« 清澄庭園等 | トップページ | 向日葵が微笑みかける〜銀座から新橋あたり、世界遺産展 »

清澄白河〜屋上庭園、大岩オスカール展、その他

たまには前フリを短く(リクエストに応え、いや、誰からもそんな
の来てないが、皆長いと思っているだろう、けど、きっと変わらな
いけど、って既にこの文が長い)。

MOTで屋上庭園と大岩オスカールを見た。面白かったなぁ。特に
大岩オスカール。常設も一通り見て、清澄白河のギャラリー方面
を巡る。展示替え期間中のギャラリーが多く、SHUGOARTSで
やっていたルナ・イスラム展、Taka Ishiiで畠山直哉展の二つしか
見る事が出来なかった。
 

屋上庭園
東京都現代美術館
4月29日から7月6日 月休

MOTでのアート展です。MOTの屋上に登れてそこが庭園になって
いるわけではありません。でもそれも良さそうだよなぁ。
庭園というテーマで切り取られた、今までなかなか公開する機会が
少なかった所蔵品と現代アートを組み合わせた展示、というもの。
つまり、所蔵したけど地味で展示し難いもの一掃展示ですか?

気になったものをメモ程度に。


<グロテスクの庭>
雷神は乾電池?風神はスニーカー履いてるし。コンピューター
ゲームの様なハートやら1UP。あれはメトロポリスのロボット?
レーザーガンやら「ドスッ」やら。細かく見ると楽しい。
Okujyo02


<夜の庭>
加藤太郎さんの木版やスケッチが気に入った。クサビ、ですか?
枯れ葉も綺麗な形の枯れ葉ではない。蝶も好き。


<閉じられた庭>
マティスのラクガ・・・いや、飄々とした軽快なタッチが良い。
フランスのカフェのメニューボードみたい。


<記録された庭>
中林忠良さんの腐蝕過程のエッチングは面白い。地上の物は全て
腐食の過程にある、らしい。確かに私は大人になるにつれて腐敗
してきているぞ。それはともかく、この方の版画は好きだった。


<記憶の中の庭>
デッサンを3Dのモデリングに貼り付けてウォークスルーで映像化?
立体なのにウスッぺら感を敢えて出している。


<天空にひろがる庭>
内海聖史さんの大判な絵画は緑の発色が綺麗で頭を空っぽにして
眺めていられる。そしてそれとは逆に頭の中に入り込んで来そう
なのが「三千世界」。脳下垂体に信号として、このアナログな色
達が乱れ入り込んで来る。素敵な作品。
Okujyo01_2


<庭をつくる>
これ見に行った様なものですが・・・須田悦弘ファンとしては探す
楽しみが無いのは残念。だってぇ一目で分かるんだもの。それも
1点しか置いてないし!ガーベラでした。係員に実は他にどっかに
須田さんの作品置いてあったりし無いですか?と聞いてしまった。
疑り深い須田ファン。係員の方はなんでそんな質問するか良く判っ
てなかったみたい。まぁ、結果、無いと言う事でした・・・。
まぁ、なにはともかく須田さんは一番好きなアーティストです。
Okujyo03




大岩オスカール 夢みる世界
東京都現代美術館
4月29日から7月6日 月休

初めの部屋で良い感じの色あいの絵を描く人だなぁ、とそこでなん
となく気に入る。

次の部屋で・・・クジラっつ!!!
このクジラで心鷲掴みにされてしまいました。

Ooiwa
「エイジアン ドラゴン」

その他の絵も「ハチ公のレントゲン」や「エイジアン ドラゴン」等
どこかユーモアを交え、素敵な発色と、叙情を交えて書かれている
絵ばかり。かなり楽しかったです。現代を切り取る、と言うタイプ
の作家さんですが、この感じは凄く見易いし、頭の良いユーモアが
気分を良くさせてくれる。

ハチ公の部分、シャワーなども良いなぁ(ピンポイントにウケた)。



畠山直哉展「Ciel Tombe」
Taka Ishii Gallery
4月30日から5月23日 日月祝休

Naoya_hatakeyama_2120

畠山さんの写真は私にとっては良い時と悪い時の両極端。
どうも、これは?な時。やっぱり、良いなぁ!な時。
(この差に関しては何かハッキリした基準が無いので、
私にはどうしてそう言う差が出来るのかまだ判ってない)
今回は良かったなぁ!な時でした。

天井の陥没を撮った写真。ただの事件現場の写真であるが悲惨に
見える訳でもないし、自然現象でもない。ただ、そこに人の手が
関わっているうさん臭さもない。何か、そう、ナチュラルに感情
が無く映っている風景のようである。


|

« 清澄庭園等 | トップページ | 向日葵が微笑みかける〜銀座から新橋あたり、世界遺産展 »

コメント

こんばんは。

この二つの展覧会の相性いいですよね。
お互いを邪魔しないというかなんというか。
どちらも肩入れして観てしまいました。

投稿: Tak | 2008/05/15 22:58

>Takさま
このMOTの二つ、全然違うタイプで、でも、くすぐって
くれますよね。何か好きな物が、どこかに見つかる!
でしょう?って感じでした。パッと見、地味なイメージ
なのですが、でも、ちゃんと拾ってくれてる的な。

投稿: KIN | 2008/05/16 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/41174152

この記事へのトラックバック一覧です: 清澄白河〜屋上庭園、大岩オスカール展、その他:

» ガンを消すなら『免疫療法』 [ガンから慢性病まで!!]
現在、末期ガンと闘っている方。 何をやっても治らない不定愁訴から慢性病をお持ちの方。 病気が治せる健康食品をお探しの方は、弊社のホームページを覗いて見てください。 [続きを読む]

受信: 2008/05/13 13:46

» 「大岩オスカール 夢みる世界」 [弐代目・青い日記帳 ]
東京都現代美術館で開催中の 「大岩オスカール 夢みる世界」展に行って来ました。 注:写真撮影、掲載許可を得ています。 4月29日から始まった展覧会。同時開催の「屋上庭園」同様、前日に行われたプレスツアーに参加させていただきました。 大岩オスカールさんを知ったのは「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2000」松代町の田圃や山の斜面に、赤い「かかし」を展示。「偉い人」だけ立派な銅像が作られるのは変じゃない?という発想から作られた作品。夏の緑眩しい山や田圃に真っ赤な「一... [続きを読む]

受信: 2008/05/15 22:58

« 清澄庭園等 | トップページ | 向日葵が微笑みかける〜銀座から新橋あたり、世界遺産展 »