋草図屏風☆☆
四季草花図巻☆☆
波図屏風☆☆
小西家旧蔵光琳関係資料のうち模写・下絵 鳥獣写生図☆☆
蔦図香包
竹梅図屏風☆
小袖 白綾地秋草模様☆☆
八橋蒔絵螺鈿硯箱
立葵図屏風
R7_2
※光琳(左)と抱一(右)の小袖


酒井抱一
風神雷神図屏風
八橋図屏風
(光琳の燕子花図も根津美で見たがなんで燕子花
を書くとノッペリした感じなんだろう?)
夏秋草図屏風☆☆
月に秋草図屏風☆
兎に秋草図襖☆
柿図屏風☆☆☆
四季花鳥図巻☆
十二ヶ月花鳥図☆
波図屏風☆☆
四季草花下絵後撰集和歌巻写☆☆☆
鹿・楓図団扇
小袖 白絖地梅樹下草模様☆
蔓梅擬目白蒔絵軸盆☆☆☆
四季草花蒔絵茶箱
H2


鈴木其一
風神雷神図襖
歳首の図☆☆
(周りと中の絵のバランスが絶妙)
桜・楓図屏風☆
朴に尾長鳥図☆
暁桜・夜桜図☆
夏秋渓流図屏風
(ちょっと濃いなぁ)
秋草・月に波図屏風☆☆
流水千鳥図☆☆☆
水辺家鴨図屏風☆
蔬菜群虫図☆☆
R9


|

« ココロに刻まれた細かいヒビが人を美しく見せる | トップページ | この空を渡るよりもみたい夢はあるけれど〜写真展「いつかのどこか」 »

コメント

柿!ラヴ。
めじろも好き。

疲れていても、行ってみたら気分も良くなった…ってこと、けっこうあります。

投稿: marco | 2008/11/23 21:14

>marcoさま
抱一らしくてね、柿も目白も。
で、行ってみたら、やっぱり疲れてた、って
事もあるますけどね、苦笑。

投稿: KIN | 2008/11/23 22:47

行けて良かったですね。
疲れはそのうち取れる(はずだ)けど、キレイなものを見た記憶はちゃんと残りますよ。
私は其一ラブです♪

投稿: ogawama | 2008/11/24 01:22

>ogawamaさま
いやー、その疲れがなかなか取れない
(苦笑)ので諸々と脚が遠のいてたの
です。でも、なんとか行けました。
抱一、競一の師弟は落ち着きます。

投稿: KIN | 2008/11/24 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/43198767

この記事へのトラックバック一覧です: 大琳派展:

« ココロに刻まれた細かいヒビが人を美しく見せる | トップページ | この空を渡るよりもみたい夢はあるけれど〜写真展「いつかのどこか」 »