« 気の強い女性にはアッサリした男が似合う? | トップページ | 会いたくて会いたくて仕方が無いのに »

貴女色に染めて下さい、「私」好みの

興味ない人にはまったく興味ないと思うが・・・
DIC指定の「日本の伝統色」
なんと、これをWEBでまとめて見る事の出来るページが!
凄い!凄い!
repos: traditional colors of japan

このページからは他にも和色大辞典やそれをPhotoshopの
プラグインにした人のページへのリンクもありました。
凄い!凄い!

一時期、色にハマっていた事がありました。
正式に言うと「色の名前の付け方」に。
(当時はブログタイトルに全て色名をつけていた)
Color_5

和の伝統色ってすごく良い名前付けてます。
もう感動です。これだから日本人止められません。
(英語が喋れないから!ではありません。喋れないけど)
色の名前を是非に見て下さい。本当に素敵ですよ。
全部を覚えたいです!

からすのぬれば色(烏の濡羽)
(あ、この時のエントリの一人称が「俺」になってる。
若いなぁ、俺。)

上のページにも書いたけど私の一番好きな色は「濡羽色」。
これは烏の濡れ羽色、の事なんです。
烏の黒色が濡れてツヤツヤ虹色に輝いているのが想像出来
るナメマカシくも色っぽく情緒ある表現だと思いません?
※もちろん実際の指定色はそんな虹色の輝きは出ませんが。
4b7479c11_2 Tate_2

日本人女性の美しい髪のことを指して、髪は烏の濡れ羽色
と言う褒め方をするのですよ。粋ですよねぇ。
※これとは別に烏羽色と言うのもあるんですね。
Color2_2


あ、決して濡れ「場」色ではありませんよ。
濡れ場、まぁ、嫌いじゃないですがね。

|

« 気の強い女性にはアッサリした男が似合う? | トップページ | 会いたくて会いたくて仕方が無いのに »

コメント

あぁ、昔日本名のついた色鉛筆やらアクリルガッシュを買いあさったよ。
アトリエ時代。

名前とともに色もそこはかとなくダルトーンで色っぽくていい。

>あ、決して濡れ「場」色ではありませんよ。
この発言はオヤジだと思います、先生!

投稿: 女子部 | 2008/10/28 00:52

>女子部さま
そうそう、色っぽいんだよね!和名って。
それもあけすけじゃない色っぽさ。
うーん、ソソリマス。

DICの和の伝統色って前からそそってました。
(会社で何考えてんだ、俺)

で・・・オヤジだもーん、イイんだもーん
(開き直り)。

投稿: KIN | 2008/10/28 01:06

>当時はブログタイトルに全て色名をつけていた

これ、懐かしいですねー。KIN兄、艶っぽい言葉しってるなーと感心してたけど、こういう一覧もあるんですね。わたし、国文学科なので、こういう色を表す古語、結構好きなのです。

一人称が「わし」になるまでブログ続けてね。

投稿: しばこです | 2008/10/31 14:11

>しばこさま
当時からの熱心な(?)愛読ありがとうございます。
和名って良い言葉多いよね。海外に行くとさらに
その美しさが判るのかも。

投稿: KIN | 2008/11/01 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/42926940

この記事へのトラックバック一覧です: 貴女色に染めて下さい、「私」好みの:

» アダルトショップ [アダルトショップ]
アダルトショップ [続きを読む]

受信: 2008/10/28 07:07

» 有名芸能人?がベッドですごいこと・・・ [芸能人エッチなそっくりさん]
「ああっ、すごいいやらしい!壊れてく〜〜〜っ!」 [続きを読む]

受信: 2008/11/06 00:04

« 気の強い女性にはアッサリした男が似合う? | トップページ | 会いたくて会いたくて仕方が無いのに »