« 加賀へ、其の参:ひがし茶屋街、主計町茶屋街(街歩き編1、建築編1、庭園編1) | トップページ | 加賀へ、其の伍:長町武家屋敷跡(街歩き編2、建築編2、庭園編2) »

加賀へ、其の四:ジェームズ・タレル「Blue Planet Sky」(アート編2)

空の色・・・
Image1409_2
 
さて、本来の目当ては別にあったのだが、それが見る事が出来ない
と言うショックを受けた私は、タレルの部屋に注力したのです。
一人ナイトプログラム開催!
空の色が変わる、変わる。やっぱりイイ!やっぱり凄い!
 

ジェームズ・タレルのブルー プラネット スカイ。
金沢21世紀美術館、無料スペースにあるこの部屋は天井に四角い
穴が空いていて、そこから空を眺める、と言うだけの物。
これの何がアート?と思う人もいるでしょう。だって天井に穴が
空いてるだけ、ですもの。本当に。そこにはただ空があるだけ、
と言うなんかの詩みたいな、ただただそれだけのもの。

Image1419_2

一度騙されたと思って体感して見て下さい。これがアートか、と
言うよりも、アートかどうかなんて関係なく、イイなぁ、好きだ
なぁ、この空間と思ってくれればそれでイイ。

オノヨーコが言った言葉
「空の美しさにかなうアートなんてあるだろうか?」

厳密に言うと空の広がりを区切ってしまうタレルの部屋は、この
言葉の逆転位みたいなものかもしれません。区切る事によりその
美しさを際立たせている。そう言う意味ではこの言葉に対しての
挑戦かもしれないし、最も近い所に居るのかもしれない。


タレルのこのシリーズは他に
・直島の地中美術館にある「オープン・スカイ」
・新潟の光の館にある「Outside in」
でも同じ様な体験が出来ます。金沢のは壁の色が変わらないんだ
よなぁ。私は直島のは体感済み、ですがナイトプログラムを経験
していないので、未だ壁の色が変わるのを見ていない・・・。

私は金沢に入ってまず昼頃に見に行き、その後、夕方に美術館に
再来。もちろんこれから日が沈むまでのこの部屋を体験する為に
夕方を狙って来たのです。
日没時が一番色が変わる時間。これを体験しないと勿体ない。

昼頃
Image1210

夕方
Image1306

夕方ある程度の時間から壁の間接照明が灯ります。
Image1324 Image1330

Image1331 Image1335

Image1338 Image1343

夜(21時頃再々来館)
Image1351


もう一回並べてみる!
Image1211_2

Image1334

Image1337

Image1341

Image1350


次の日の昼(しつこく行った)
Image1412

Image1420_2


太陽のフレア
Image1413

Image1424_2


こちらの部屋は無料スペースなので夜10時までやってます。


この部屋本当にゆったりとボーッと出来ます。
昼に来たときは何も無くても10分位は。夕方の日没時間は30分
以上居たでしょうかね。少し持て余すときは本など読んだり。
時間が流れて行くのが色で判る体験。普段目にしている空が、
どんな風に変わって行くのか、注目した事等あまり無いから、
それに気付かせてくれると言うのが、本当に素敵な時間だ。
タレルの作品は光をテーマにしている物が多いが、私は光を
媒体として、時間の流れを感じる作品が多いと思う。


|

« 加賀へ、其の参:ひがし茶屋街、主計町茶屋街(街歩き編1、建築編1、庭園編1) | トップページ | 加賀へ、其の伍:長町武家屋敷跡(街歩き編2、建築編2、庭園編2) »

コメント

ほんとにこの部屋はいいですねぇ
今度行ったら、一人ナイトプログラム開催してみます(笑)
友人が行ったときは、須田作品が二点あって、でも一点はとうとう何処にあるかわからなかったそうですよ。

投稿: marco | 2008/05/24 23:19

一人ナイトプログラム良いですよ〜。
壁の色も変えちゃおうかと思ったもん(無理!)。

須田作品が2点だと〜。そんな悔しがらせないでよ〜。
きっと有料ゾーンに薔薇、無料ゾーンに雑草を飾って
いた時かなぁ。

ガラスの壁沿いに雑草を飾っていたときもあったよう
です(ショップの人に聞きました)。
自分で見てないのに情報だけは集まるのが悔しい!

投稿: KIN | 2008/05/24 23:33

こんばんは。

素晴らしい記事ですね!!
言葉ではタレルの良さ中々
伝えられませんからね。

定点観測撮影おみごと!

投稿: Tak | 2008/05/25 00:40

>Takさま
お誉め頂き、日没まで粘った甲斐がありました。

改めて見ると、空ってこんなに色が変わっていたんだ!
って思わされますよね。タレルさんに気付かされる・・・

投稿: KIN | 2008/05/25 00:56

こんにちは。
光の館はお風呂に入りながらタレル作品が観られる(体験できる?)んですよね。
居間から見上げる空も良かったです。
松之山のコンペ説明会(手塚さんのキョロロのやつ)の帰りに、カメラを抱えてお風呂に大挙襲来する変な人たち。。。

投稿: mizdesign | 2008/05/27 13:17

>mizさま
光の館、タレルのお風呂、体験出来るみたいですねぇ。
あそこだけ行った事無いんですよ〜。

お風呂にカメラ持って来る人たち・・・笑、建築とかアート
ファン・関連者って行動が変だからすぐ判りますよね。
光館はそう言う客層がほとんどだろうからまだ良いけど
プラダ青山が出来たばかりの頃は絶対にプラダの服など
買いそうにも無い人が沢山来て、壁や床を見つめている
・・・(含む私)

投稿: KIN | 2008/05/27 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/41306849

この記事へのトラックバック一覧です: 加賀へ、其の四:ジェームズ・タレル「Blue Planet Sky」(アート編2):

« 加賀へ、其の参:ひがし茶屋街、主計町茶屋街(街歩き編1、建築編1、庭園編1) | トップページ | 加賀へ、其の伍:長町武家屋敷跡(街歩き編2、建築編2、庭園編2) »