« 変わったのは実は私〜バウハウス・デッサウ展 | トップページ | 絵本2題、銀座のエリックカールと吉祥寺の五味太郎 »

村田朋泰展「夢がしゃがんでる」

平塚です。私、あちらの方は地元なんですが、それでも気分は
小旅行。

ちなみにこの美術館のロビーにはこいつがドワーンと。
Image999

去年ここでやった三沢厚彦さんのユニコーン!
(ロビーは写真撮影OKです)

Image1078

この間抜けな顔が、もう、LOVEですよ。LOVE。


で、やっぱり村田ワールド!この世界は大好き、基本的に。

村田朋泰展「夢がしゃがんでる」
平塚市美術館
4月12日から5月25日 月休

さて、「基本的に」と先で言ったのには私なりの理由が。

前回(2006年)目黒区美術館でやった村田展、あれはある意味
村田さんの3D(立体もの)映像関連の集大成みたいな面があり
ました。あのジオラマワールドは、好きな人にはたまらない、
そんな世界でした。

前回の村田朋泰展「俺の路・東京モンタージュ」感想
(目黒区美術館)

で、今回は、と言うと、村田さんの2D世界の集大成みたいな、
2Dの世界を立体化させたような展示です。

で、私、村田さんの作品の中では人形アニメ物が好きで好きで
たまらないのです。さらに、平面アニメ物はそれ程でも無かっ
たりして・・・(さかだちくんとか)。
Image1073_2


人形アニメの画像はこの記事でまとめてます。
村田朋泰さんの人形アニメ「檸檬の路」他、予習編


まぁ、って事で、この世界観は凄く好き、でも元になった2D
物が・・・と言う事により、ああ、つまりは、前回の目黒区の
展示の方に軍配が上がる訳です(だって、楽しかったんだもの)。
ああ、あの、目黒区の展示をもう一度見たい!とね。

まぁ、そんな事を言いつつも、好きな物は好きです。
楽しい物は楽しいです。

さて、今回は三ノ函半島を巡ると言う設定。
男の部屋から始まります。男は何らかの理由で旅に出る事を
決めるのでしょうか?
列車に乗り(昔の東海道線カラー)三ノ函へ到着。
旅館で男が思い浮かぶ世界、そしてピンクゲルマ温泉。
Chn20_rpt1611_r1035774

村田さんのちびたチョークのメッセージを挟み街へ繰り出す。
街の景色がまた昭和な感じで。見晴し台には昇りましたか?
見晴し台の双眼鏡で見える物は・・・あれは村田さん?
(会場内にも撮影OKスポットがあります)
Image1076_2


そしてジュークボックス。ええ、押しまくりですよ。


1Fのおみやげ&ゲームゾーンでガチャガチャをする。
2回とも5等(クリアファイル)。チェッ!

Image1077_2

映画館、世界座では村田映像が。
Aプログラム1時間、Bプログラム1時間全部見ると2時間かかります。

上演スケジュール

もちろん全部見ましたともさ。
まぁ、半分位は既に見た事あるのですが。

新作「檸檬の路」もやってます。
Murata26_2


もし、時間がそこまでない場合はAプロ+Bプロ前半(家族デッキ3
まで)にするか、最悪Aプロのみ、と言う手もあるでしょう。
Bプロのみ、だと確実に後悔します!
え?知り合いが事故にあった?急いで帰らなくては行けない?
その場合はしょうがないですね「朱の路」だけ見て行きましょう。
展示の時間をなんとか計算して「朱の路」を見る事出来るように。
スケジュールには所要時間も書いてあるでしょ?
「朱の路」あれは名作ですもの。DVD持っていてもあそこで見る
価値はあります。って言うか見ろ!
Red19_2


この路シリーズ、5部作です。既に4作品出てます。
その中でも「朱の路」は特に素晴らしい。泣けてきます。
最近の藍や檸檬に比べて人形がしっかり動いてるしなぁ。
(最近のはシーン自体が静かと言うのもあるが、でも・・・)

出来れば「睡蓮の人」「オモヒデ」もオススメなんですが。
Suiren19 Memory15


村田朋泰HP


今回の映像には無かった作品がGyaoで見る事出来ます。
GyaoはWindowsしか見る事出来ませんが(登録も必要)。
Main
「空色花色」

|

« 変わったのは実は私〜バウハウス・デッサウ展 | トップページ | 絵本2題、銀座のエリックカールと吉祥寺の五味太郎 »

コメント

連休最終日に行きました!
私は目黒区美術館の個展で村田さんのファンになったので、この展覧会とっても心待ちにしてました。
楽しかったです、ご本人にサイン頂いてきましたよ〜。
映像はきっちり1時間45分見ました。檸檬はあっさりしてるなあと思いました。

投稿: ogawama | 2008/05/11 02:17

週末とか祝日には村田さんが来ていてサインをして
くれるみたいですね。私は会えなかった、残念。
目黒も今回も流れているテイストは同じで良い感じに
ホッとします(それは昭和の世代の人だからかも、笑)。

路シリーズ、だんだんアッサリとして来ている気が・・・。

投稿: KIN | 2008/05/11 10:35

平塚に手作り自然派石鹸教室があるので、もしそれに行けば本展示も行かれそうだなあとも思いますけれど(ついでかよ)、きっと行かれないので、地味に同時開催しているギャラリーMOMOのほうに行ってこようと思う次第。

投稿: nori-o | 2008/05/11 22:45

ついでかい・・・ま、5月25日までって今からだと結構早く終わり
が来るよね。行ったらちゃんと見るのに時間かかるしさ。
MOMOの方は絵だけだと思うけど、さわりだけでも雰囲気を
感じて来てみてくださいな。
DVDは見たければ貸します。1週間レンタル+延滞料金半額
(友人価格)で。

投稿: KIN | 2008/05/11 23:52

はじめまして。
お噂はあちこちで、ちらほらと耳にしておりましたが、
初めてコメント入れさせていただきます。

村田さんの展覧会に行って来ました。
KIN様の記事に上映スケジュールを参考にしつつ
スケジュールを組んで、約時間満喫。
今読み返すと、私もガチャガチャ2回で5等、ジュークボックス
押しまくり。
同じことしてました。

投稿: meme | 2008/05/19 22:34

>memeさま
はじめまして、私の方もお噂は、そしてmemeさんのブログも
見させて頂いた事あります。宜しくお願いします。

ジュークボックスは初め小さな子供が押していたので、後ろ
から微笑みながら、大人の余裕を持ってみていたのですが
その子が居なくなった途端にかじりついてました。

ガチャガチャ、当たらないですねぇ。悔しい!

投稿: kIN | 2008/05/19 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/41128379

この記事へのトラックバック一覧です: 村田朋泰展「夢がしゃがんでる」:

» 村田朋泰展ー夢がしゃがんでいるー(平塚市美術館) [あお!ひー]
平塚市美術館で開催中の村田朋泰展に行ってきました。 アニメーションの作家さんです。 前に新日曜美術館(だったと思う)で見て印象に残りました。 なんか昭和ちっくな感じの映像で面白そうだなあと。 入り口に入ったところに「さかだちくん」なるキャラがいました。 こういうのがあるとお子さんたちも見てみたくなるのでは? さらに受付の前には三沢厚彦さんの「ユニコーン」が2頭も。 去年、開催された三沢厚彦 アニマルズ+はいい内容でした。 さて、今回も期待しちゃいます。 受付でチケットを購入し... [続きを読む]

受信: 2008/05/20 06:53

« 変わったのは実は私〜バウハウス・デッサウ展 | トップページ | 絵本2題、銀座のエリックカールと吉祥寺の五味太郎 »