« 星の王子さまミュージアム | トップページ | とても個人的でピンポイントな気になるミニメモ(アート編) »

世代を同じくして生きるアーティスト〜これはただの文字の羅列ではない

会田誠、青山悟、秋山さやか、池田学、池田光弘、伊藤存、小川信治、
小沢剛、小谷元彦、加藤泉、加藤美佳、工藤麻紀子、鴻池朋子、
小林孝亘、佐伯洋江、さわひらき、須田悦弘、高嶺格、束芋、千葉正也、
できやよい、照屋勇賢、天明屋尚、奈良美智、名和晃平、西尾康之、
町田久美、Mr.、三宅信太郎、村上隆、村瀬恭子、村山留里子、山口晃

アート好きな人だったら知っているような名前ばかり。
さて、この名前の集まりは一体なんなのでしょうか?

私の好きなアーティスト?
いや、違います(もちろん私が好きな人、多数居ますが)

今注目のアーティスト?
うーん、ちょっと違います(もちろん皆、注目ですが)

さて・・・

これ、実はある個人の方のコレクションであり、その個人コレクション
に焦点を当てた展覧会の出展作家リストなのですよ!

それが・・・これ、
NEOTENY JAPAN 高橋コレクション展
霧島アートの森
7月18日から9月15日
Neoteny

なんと!あの、高橋コレクション(高輪白金や神楽坂のギャラリーで
現代アート好きにおなじみ)の高橋龍太郎さんのコレクションや寄託品
を一同に集めてしまうと言う趣旨のもの。それがあの作家群なのです。

それも、・・・鹿児島かい!
霧島アートの森
うわー、行きたーい!が鹿児島・・・どないせいっつうんじゃ!
東京から決して便利なアクセスじゃなーい!

っていうか、やっぱり高橋さん、って凄いです(もちろん凄いのは
知ってましたが)。これだけの物が個人のコレクションであり、
そして、この選択眼・・・。

ちなみにこの展覧会のチラシは先日、TKG Editionで入手。
この作家名を見て、あ、須田悦弘さんが現地で作品製作する?って
事は新作?町田久美さん?束芋さん?うわーっ、などと言っていたら
TKG Editionの方に鹿児島行きを強く強くススメられ、危うくその気に
なるところでした。いや、正直、今でも少しその気ですが・・・。

夏休み、鹿児島ですか?熊本現美も絡めましょうか?屋久島絡めると
言う手もあるかもしれない。
いや、でも十和田もありますよね?犬島が出来る直島も優先順位高い
ですよ。金沢リベンジと言う手もあるし。いい加減に土門拳美術館に
行きたいと言う思いもある。いや、谷口建築なら豊田市の美術館すら
まだ見てない。あ、モエレ沼公園も夏は良いぞ!養老天命反転地だっ
て行ってないや!

あー、どないせいっつーの。
※その後札幌、東京と巡回するそうです。

高橋コレクション(白金)でやる
小沢剛展 6月21日から8月9日、8月29日から9月13日も見たい。


|

« 星の王子さまミュージアム | トップページ | とても個人的でピンポイントな気になるミニメモ(アート編) »

コメント

 押忍!
 九州出身のナラブーシカです。

 夏休みに九州、行っちゃってください!
 よかとこですばい。
 
 ちなみに熊本までなら日本酒飲めます。
 馬刺もどうぞ。
 でも、辛子蓮根もうまかよ。
 それより南になると日本酒はありませんが、言わずもがな焼酎!!
 
 ・・・と、話逸れてますが。
 熊本現美はもちろんなのですが、ぜひとも熊本城の武者返し(石垣ね)をご堪能あれ。
 夏の九州、よかですばい!!

投稿: ナラブーシカ | 2008/06/20 12:33

熱いですね、気持ちはわかります。
大丈夫、上野の森にも来ますよ(待てれば)。

7月は1回だけ高橋コレクション見に行けそうです。
でも替わりに職場の義理を欠くことになるので、ちょっと悩み中...。

投稿: ogawama | 2008/06/20 13:28

>ナラブーシカさま
九州出身ですか、良いですね、九州。
とは言え・・・鹿児島ってなかなか行かない場所ですよね。
私の脳内距離は沖縄よりも遠いです、鹿児島(苦笑)。
仕事で九州の伝統工芸とか伝統芸能とか調べた事あるので
九州自体には親近感はあるのです。
でも、うー。
霧島アートの森には一度は行きたいと思っているので、
丁度良い機会なんですけどねぇ(ハッキリしない・・・)。

投稿: KIN | 2008/06/20 19:39

>ogawamaさま
霧島アートの森に一度行きたいので(とは言っても単独では
そうそう行かないだろうから)、こう言う展覧会が魅力な
時に思い切りたい、と思ったのですが・・・鹿児島、なかなか
行かない場所ですよねぇ。
そっかぁ、上野の森に来るの、ですか?

ッて言うか、行きたい所が多すぎて困ります!
(いや、自業自得なんですが、全て)

投稿: KIN | 2008/06/20 19:42

あぁー行きたいですよねぇ、霧島。
土門拳もね、モエレ沼もね。
豊田は行ったけど、また行きたいし。
金沢は2年前のリベンジ、計画中です。今宿探し中。(旅割って素敵)

投稿: marco | 2008/06/20 20:46

>marcoさま
marcoさまも行きたい所多い病ですねぇ。
では、北海道に飛び、そこから山形、金沢、南下して愛知、
最後に鹿児島と言うコースでどうでしょうか?
なかなか休みも取れないと思うので2泊くらいで、笑。

投稿: KIN | 2008/06/20 23:45

うわー、これヤバいラインナップですね。
奈良美智さんの作品があるだけで行くべきかって悩むくらい。

会田誠、池田学、加藤美佳、鴻池朋子、束芋、天明屋尚、奈良美智、名和晃平、町田久美、Mr.、三宅信太郎、村上隆、山口晃

ああ、危険ですよ。

KINさん、鹿児島でオフ会やったら何人か来そうですよね。

いま、本気で行くことを考え中なわたしがいたりして。。。

投稿: あおひー | 2008/06/21 00:45

>あおひーさま

凄い名前が並んでますよね(でも、全て同一人物の個人蔵!)
危険です。
時間とお金クリアすれば鹿児島オフ、あり得そうですものね。

チラシには現地制作・インスタレーション作家として下の
4人の名前がありました。
秋山さやか、加藤泉、鴻池朋子、須田悦弘
この方々は新作か?(まぁ、旧作を使ったインスタレーション
と言う事もあり得ますが、この描き方は)

かなり、行く検討候補になります。

投稿: KIN | 2008/06/21 04:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/41587353

この記事へのトラックバック一覧です: 世代を同じくして生きるアーティスト〜これはただの文字の羅列ではない:

« 星の王子さまミュージアム | トップページ | とても個人的でピンポイントな気になるミニメモ(アート編) »