« 佳き夢をみることができますやうに〜塩保朋子「Cutting Insight」展 | トップページ | すべての心に花束を〜赤坂アートフラワー »

諦めて。諦めて。諦めきれなくて。〜觀海庵落成記念コレクション展ーまなざしはときをこえて

横トリと時期同じな横浜イベント

Landmark Project IV〜心ある機械たち
BankART 1929 Yokohama+ぴおシティB2ギャラリー
9月13日から11月30日
田中信太郎+中原浩大+ヤノベケンジ+今村源+高橋啓祐+
牛島達治+中村哲也+Anneke Pettican & Spencer Roberts+
磯崎道佳+川瀬浩介+木村崇人+栗原元+高橋永二郎、他
牛島達治さんの無意味機械。
さらにはなんと川瀬浩介さんの「ベアリンググロッケン」!
ベアリンググロッケンだけでも見る価値あり!これは素晴らしい!

THE ECHO
ZAIM
9月13日から10月5日
青山悟、秋吉風人、天野亨彦、泉孝昭、泉太郎、磯邉一郎、榎本耕一、
大野智史、大庭大介、川上幸之介、鬼頭健吾、榊原澄人、さわひらき、
竹村京、田幡浩一、名和晃平、星野武彦、政田武史、増田佳江、
山口智子、渡辺豪、(ロゴデザイン:生意気)
もう、まさに、「今」、の人たち。これを見ないと後悔しそう!
ZAIMのWEB

ッテな事で連休中日、伊香保へ向かうのか向かわないのか。

って先日の貴女を〜、シリーズで答えは出ているか。

伊香保温泉行きの高速バスは8時30分新宿発。
もし、7時にちゃんと起きる事が出来たら行こうか、と
目覚ましをかける、が、まぁ、そんな事考えてる段階で
意志は逃げ気味。もちろん二度寝。諦める。

10時に起きて、それでも行きたいな、と思っている諦め
の悪さ。土日の得意技朝昼飯食ったりして出かけるのは
11時半過ぎ。どうしよう?赤坂アートフラワーか伊香保
か、まぁ、行ける方に行こう的なラフな考えで家を出る。
荷物の中には赤坂のチラシもしっかりと入れて。

家を出た所で路線検索すると渋川駅着が15時予定。
電車の便の都合で1時間も待ち時間がある。
こりゃ無理だ、と思い、一度家に戻りクリーニングを
出してから行くことにする。伊香保はやはり諦め。

クリーニング抱えて家を出て、いや、1時間の待ち時間を
解消出来る方法があるのではないか?と別の調べ方をする
と・・・後7分で駅に着けば14時に渋川駅に着く事が可能!
急いでクリーニングを家に戻し、通常10分以上かかる所を
7分で駅に到着!

そんな顛末で・・・伊香保グリーン牧場に行ってきました。
Img_0211

ええ、牧場に遊びに行ったのではないですよ。

觀海庵落成記念コレクション展ーまなざしはときをこえて
ハラミュージアムアーク
7月27日から9月23日

これを見てきました。古美術と現代美術の融合が素晴らしい。
須田悦弘さんと束芋さんばかり見てたと言う話もあるが、私。

昔も一度来た事ある牧場&美術館。

勝手知ったる感じで牧場に入る。
もう脇目も振らずに美術館に向かう事に。

ああ、ハロウィーンなのね。
R0010678

新鮮な牛乳のソフトクリームね。
Img_0216

カボチャ運びレースかぁ。
Img_0217

と脇目振れまくり。
そんな事してるから美術館のガイドツアーに間に合わない。

さて、ハラミュージアムアーク。
Img_0219

ここは磯崎新さんの設計の美術館。品川の原美術館の別館。
新しく増築したのが觀海庵と言う建物で古美術を中心に
展示する建物です。
R0010681

R0010685

觀海庵はこちら。
R0010688

R0010689

R0010690


おっと、その前に、牧場ののどかな景色を見ながらお茶が
出来るカフェ、カフェダールがなんと貸し切りです!
R0010680

ええっ!ここでゆったり時間過ごそうと思ってたのに!
なんで???と近づくと・・・
R0010679
ああ、こう言う理由か(↑上記写真をクリック)。
それはもう仕方ないです。それなら諦めます。
なんなら私も祝ってもいいですよ(高飛車)。

という感じで、思わず納得してしまった理由でした。


さて、旧館エリアのギャラリー3部屋は以前のままの位置。
ここでは現代美術中心です。
名和晃平さんのピクセルバンビや偏光箱セブラ、奈良美智
さんのドローイング、加藤泉さんの絵と彫刻、ナムジュン
パイクの蝋燭テレビ、やなぎみわさんの写真など原美で見
た事のあるものザクザクあります。
Nawa_2

昔ここに来た時にあった草間彌生さんの部屋もあり。
Viewimagephp

あ、あんなところに日の丸イルミが!
杉本博司さんの千体仏の写真の部屋には炭で作った蓮(?)。
Viewimage3php

特筆は束芋さんの「真夜中の海」ミラーを使って広がりが
無限になってます。ここにはかなりの時間居ました。
あー、素晴らしい。
Img_imola_10
※係の人に聞いたのですが真夜中の海の部屋の前にあった
 ピピロッティリストのhealing。
 原美でのピピ展にもありましたが、このBOXの中には
 薬が入っているそうです。中は見せてもらえなかったが
 隙間から匂いを嗅ぐとクスリっぽい臭いがします!
 真夜中の海は映像は前と同じなんだけど、見せ方を変え
 てあるので製作年が2006/2008になっているようです。 


さて、増築されたエリアに行きますと・・・
横尾忠則さんの作品が廊下の突き当たりに。
その逆側が觀海庵。中は書院造りの和室。
Kankai

入って目の前にはアニッシュカプーアの虚空。
Viewimage1php_2
受付の前には杉本さんの海景シリーズが。
Viewimage4php

そこから中に入るともう古美術+現代美術の世界ですよ。
マークロスコの赤い絵。
その奥には狩野派の屏風、それと並ぶイヴクラインの青い
スポンジ。倉俣史朗さんの花瓶も屏風の間に!
そして蒔絵箱と須田悦弘さんの木彫りの枇杷が並ぶ!
狩野永徳の虎の屏風には草間彌生さんのカボチャ、とこれ
また須田さんの鉄線が刀筒と絡んでる!
(草間さんは正直ここにはどうかなぁと思いましたが)
Kanou

まぁ、正直ね、須田さんの作品好きとしては、もう鉄線を
座り込んで眺めていた訳ですよ。そうです、昔、原美に
常設展示されていた鉄線なんですけどね。
もう、これ見に新幹線代払った様なものですよ。
Viewimage2php

で・・・さて、今回の須田さんの隠しアイテム!
って言うか、隠しては無いんだけど、作品リストに載って
いない展示品が!

って言うか、須田さんの作品を見た事がある人にはきっと
すぐ判ってしまう感じですね。だって、なんかおかしいし。
水が入ってないし、ケースの中に生もの入れないだろうし。
まぁ、間違いなくあの虫食いは須田さんだし。
一応、確認のため受付で聞いてみました。
やはり、あれは須田さんの作品でした。
鉄線の茎と葉部分を挿しているとのこと。
それも須田さん本人が挿したとの事です。
ああ、あれにあれを挿すなんて、ああ、そんな贅沢な事!
自分も一度でいいからやってみたい。部屋におきたい!

もう、かなり判ってしまうかもしれませんがネタバレが
嫌な人はコメント欄を読まないようにしましょう。

と、まぁ、本当に満足の限りでした。
3周しましたもの。まぁ、私の中の比重は須田さんの束芋
がかなり締めていたけど。

そして磯崎さん喜寿おめでとうございます!
そう言えば妹島和世さんを見た気がする・・・ご本人かな?

最後にアンディウォーホールのキャンベル缶。
R0010686

アンディウォーホールのサイン。
R0010687

※余談。私の名字は比較的珍しいのですが実は群馬には
 多い、と言う話は前より聞いていた。渋川駅の目の前に
 自分の名字の看板があって、それを実感。

|

« 佳き夢をみることができますやうに〜塩保朋子「Cutting Insight」展 | トップページ | すべての心に花束を〜赤坂アートフラワー »

コメント

って事で、須田さんのリストに載っていない作品。
倉俣さんの花瓶に挿してあった葉がそうなんです。
鉄線の茎と葉を須田さんが自分で挿したそうです。
倉俣さんのアクリル花瓶に須田さんの葉!
もう、これ悶絶ですよ。

投稿: KIN | 2008/09/17 00:43

茎と葉ですってぇ?
来週火曜からが夏休みなのだけど

岐阜も静岡も訳あって無しになってしまったので、都内と水戸、と思ってましたが伊香保もありましたね。

投稿: marco | 2008/09/17 02:26

次回は是非温泉絡めて行ってください。

ちょっと遠いけど(車なら比較的楽よ、冬以外はね)伊香保ではなく法師温泉がオススメです。

そのうち、日光&益子にもいらしてね〜♪

投稿: ナラブーシカ | 2008/09/17 07:12

>marcoさま
昔、原美に常設(此レハ飲水ニ非ズ)で
設置されていた鉄線の花、茎、葉、の
再利用なんですけどね、きっと。
今は椿になってしまったので、もし、原美
で鉄線を見てなかったら特にオススメ。
でも伊香保は23日まで。

投稿: KIN | 2008/09/17 15:13

>ナラブーシカさま
いやー、帰り、いっそこのまま飛び込みで温泉宿に
行く事考えたのですよ。次の日したい事があったの
で(まぁ、赤坂アートフラワーなんですが)止めて
しまいましたが。車で行きたかったのですが、金額
が一人だと高くなってしまうので止めました。
日光も久々にいいなぁ。

投稿: KIN | 2008/09/17 15:18

原美で見たことありますが、ハラミュージアムアークはまだ行ったことがないので(慰安旅行で伊香保に行ったことはある)
よい機会だし行ってみようかと思います。 

見たいものがありすぎて、あたふたしてます。 

投稿: marco | 2008/09/17 23:12

>marcoさま
伊香保は、牧場楽しむ、温泉楽しむ、など複合技取れますよ。
見たいもの、秋は大変ですよね。

投稿: KIN | 2008/09/17 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/42501406

この記事へのトラックバック一覧です: 諦めて。諦めて。諦めきれなくて。〜觀海庵落成記念コレクション展ーまなざしはときをこえて:

» 榛名湖のわかさぎ、穴釣りが解禁! [榛名湖のわかさぎ、穴釣りが解禁!]
2008年初春に続き、またまた榛名湖のわかさぎ、穴釣りが解禁になりました!夏はBBQ。冬はワカサギ釣り。氷に穴をあけて釣ったわかさぎをそのまま焼いて食べる!こんな幸せは滅多に味わえません。群馬といえば榛名湖以外にも赤城大沼、三名湖、丹生湖、鳴沢湖等々わかさぎ釣りスポットがたくさんあります。ワカサギの穴釣りツアーなんかも面白いかもしれませんね~湖に秋の訪れを告げる魚、ワカサギを求めてぜひぜひ群馬県�... [続きを読む]

受信: 2008/10/05 01:50

« 佳き夢をみることができますやうに〜塩保朋子「Cutting Insight」展 | トップページ | すべての心に花束を〜赤坂アートフラワー »