« CD本 | トップページ | 気になるものメモ、アート編0530 »

アラタニウアラノ、TKG Edition、森美術館、オオタファインアーツなど

今週はなにかやることがあって、なんか落ち着かない。
ブログエントリーがかなり手抜きになってます。
ま、そんな時もありますよ。

読んでない本が沢山あるのに中村航&フジモトマサルの
「終わりは始まり」を買ってしまった。フジモトマサル
さんの絵が好き。「2週間の休暇」はオススメです。

アラタニウラノでART ASPECT TOKYO Vol.2を見たが
配布用は全て無くなってしまったらしい。他の取り上げ
らげられているギャラリーにはまだあるだろうから、どこ
かで手に入れなければ。どこが載っていたっけな?

で、

アラタニウアラノで見た
「Recent Drawing」

TKG Editionで見た
青木良太展

森美で見た
英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展
サスキア・オルドウォーバース
BMW Art Car Collection

オオタファインアーツで見た
サスキア・オルドウォーバース

などのネタを手抜きしながらUP。
 

「Recent Drawing」
加藤泉、小西真奈、小西紀行、梅津庸一、渡辺豪

ARATANIURANO
5月24日から6月28日 日月祝休
Recent_drawings

圧巻は小西紀行さんのNew Tokyo Comtemporariesでエレベータ
横に会った絵を一貫に集めた部分だろうか。
あれは見応えありました。加藤泉さんの絵も相変わらず良い。
また、小西真奈さんの絵は凄くラフなんだけど、このタッチは
もう、私は凄く好き。なんでこの人のタッチがこんなに好き
なんだろうか?
 
 
 
青木良太展
TKG Edition
5月24日から6月7日 日月祝休
Ra_image
 
ショップの中に並ぶ皿や器。驚く程、厚みが薄い!
質感は、ぱっと見は陶器か磁器なんですが、この薄さは木か?
それに表面の質感を出しているのか?と思ってしまったのだが
れっきとした磁器らしい(一部陶器)。こんなに薄いのに丈夫
なんだって。下の写真右にある平らな白い皿があまりに魅力的
だったので・・・買ってしまった。いや、これ良いですよ!
店員さんも使っていてオススメされてしまいました、笑。
郵送にしたので届くのが楽しみだ!
Ra2
 
 

英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展
森美術館
4月25日から7月13日

現代アート好き、の教科書、みたいなものか。
良く判らないのも、凄いってのも、面白いってのも全部含めて
現代美術ってこうなんだ、って物が並んでいる。

ギルバート&ジョージ、リチャード・ロング、リチャード・
ディーコン、アントニー・ゴームリー、ダグラス・ゴードン、
スティーヴ・マックィーン
など蒼々たる名前が並んでいる。

ジリアン・ウェアリングの1時間の映像はさすがに全部は
見る事は出来ず。マークウォリンジャーの2時間超えの映像
も全部見れる訳も無し。
Chn11_rpt1694_r0010808_500
 
ヴォルフガング・ティルマンスはまさにティルマンス展示!
な世界でした。

アニッシュ・カプーアは金沢21世紀にあるものと同じ様な
もの。中が濃いブルーで塗りつぶされていて、影が全く
出ないので、穴なのか、平面なのか全く判らない。
見れば見る程、不思議で吸い込まれてしまう。

マーティン・クリードが私は一番良かった!展示室の照明
がただ付いたり消えたりしているだけでそれを作品と言い
切るもの。もちろん物は何もありません。これをアートと
言い切る、これが現代アートのある特質なのではないかと。
馬鹿にしてるようで大真面目。誰でも出来るけど、それを
やる事が大事。やったもの勝ちな世界。最も現代アート
っぽい作品だと思います。それをどう取るかはそれぞれで。
Chn11_rpt1694_r0010857_300

レイチェル・ホワイトリードの作品はさすがにここに持っ
てくるわけにもいかず、写真と一部の破片のみ。
実物見たかったなぁ。妄想が膨らむ。この人の作品は好き。

デミアン・ハーストの切断された牛の母子は実物を見る事
が出来るとは思わなかった!やはり衝撃度高し。
Chn11_rpt1694_r0010855_500
 
ジェレミー・デラーは音楽好きにはくすぐります。



MAMプロジェクト007:サスキア・オルドウォーバース
森美術館
4月25日から7月13日
Image_02 Image_03

サスキア・オルドウォーバース
オオタファインアーツ
4月25日から5月31日 日月祝休
Saskia
 
森美術館のやつが凄く良かった!SFのCGみたいなんだけ
ど、ミニチュアセットで(多分高速カメラ使ってる?)
妖しく怪しく撮った映像。凄く綺麗で格好良くてイイ!
もう大好きな世界です。良く見たら「あれ?これペット
ボトルか?」みたいな物を凄く綺麗に撮っている。
この人は凄いです。

オオタファインアーツでは新作を出していたが森美の方が
好きだったかな。こちらは少しプリミティヴな映像でした。
一度見て、カウンターの所にあったナレーション原稿を
読んで、もう一度見たのですが(そもそもこの方の話は
簡単に頭に入らない、ので単語だけで隙間を埋める)、
きっと森美の方の作品にあった水や液体的な要素が私は
好きなのかな、と思いましたね。
 
 
 
透明なスピード BMW Art Car Collection
森アーツセンターギャラリー
4月11日から6月8日
Image2

フランクステラ、ロイリキテンシュタイン、A.R.ベンク、
デヴィッドホックニー、ジェニーホルツァーがデザイン
したBMWカーの展示。車好きには良いのではないかと。
青木淳さんの手がけた空間演出は思ったより良かった。
青木さんっぽくはないけど。

|

« CD本 | トップページ | 気になるものメモ、アート編0530 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/41367845

この記事へのトラックバック一覧です: アラタニウアラノ、TKG Edition、森美術館、オオタファインアーツなど:

» 「青木良太 展」 TKG Editions [はろるど・わーど]
TKG Editions(中央区銀座1-22-13 銀座カーサ1階) 「青木良太 展」 5/24-6/7 1978年生まれの陶芸作家、青木良太の新作個展です。薄手の白磁の茶碗が、思いもよらないような多様な表情を見せています。 その端正なフォルムは、ちょうどルーシー・リーの器を連想させるものがありますが、釉薬を巧みに利用して生じた様々な色や紋様は、たとえて言えば色とりどりの衣装を纏った着せ替えの人形を並べて見ているような味わいが感じられました。真っ白な輝きを放つ白磁の美しさはもちろん、プラチ... [続きを読む]

受信: 2008/06/10 21:42

« CD本 | トップページ | 気になるものメモ、アート編0530 »