« ずっと言えなかった言葉がある 短いから聞いておくれ | トップページ | 曼珠沙華の球根には毒がある〜横浜トリエンナーレ、三渓園会場 »

横浜トリエンナーレ初考

・・・今年の横浜トリエンナーレ。
細かい感想は(多分)後日書くとして全体的な印象。
 


どうしても前回のと比較してしまう。
前回の感想が「楽しかった」という物であり、おそらく
主催者が目的としているものが今回は全く違う、と言う
事は理解出来る。

前回のトリエンナーレに対して「アートって楽しけりゃ
イイの?もっと深い物じゃないの?体験参加が出来れば
それで良いの?」と言う、それでいいの?的な投げかけ
評価をされていたのも知っている。
ただし、それを知っていても、やはり、前回の方が楽し
かった、と思ってしまう。
考えなくても楽しけりゃ良いじゃない、的な意見ですが。
(純粋なアートファンには反発される意見なのかも)
でも、前回の子供がキャッキャ良いながら楽しんでる姿
は今回全く見ることができず。映像をちらっと見て、
素通り家族やカップルの姿が多かったのだけ眼に付いた。

アートフェスタとしての意味合い、がアートを昇華させ
るものなのであれば、前回の物は違うかもしれない。
今回の方が深い。ただし、アートへの啓蒙が裾野を広げ
ると言う意味合いもあるのであれば、前回のハマトリは
間違いなく成功していた。少なくても「現代アートって
楽しいよね?」と言う人は増えたはずだ。今回のを見て
そう思う人は少ないのでは?「現代アートってやっぱり
良く判らない」と言う人の方が圧倒的だったと思う。

1.ぱっと見て「おおっ凄い」と思わせる様な強い印象を
  与えるもの
2.深く読み込んでそれの考察や理解を楽しむもの

上記2点に別れる事が多いと思う、アートって。
もちろんそれ以外の物もあるし、それらが複合する物も
あるが。

今回のハマトリは圧倒的に2.の位置づけの物が多かった。
と言うかそれが全ての様に見えた。
映像やパフォーマンス系が多かったのもそう言う印象に
拍車をかけた。かなり作品の前を素通りな人が沢山いた
のは見てて明白だった。
アート好き、な私でも5分もって良い方、中には1分で
諦めたものも沢山あったかな。

どちらかが良いとか悪いとかではないとは思う。
ただし、どちらが好きか嫌いか、は重要である。

それを考えるとどちらかに偏るのではなくバランスが取れ
ていれば良いのに、と思ってしまうのだが・・・。
キューレターの癖が出ると偏ってしまうのかなぁ。

ある意味、真面目なアートイベントではあったかな。
真面目にアートに取り組みすぎて、アートファン以外を
疎外する事になってないといいけど・・・.
まぁ、集客が目的では無い、かもしれないのでそれでイイ
と言われてしまえばそれまで。

ハッキリ言って新港ピア、日本郵船海岸通倉庫の2カ所は
面白いなと思った作品はそれぞれ2、3点しかない。
(赤レンガは時間足らずで行けなず)
(日本郵船、も2つ程見る事出来ず)

三渓園は(私が日本庭園、日本建築好きと言うのが加味
されてはいるが)かなりオススメ。ここは見るべき!
行き来が大変なのが難なのですが。

時間の都合で大さん橋の大巻伸嗣さんのシャボン玉を見る
事が出来なかったのが残念。
同じくその他サテライト物は見る事出来ず。

トリエンナーレもの以外では

バンクアートの「心ある機械達」展は結構面白い。流し見
するつもりがかなり見入ってしまった。

ZAIMのEchoはギャラリー廻りをしてる人には、これだけ
のアーティストが揃うと言う意味で貴重な展覧会。
ただ、まとまったギャラリー展示と言う印象から飛び抜け
たものはなかったかな。


まぁ、もう一回行く予定です。次は今回気になった(でも
理解は出来なかった)作品を音声ガイドでも聞きながら
ゆっくりと理解を深める(事になれば良いな)予定です。


|

« ずっと言えなかった言葉がある 短いから聞いておくれ | トップページ | 曼珠沙華の球根には毒がある〜横浜トリエンナーレ、三渓園会場 »

コメント

ワタシは逆に去年はちょっと馴染めない感じの作品が多かったので・・・今年は期待?(笑)
バンクアートで意外と掘り出し物(?)に出会う確率高いですよね★
バンクアートでは(に、限らず?)ドイツ人アーティスト作品に心魅かれる事が多いワタシです。

投稿: ナラブーシカ | 2008/09/24 18:01

>ナラブーシカさま
前回の馴染めませんでしたか。
今年の奴の感想、どうか聞きたい所ですね。
バンクアート、実は私行くの初めてなんです・・・.

投稿: KIN | 2008/09/24 21:48

んー最初の3日間にまず行こうと思いつつ行けず。
チケットは取ってあるもののいつ行こうか(行けるのか)考え中です。
赤レンガは私はマストになるかな(チェルがやってるので)。
とりあえず美術手帖を読んで検討中。笑

投稿: ヨウ | 2008/09/25 01:35

>ヨウさま
そっか、赤レンガにみたいものがあるのだね。
うーん、赤レンガは見た人が口そろえて「時間が
無かったら見なくていい」と言っているので今回
はパスしてしまったのです、私。
まぁ、1枚のチケットで2回入れるので一遍に
全部見ようと思わなくていいので気が楽ですね。

投稿: KIN | 2008/09/25 09:40

こんにちは。
通りすがりです。

今日友だちとトリエンナーレに行くので、興味深く読みました。
なるほど、そうですかー・・・

普段アートになじみの薄い私でも、
前回のトリエンナーレではボランティアで参加して楽しかったので(今回はボランティアしてません)、
きっと今回もそんなだといいな~と思っていたのですが。

トリエンナーレって、その回ごとに表現する物やコンセプトが変わるものなのでしょうからね。

こちらの記事を見て、攻略方法を心得たって感じです。
楽しんできまーす。

投稿: 乳酸菌 | 2008/10/29 08:36

>乳酸菌さま
お立ち寄りありがとうございます。
映像系が多く、私は少し苦手気味だったのですが、
今回のトリエンナーレは良く言えば色々と考え
させる作品が多かったと思います。
ただ、前回のような物だと思って行くと全然違う!
と言うのは間違いないですね。
きっと一個一個深く読み込んでいけば楽しめる
・・・かも???楽しんできて下さい!
まぁ、駄目でしたら、横浜、他にも楽しい所も
多いので(笑)。

投稿: KIN | 2008/10/29 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/42571164

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜トリエンナーレ初考:

« ずっと言えなかった言葉がある 短いから聞いておくれ | トップページ | 曼珠沙華の球根には毒がある〜横浜トリエンナーレ、三渓園会場 »