« 青春のリグレット | トップページ | 東京大学本郷キャンパスの建築 »

対決−巨匠たちの日本美術、とにかく凄かった

「対決−巨匠たちの日本美術」
東京国立博物館(上野)
7月8日から8月17日 月休
運慶×快慶、雪舟×雪村、永徳×等伯
、光悦×長次郎、
宗達×光琳、仁清×乾山
、円空×木喰、応挙×芦雪、
若冲×蕭白
、大雅×蕪村、歌麿×写楽、鉄斎×大観

名前だけ見ても判りますが、いやー、前代未聞、空前前後の展覧会。
ある意味、ミーハー、しかし、それだけに凄い作品ばかり。
ほんとによくこれだけ集めたね。これやったら次はどうするの?と余計
な心配をしてしまいます。これは見ないと損です。ここまで凄い物ばか
り集めた展覧会はそうそう無いと思います。これからも。

若冲展の時みたいに入り口で1時間待ちとか2時間待ちだったらどうしよ
うか、と心配だったのですが夏休みに入った割にはすんなり入れた。
でも、お盆の頃は風神雷神も来るし、並びそうだなぁ。
 

アート関係なブログでは既に取り上げられているのでもう今更的な感じ
ですが。まぁ、さらに日本美術の知識の無い私などが対決の判定をする
などというおこがましい事も出来ません。
ゴジラ対ガイガン、でやっぱりゴジラの無骨なのが好き、とかガイガン
のシャープさがイイ、とか言ってるのとは違いますよ!
でも、折角の対決展なのですから自分の好き嫌いだけでどちらが好きか
判定をしてみます。

運慶×快慶→快慶
断然、美しさで決めました。

雪舟×雪村→雪村
私的にはどっちもどっち。決め手は花鳥図対決でした。

永徳×等伯
→等伯

松林図屏風だされたら等伯
しかないです。
しかし、等伯

は萩芒図屏風も凄い。ススキが凄い。萩も凄い。

光悦×長次郎→引き分け
碗の善し悪しなど判るわけもない私がウットリとしてしまう位、共に
オーラが出ていた。きっとガラスがなくてもあれらに手を触れる事は
出来ないだろう、私は。それ位両方とも凄かった。

宗達×光琳→宗達
決め手は秋の草対決。秋草図で宗達に軍配が。

応挙×芦雪→応挙
応挙です。細やかさは迫力でもある。

仁清×乾山
→乾山

ここもあわや引き分けか?と思ったのだが色絵紅葉図透彫反鉢が
まるでアールヌーヴォーみたいで惹かれてしまった。

円空×木喰→円空
どう考えても円空。

若冲×蕭白
→若冲
仙人掌群鶏図襖、石灯籠図屏風と来たらまぁ若冲ですよ。しかしそれ
でも蕭白
の唐獅子図に目を奪われてしまう。思わずそこで迷ってしま
ったのだが、さすが若冲、対抗すべきものがあった。仙人掌群鶏図襖
のヒヨコ!あれに私の心は鷲掴みされました。あのヒヨコは卑怯です。
唐獅子の迫力も何もかも吸い込んでしまいました。ヒヨコの勝ちです!
ガラスが無かったら私はあのヒヨコに手を伸ばしていたでしょう。
ああ、日本の宝を一つ駄目にせずに済んで良かった。

大雅×蕪村→蕪村
鳶鴉図だけで蕪村。

歌麿×写楽→歌麿
美人が好きなので歌麿に決まってます。

鉄斎×大観→大観
これは卑怯だ。あの絵とあの絵だけ比べろと。
あの富士山出されたら大観と言うしかない。

いやー、これは凄いです。ほんとうに凄いです。

ちなみに巨匠ピンバッチ(山口晃さんの絵)、運慶快慶狙いでやった
のですが、結果・・・雪村2つ、等伯1つと言う結果に。雪村要らねぇ。

一つだけリクエストするとなると、日本美術の巨匠って割にはねぇ、
狩野派少なくない?他にも居るじゃない、探幽とか探幽とか探幽とか。

|

« 青春のリグレット | トップページ | 東京大学本郷キャンパスの建築 »

コメント

こんにちは。

>鳶鴉図だけで蕪村。
同意!!
秘密の沢山ある作品です。

投稿: Tak | 2008/07/22 05:25

>Takさん
こんにちは(今頃は空の上???)
鳶鴉図、あの雪の舞いとか凄かったです。
Takさんのエントリーでは他に
「萩芒図屏風」に目が行ってしまう!や美人画の歌麿!
なくだりに賛同しました!

投稿: KIN | 2008/07/22 12:52

 あら、そんなに混んでいなかったのですね?
 当初23日に予定していたのですが、ワタクシのやんごとなき理由により中止となり「19日or21日どうよ?」と提案したところ、「休日はめちゃ混みだろうから今回は各自参拝って事で」と。。。
 この企画ならば、<一人でじっくりと>も良いけれど<どっちに軍配>ってのを語るのも楽しかろう、と思うのです。

 前期後期それぞれ行きたいのだけど・・・行けるかなぁ。

投稿: ナラブーシカ | 2008/07/22 13:24

こんばんは。
茶碗オーラやヒヨコ勝ちした若冲やら、面白い判定でした。
主催者側の方のお話によれば、リストアップされたけれど
実現されなかったのが、北斎×広重と空海×最澄
だったとか。
探幽はなかったです。。。

投稿: meme | 2008/07/22 21:58

>ナラブーシカさま
中はそこそこ混んでいたけど、見れなかった程では
なかったです。入り口で並ぶ覚悟(もしくは引き返す
覚悟)だったのに、あっさりと入れたのが良かった。
対決にあやかって、どっちが好きか嫌いか言い合う
のは楽しいと思いますよ!

投稿: KIN | 2008/07/22 22:34

>memeさま
ようやく見て、これで皆の相決結果をじっくり見る事が出来ます。
そして、ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼き食べて胃がもたれそう
です、笑。あの唐獅子に対抗出来るのはヒヨコしかないです!
北斎と広重、確かに、あそこに無いのがおかしい位ですね。
そっかぁ、探幽は候補にもあがってなかったですか・・・。
江戸時代より前のをもっと見たかったんです、個人的には。

投稿: KIN | 2008/07/22 22:38

若冲のところ全く同意見なのですが、ヒヨコは見過ごしてました。
出直して見てきます。
宗達の子イヌも、なかなか可愛かったですよー。
歌麿は、相手が写楽だったのでまだ良かったのですが、春信だったら・・・(悩)。

投稿: ogawama | 2008/07/22 23:51

>ogawamaさま
再来の折にはヒヨコに悶えてみて下さい。
私は手を伸ばしかけました。感嘆の声をあげました。
仔犬もかなり来ましたよねぇ、あれは。

確かに浮世絵対決、あれでは対等とは言い難いです。
歌麿の女性に敵うのは別の魅力を持つ女性で対抗
するしか無いのですね。

投稿: KIN | 2008/07/23 00:43

「美人が好きなので歌麿に決まってます。」
・・・・同感です。写楽と比べるのがむごいですね。


投稿: 一村雨 | 2008/07/23 07:35

>一村雨さま
やっぱり美人には敵いません。しかし、浮世絵って今のグラフィック
とかグラビアとかの世界なんだなぁ、と思いました!

投稿: KIN | 2008/07/23 23:09

ひよこで若冲の勝ちというのは笑いました。
仙人掌群鶏図を見られたのは収穫だったのですが、若冲のカラーは絹本のが好きだなあということが判明しました。
もう何回か行ってこようと思います。

投稿: あおひー | 2008/07/27 11:19

>あおひーさま
これは何回か行く必要ありますね。後期はさらに混みそうですが。

狛犬対ヒヨコの勝負ですよ、あれは、笑。

投稿: KIN | 2008/07/27 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/41929742

この記事へのトラックバック一覧です: 対決−巨匠たちの日本美術、とにかく凄かった:

» なぎさ会館のご紹介 [なぎさ会館]
はじめまして。 なぎさ会館のご紹介をしています。 [続きを読む]

受信: 2008/07/24 10:53

» 特別展「対決−巨匠たちの日本美術」前編(東京国立博物館) [あお!ひー]
待ちに待った特別展「対決−巨匠たちの日本美術」へ行ってきました。 土日は絶対に混雑するだろうと踏んで、代休を貰った水曜日に行きました。といってもこれは先週の水曜日。 しまった、見てからもう10日も経ってしまった。。。 本当はあと2回見て、何回かに分けて書きたいのですが、それやってると8月に突入しちゃうのでもう書いてしまおう。でも、一気に書くのは無理なので2回に分けて書くことにします。 にしてもこのラインアップ! 運慶 vs 快慶  ―人に象る仏の性― 雪舟 vs 雪村  ―画趣に秘める... [続きを読む]

受信: 2008/07/27 11:12

« 青春のリグレット | トップページ | 東京大学本郷キャンパスの建築 »