« 大城カズ「Untitled Recordings」、その他恵比寿や中目のギャラリー関連 | トップページ | 青春のリグレット »

帰りのVSEでロマンスは見つからず、人生はスイッチバック、MSEは私を新宿で下ろしてくれなくて

このタイトルで何の事か判る人はかなりの神奈川LOVEか鉄道オタク。

もう、1ヶ月半以上前なんですが、箱根に行ってきました。
書いてないものエントリー集中期間。

箱根に行くと、いつもは大湧谷行って黒卵食べて、その後に湖見るって
コースが多いのですが、今回はちょっと変えてみようと言う事で、気に
なっていた美術館巡りでも。
※デジカメを買ったばかりなのでデジカメに慣れるための撮影旅行的な
 意味合いもありました。
 

新宿出発。行きはまぁ、普通のロマンスカー、私的にはこの赤は微妙。
Hkn00r
 
私世代にとってのロマンスカーな赤と白はこれです!
Hkn00r01 Hkn00r02
神奈川出身の私にとってロマンスカーは小さい頃の憧れでした。

昼頃箱根入り。行ったらかなりの割合で行ってる蕎麦屋で昼飯。
はつ花

さて、箱根と言ったら、の登山鉄道。
Hkn00t
スイッチバックと言う技を使い傾斜を上る登る。
スイッチバックとはなんぞや?と言う事に関してはググって下さい。
急な坂を上る為に前進、後進、行ったり来たり。
ここで言えるのは「人生」です、と言う事くらい。

強羅まで行き。そこからバスでポーラ美術館へ。
Hkn02
やっていたのはシャガール展。
ポーラ美術館エントリー

美術館に行く間のバスの中から見た景色
Hkn01
 
ポーラ美術館後はバスで小涌園まで戻り、蓬莱園と言う庭園を見に。
この季節ツツジが奇麗なんだよねぇ、と思って行ってみたら、既に
ツツジは終了。申し訳程度にちょこちょこっとあったのみ。
Hkn03 Hkn06

Hkn05 Hkn07
 
蓬莱園近くにある三河屋旅館を外から見る。
あー、ここに泊まりたいなぁ(高いのよ、一人で泊まると)。
Hkn08 Hkn09
 
そこから宮ノ下に行き、パンを買い、富士屋ホテルを見て、写真屋を
覗いたり、酒買ったりして小涌谷の宿泊場所へ。
富士屋ホテルの写真を撮りまくる(結婚式してた)。
Hkn10 Hkn11

Hkn12 Hkn13


宮の下の有名な写真屋さん。

左上はジョンとヨーコ。左下はチャップリン。
Hkn14
 
 
 
次の日はまずは温泉。朝から温泉は気持ちいいったらありゃしない!
楽遊壽林 自然
行くまでにこんな小径を歩いて行きます。
Hkn17 Hkn22
 
ここの温泉は今まで金額がお高くて行った事無かったのです。
まぁ、でも金額高いって事はそれなりに良いのだろう、ってことで
初体験。2500円もします。
しっかし、いやー、気持ちよかったですね!
金額に見合うかどうかはなんとも言えませんが、今まで私が体験した
箱根のいくつかの日帰り湯の中で一番気持ちいい露天風呂でした。
緑の中(風呂の脇まで鳥が来たりした)小雨が降る中、朝から温泉。
風呂で写真は撮らなかったけど、こんな林間での風呂でした。
Hkn26
 
想像以上に気持ちよかった。休憩所で寝転んでまどろみ思わず長居。
 
ここらで調子に乗って撮った写真等。
Hkn18 Hkn19

Hkn23 Hkn24

Hkn25 Hkn21
 
 
そこから強羅に向かい昼飯。凄く込んでいる店でした。
温泉に長居しすぎて少し行くのが遅れたのもあるのですが。
豆腐にひき肉を挟んでそれを揚げてカツにしたカツ丼。
Hkn27
 
さーてそこからバスで向かったのは星の王子さまミュージアム。
もう、メルヘン。星の王子さま好きな私。
星の王子さまミュージアムエントリー
 
その後、湿生花園で撮影モード爆発。
湿生花園エントリー
 
そしてラリック美術館を急ぎ足で見て回る。
Hkn28 Hkn29
もし、ゆっくり見てたら離れられない位、涎が出そうなガラス
細工達。ある意味、急ぎ足で良かったかも。

最後に箱根湯本に、戻ってきて、買い物。
箱根に行ったら必ず買う湯もち。私は小学校のときにこの湯もち
を食べて、それ以来、好きで好きでたまらない物の一つ。
Hkn00y1 Hkn00y2
柔らかく白い甘い餅のなかになんとヨウカンが入ってるのです!

後は、魚のすり身団子、干物などを買って、時間が余っていたの
で駅近くの温泉に入って帰って来ました。

帰りはVSEですよ。新型(2年前位に出たっけな?)ロマンスカー。
Hkn30 Hkn38
箱根に来て、これ乗らなければ何の為に来たのかってものです。
そうは言いつつも、私はこれ、2度目。
以前VSEに乗った時のエントリー
Pict_r50000
 
※最新型ロマンスカーのMSEも土日1本あったのですが新宿は通ら
 ず表参道に行ってしまうと言う事で断念しました。あー、乗り
 たかったぁ。
MSEはこれ。千代田線に接続している。
Pict_r60000
ちなみにMSEもVSEと同じく設計は建築家の岡部憲明さんらしい。

なんと、今度は展望車(以前は乗れなかった)です!
一番前の車両(前から3列目を取れました)は前方が丸々見えるのです。
Hkn32 Hkn33

運転席はどこかって?これ、2階なんですよ。
Hkn31
 
内装はこんな感じ。
Hkn34 Hkn35

Hkn36 Hkn37


|

« 大城カズ「Untitled Recordings」、その他恵比寿や中目のギャラリー関連 | トップページ | 青春のリグレット »

コメント

LOVEでもオタでもありませんがタイトルで何の事か判りました。

ロマンスカーで箱根、東京のひとの週末って感じでいいなあ。
この発想っておっさんかな?小田急も喜んでるでしょう。

ロマンスカーって連接台車だから乗り心地良いよね。VSEも今風で良いが私は7000形が好き。子供の頃、乗るとよくミックスサンド頼んでました。今もあの警笛鳴らして走ってるの?

こちらでは小田急から貰った10000形が走っているのだが4両編成と短いのでかっこ悪い。

相模大野で切り離しの前6両に乗っていた(君は後4両かな)
複々線化完了前の元沿線住民(高校は北神奈川)でした。

投稿: おちゃ | 2008/07/21 07:29

>おちゃさん、久しぶり!
いえいえ、充分ロマオタっぽいよ、笑。
7000形までが正統なロマンスカーだよね。
それ以降どうもイマイチだったんだけど、久々にロマンスカー
と呼んでやってイイぜ、ってのがVSEだったのですよ、私には。
ピンポンパーンポンな警笛は一時期止めていたらしいがVSE
で復活したらしい。

10000形が走ってるの?そっちで?あのピンク色が?

投稿: KIN | 2008/07/21 11:14

こんにちは。箱根へご旅行でしたか。

新型ロマンスカー、内装がまたゴージャスですねえ。
ひそかに関東私鉄のベスト特急はスペーシアとか思っている私ですが、これならあの空間を凌駕しているかもしれません。乗りたいです。

MSEは一度、途中駅まで試しましたが、中はどちらかというと機能的で、通勤特急というような感じがしました。でも色が良いですよね。

投稿: はろるど | 2008/07/21 14:15

ピンポンパーンポン、そうです、この音。今も鳴らしているんですね。

10000形、特急「ゆけむり」としてがんばっています。

「長野電鉄1000系『ゆけむり』、到着!!」
http://www.railfan.ne.jp/nagaden/1000-touchaku.htm
「長野電鉄について」
http://www.railfan.ne.jp/nagaden/shoukai.htm

ニュースで観ただけで実車では確認して無いけど、どうも赤の部分は塗り替えてあるみたい。りんごの赤か?
「ゆけむり」の展望席を含めて全て自由席、だそうです。
長野にお越しの際はぜひご乗車を。

投稿: おちゃ | 2008/07/21 21:02

>はろるどさま
このロマンスカー(VSE)内装贅沢でしたよ〜。
箱根までじゃ勿体ないくらいです。
スペーシアに乗った事無いので比べられないですが
是非、乗り比べてみて下さい!
オススメは展望車(一番前か後ろ)です。
あ、私が日光行けばいいのかな?
MSEは乗り入れしてるのでそう言う扱いなんですかね。

投稿: KIN | 2008/07/21 22:30

>おちゃさま
「ゆけむり」塗り変わってるかなぁ?
あのピンクがかった変な赤じゃないのかなぁ。

どこに行く時に乗る電車なんだ???

投稿: KIN | 2008/07/21 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰りのVSEでロマンスは見つからず、人生はスイッチバック、MSEは私を新宿で下ろしてくれなくて:

« 大城カズ「Untitled Recordings」、その他恵比寿や中目のギャラリー関連 | トップページ | 青春のリグレット »