« 曼珠沙華の球根には毒がある〜横浜トリエンナーレ、三渓園会場 | トップページ | アート的な諸々な秋 »

横浜トリエンナーレ、日本郵船海岸通倉庫と新港ピア

昨日のハマトリ三渓園エントリーに続いてメイン会場の
うちの2つ。写真も何もないのが取りあえず感漂う様な
エントリーに仕上がってます。
写真撮影OKなのに撮影してない、ってのがやる気の無
さを伺わせる。


さて、三渓園をさっさと終わらせようと思っていたら、もう、
昼過ぎでした。長居してしまった(バス停間違えたのは絶対
に関係ない!)。

次はBankART LifeIIに行ったのですが先にハマトリエントリー
を済ませてしまおう。

横浜トリエンナーレ
9月13日から11月30日

まず行ったのは馬車道から一番近い日本郵船海岸通倉庫
(BankART Studio NYK)。

体を引き裂いたり血がどろっと出た作品等(1Fと3Fにあっ
た)生理的に受け付けないものもあり。

気になった作品は
ツィクァンユーの友情の測定と言う(様なタイトルの)
ビデオ作品。あれは最後まで友情のシーソーバランスは保
てたのか?(自分だけが助かって逃げれば友達は水の中)

馬の鞍とその借用書、部屋の中にポツンと馬の鞍が置いて
あるというやつ。あれにはきっと何か意味があるはず。
気になる(次回音声ガイドで聞いてみよう)
クロード・ワンプラーさんかな?

ジャガイモ作家も良いね。ロドニーグラハムさんか。作品
があれもジャガイモ、これもジャガイモ。映像コーナーに
入ると・・・これもかい!ジャガイモを銅鑼に向かって
投げると言う奴。なんか楽しいじゃないの。

ダグラスゴードンのカラスやらクジャクやらが出てくるの
も好きなタッチなんだが理解は出来なかったなぁ。

窓の映像を床に映写するのも気になったが理解までたどり
着かず。ポールチャンさん。

その他
マシューバーニーは並んでいたので止めました。
(正直それほど見たい訳でもない、でもビッグネームなので
とりあえず3分で良いから見ておきたい・・・多分私は3分も
持たないと思うけど)

勅使河原三郎さんも行列してた。
並びかけたが空腹に負けて断念。

オノヨーコはあの年齢で自分の服を切らせるなよー。
(若い頃にあれやっていたよね?)
その正面にジミーロベールがあるというのが良いけど。

さて、見終わり遅めの昼飯食いながら次はどこに行こうかと
ナヤム悩むなやむ。
時間は15時、大さん橋でやる大巻さんのシャボン玉は16時。
少し時間をつぶせばちょうどいい。が大さん橋からその後に
新港ピアに行くと1時間も見れないし・・・(遠いもん)。
(この段階で赤レンガはほぼ諦め)
(も一つ言うと新港ピアが1時間で十分だとはこの段階で判る
よしも無し)

って事で大さん橋はホントに泣く泣く断念。やっぱり来たから
にはメイン会場見なければね(それが後悔の始まり)。


で、新港ピアに行く、が、1時間もかからず見終わる!

会場構成は西沢立衛さん、だが平面図見なきゃわからんね。
平面図はまさに西沢さんだったが。

映像系多すぎ!飽きる前に真剣になれなかった。
気になったのは、ベイビーマルクス、ぬいぐるみの寝てる奴、
パブリックアートのスライドショーに蛮族系行進曲がかぶる奴、
裏面から音が出ている鏡の巨大モービルってな感じ。

あと、最後の鏡が割れる奴(ミケランジェロ・ピストレット)
は理解は出来なかったけど、作品として完成されていた。
タバコをふかす映像も何か意味がありそう(次回来たらきっと
音声ガイドで理解を深める予定)。

もうね、どんどん映像見ていると目の前を人が通り過ぎて行く
のですよ。作品をちらっと横目で見る程度で。
終了後、知り合いの知り合い(まぁ、他人)家族と中華街で
飯を食ったのですが、子供達(小学生)がツマラナカッタと
言うのですね。それが悲しいのですよ。
確かに前回のトリエンナーレは子供も楽しめたし、カップルで
来ても楽しいデートになったはず。
こう言う一般の人が「現代アートって楽しい」って思ってくれ
るのはフェスならではだと思うのですよね。
それが今回は「やっぱり現代アートは判らない」になってしま
うのが悲しいのです。そしてそれを擁護する気にもならない
今回のフェスが悲しいのです。
決して、私がデートに使えないのが悲しいのではないのです。

で、思わず早く終わり、でも大さん橋に行くのは遅いと言う
状況だったので赤レンガに行く事も考えましたが、いや、
赤レンガはもう次回で良いや(正直この状況に飽きてた)と
思い、ZAIMに行く事にする(後ほど書くと思います)。
まぁ、ZAIMに行けたので結果オーライか。

|

« 曼珠沙華の球根には毒がある〜横浜トリエンナーレ、三渓園会場 | トップページ | アート的な諸々な秋 »

コメント

こんばんは。
横トリ行けてませんが、エントリー拝見していたら
だんだん行かなくてもいいかな~的な気持ちに
なってきました。
映像系でも、村田さんのだったら見に行きますが。

投稿: meme | 2008/09/28 19:00

>memeさま
行く気を削ぐ様なエントリーで本当に申し訳ないです。
ま、横浜は他の楽しみもあるので、行ける様でしたら
是非。ホント映像系っていろいろですよねぇ。

投稿: KIN | 2008/09/28 20:43

こんばんは。映像系はかしこまって見なくてはいけないところがまた辛いですよね。マシューは10分くらい見ました。続きは…?(DVDでもあれば家でじっくり見られますが…。)

最後ZAIMで締められたのはご慧眼です。
変化球とかやたらに理屈めいたものなく、真っ当に作品自体でどうだ!と言ってくるようなものばかりで楽しめました。

三渓園の霧の写真拝見しました。お庭も良さそうですね。今度いってきます!

投稿: はろるど | 2008/09/29 22:35

>はろるどさま
映像系、早々に諦めるか我慢して判るまで
見るか、みたいな選択肢になりますよね。
ぱっと見て、おおっ、凄いと判る様な物が
欲しかったです。

ZAIMはホントに安心して見る事が出来ました。

三渓園は気持ち良かったです、是非是非。

投稿: KIN | 2008/09/30 00:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/42605417

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜トリエンナーレ、日本郵船海岸通倉庫と新港ピア:

« 曼珠沙華の球根には毒がある〜横浜トリエンナーレ、三渓園会場 | トップページ | アート的な諸々な秋 »