« 村田朋泰展「夢がしゃがんでる」 | トップページ | 清澄庭園等 »

絵本2題、銀座のエリックカールと吉祥寺の五味太郎

えー、今少し酔い気味です。家で、一人で。今日の献立は鶏肉と
キムチと春キャベツ炒めをメインに、ジャガイモ茹でwith塩辛。
あ、塩辛と言えば、某ブログで見たチーズ酒盗和え、が気になっ
たので、チーズ塩辛和えと言う物を作ってみる。1杯目はビール
ですが、このメニューは日本酒でしょう、と久々に家で日本酒。
ジャガイモに塩辛を乗せたり、塩辛チーズ和えを乗せたり、と
良い感じで酔ってます。適当に一人で気持ちいい感じです。

以下は一応、酔う前に描いていたので大丈夫だと思うけど。

私の家に遊びに来た事ある知り合いは知ってると思いますが、私は
絵本が好きです(と、嫌らしく、純真な少年心を持つ大人アピール
をしてみる)。

持っている絵本はロバート・サブダ、エドワード・ゴーリー、
ユーリ・ノルシュテイン、武井武雄、駒形克己、茂田井武、
ブルーノ・ムナーリ等。

あまりにも有名すぎると、他の人も持ってるからいいや、的な
うがった見方をしてしまうので、なんであれ持っていない?と
言う絵本は山ほどあったりするのですが・・・。

そんな有名過ぎて買うのを控えていた作家さんの展覧会を2つ
立て続けに見に行く事に。
GW中の自分キラキラ復活計画第2弾。

行ったのは
エリックカール展、銀座松屋
五味太郎展、吉祥寺美術館
 
 

絵本の魔術師 エリック・カール展
銀座松屋8階大催事場
4月29日から5月12日

こちらはTakさんの記事を見て行ってきました。

エリックカールさんは仕掛け絵本好きな人には知らない人は
居ないだろう!って位の有名作「はらぺこあおむし」の作家。
03


で、知らなかった。すいません、カールさん、今までちゃん
と私はこの作品を見てなかったのですね(いや見ていたのに
気がつかなかった)。
これ、あおむしを書いているのではないのです。
じゃあ、なんなんだ、と言うと、「切り絵」なのです。

色の付いたティッシュー(カラートレペみたいなもの?)に
画材で模様や色をつける。それを切り貼りして作ったのが
エリックカールさんの絵本達。

こちらも引用ですがこんな作り方
カールさんの絵の描き方

これ、もちろん、今ではパソコン上で簡単に出来ます。
後で模様や形を変える事も出来ます。
しかし、やはりアナログでやった物には勝てないのです。
あの質感はパソコンでは出ません。それっぽいもの、で
終わってしまいます。

あれを一つ一つ、それもニコニコとやってるカールさん、
絵本が好きなんだな、子供が好きなんだな、と思わずには
いられません。

展示も映像をうまく使ったりして楽しめた。
(でも、あの仕掛けに幾ら使っているか等と計算してしま
うところが、すれている私)
この方の絵本は「パパ、お月さまとって!」も良いです。
パパ、お月さまとって!
9784033282800


エリックカールさんが最後の映像で子供達に言っていた
メッセージ(うろ覚え)「図画の時間で塗り絵をする時に
絵からはみ出して塗っても良いんだよ。奇麗に納める必要
はないんだよ。楽しい物は遊びから生まれてくるんだから、
楽しんで下さい」ってのがズキーンと来ました。

あやうく、エリックカール作品を買う所だった。
ここは我慢我慢。
私のコレクション魂が爆発する前に会場を後にする。
Image1071

 
 
  

五味太郎作品展「絵本の時間」
武蔵野市立吉祥寺美術館
4月1日から6月11日

そして、こちらも子供に人気、五味太郎さん。

前期(4月1日から5月7日)の展示を見ました。
出ている作品は「まどから おくりもの」「ももたろう」
「みんなうんち」「ねえ おはなししてよ」「ぽぽぽぽぽ」

ちなみに後期(5月9日から6月11日)は総入れ替え展示で
「あそぼうよ」「がいこつさん」「みんながおしえてくれ
ました」「ことわざ絵本」「かかかかか」


前期の方がオススメかな(終わっちゃったけど)。

いやー、五味さん、子供に人気の理由が判りますよ。

出来が凄く良いのが仕掛け絵本「まどから おくりもの」。
窓が開いている仕掛けがあるのですが、窓からネズミを
見つけて、ネズミの為の贈り物をするサンタクロース。
あれはシマウマ、と思ってシマウマの為のプレゼントを
窓から放り込むが、実は・・・でも最後は皆プレゼント
を悦んで・・・と言う物。
Tori


列車の絵本「ぽぽぽぽぽ」もイイ。説明等は何も無い絵本。
列車が走っている絵に「ぽぽぽぽぽ」と言う文字が入って
いるだけ。駅に入って来る時は「すすすすす さささささ」。
Po_2

展示の横でお母さんが子供にこの本を読んであげている。
母「ぽぽぽぽぽ」
子供「ぽぽぽぽぽ」
良いなぁ、この風景!


ビデオで五味さんのことばに関する絵本を上映。
画面に「あ」と出る。それを子供が見て「あ」と言う。
大人達はそれを見ているだけでですが、子供達はそれを見て
「あー」とか「あかー」とか声を出している。
画面に張り付きながら。誰も、それで「画面が見えない!」
などと怒る人もいない。これでいいんだよなぁ、とシミジミ。
子供の素直な気持ちって、本当に真っすぐでイイ。
ちょっと、自分の荒んだ気持ちを見つめて「これじゃ駄目だ」
と思いましたよ。


で、こちらはなんと、入場料が100円!
って言うか、それ、ほとんどタダみたいなものじゃない。
じゃあ、タダにしてよ、とは言わないが。
もちろん展示自体は松屋のエリックカールに比較出来る物
ではありません。簡単な展示です。
なので、よっぽどのファンでない限りわざわざ行くと言う
よりも何かのついで、吉祥寺に買い物がてら、って感じで
良いでしょう。だって100円だもの。
でも、ついでがあったら是非のぞいてみてほしい物ですね。

ちなみにここのロビーにはこんな椅子が
Image1072_2
リートフェルトの椅子!(バウハウス展を参照!)

私は五味太郎作品を買うのは我慢した物の(ここでも、
コレクション魂がうずいていけなかった)その後に食材を
買い込むと言う羽目に。折角吉祥寺に行ったので、って
買う必要も無いじゃない!生ハム切り落とし、岩塩、
カレー、キャンベルスープ等をKALDIで購入。
※食べようと思っていたまめ蔵のカレーは時間が中途半端
 で断念。
 
 
 


最後にオススメ絵本
 
<仕掛け絵本編>
「不思議の国のアリス」ロバート・サブダ(絵)
 515cy205snl_sl500_aa240_
 仕掛け絵本で少し前から話題の人となってるサブダさん。
 その中でもこのアリスは特に圧巻です。もう、びっくり
 するしかない。これは見た人全てが驚愕間違い無し。
  15card_2
 以前こちらに記事書きました。
 不思議な国でのアリスの冒険


「きりのなかのサーカス」ブルーノ・ムナーリ
 Circus_0m
 この完成度の高さ。美しすぎる。


「なみだ」駒形克己
 Namidahyoushi250
 不要な物を削ぎ取ったシンプルな美しさ。この方の作品
 には無駄な物が無い。


「どんなにきみがすきだかあててごらん」アニタ・ジェラーム(絵)

 51xt7wg3rel_sl500_aa240_
 これは本屋さんには通常版、つまり仕掛け絵本でない方が
 置いてある事が多い。ただ、この仕掛け絵本版が良く出来
 ているのですよ。


<普通の絵本編>
「九月姫とウグイス」武井武雄(絵)
 9gatuhime
 もう、この人のおかげで私が絵本に心酔してしまうことに
 なった、と言っても間違いないです。この方の作品はどれ
 も素晴らしいので、一つ選ぶのは難しいのですが、敢えて
 これを載せておきます(これはお話はモーム)。
 私が持っているのは旧刊物ですが、新しいのも出てる。


「いとしのロベルタ」佐々木マキ
 Roberuta
 メジャーな物はあまり持っていないと言いながらこの方の
 は持っていると言う矛盾がありますが、このナンセンスな
 世界はやはり必要なんです!


「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」ティム・バートン
 61g5b911bhl_sl500_aa240_
 あの映画の絵本版。ティムの少しブラックな絵をマイルド
 に仕立ててます。


「きりのなかの はりねずみ」ユーリ・ノルシュテイン
 51dfzbyfadl_sl500_aa240_
 この絵本はある意味バイブル。もちろん切り絵アニメ版も
 最高なんですが、絵本版も素晴らしい。


Grimm: The Illustrated Fairy Tales of the Brothers Grimm
 Cover
 色々なアーティストが挿絵を描いている本。凄く出来が
 良いです。
 参加アーティスとや内容は以下を参照
 SHIFT、グリム童話

 
 
 
その他の掘り出し物(古本屋では絵本を探してしまう)

「宮沢賢治童話集1」
Miyazawa1_thumb
宮沢賢治の話に武井武雄の絵、そしてさらには朗読の入った
レコード付き(宇野重吉、米倉斉加年)と言う最強版。
古本屋で発見(でも家で今レコード再生が出来ない)。


「ぼくがとぶ」
41zvcnwrl_sl500_aa240_
佐々木マキさんの本ですがこれ新刊ではもう無いはず。
古本屋で購入。

 
 
 
他にもオススメはあるのですが、取りあえずこの程度で。
※アート系だと奈良さんや大竹さんの絵本もあったり・・・。
定番100万回生きたねことか。イジィトルンカの絵本、
たくさんのお月さま、たわごと師たち、など。
アリスや宮沢賢治の絵本で絵が良い物とか、ムーミン物
の仕掛け絵本もあるし。ゴーリーも候補上げたいし。
アーティスっぽい奴だとthe silent bookやグリム童話
アーティストブックとか。
あ、茂田井さん上げてない、金井田さんのもイイし。
まぁ、きりがない。

|

« 村田朋泰展「夢がしゃがんでる」 | トップページ | 清澄庭園等 »

コメント

アリスの仕掛け絵本、長いこと欲しい欲しい言っていたら、去年の誕生日に友人がくれました。ほんとにこれはスゴイ!
日本語バージョン、出てるのね・・・。
知らなかったもので、今年のお年玉として姪っ子に「オズの魔法使い」(日本語版)をあげました。
アリスがあるならアリスをあげたかったなー(私が持ってるのは英語版)。

投稿: ヨウ | 2008/05/09 09:47

>ヨウさま

アリスも日本語版出てますよ!
まぁ、私が持っているのも英語版ですが(買ったのは
日本語版なんか出てなかった時だったので)。
男の子だったらダイナソーシリーズも良いですけどね。
でも、サブダさんの絵本って、子供が触ると壊されそう
って心配がつきまとうんだよねぇ、笑。
もう、凄い、としか言えない絵本ですよね、これは。

投稿: KIN | 2008/05/09 10:49

アリス好きとしては、長年“欲しい”と思っている本ですが、これ買ったら他もじゃんじゃん買ってしまいそうで、まだ買えてません。
昨年末、甥っ子へのクリスマスプレゼントに乗り物がたくさん出てくるやつをあげようかと思いましたが、結局、洋服にしてしまったのは“壊されるかも”と心配になったから。
五味さんのはあげたことありますけど、選んでいるうちに自分で欲しくなってくるんでこまります(笑)

投稿: marco | 2008/05/09 13:29

>でも、サブダさんの絵本って、子供が触ると壊されそう
>って心配がつきまとうんだよねぇ、笑。

確かにー。ちょっと迷ったんだけど。
「大事に開け閉めしないと、壊れちゃう」ということもわかってほしいなーと思って。
ちゃんとその説明を聞いてはくれたけど(現在4ちゃいです)、
実際はもう壊れ始めてたりして。笑

投稿: ヨウ | 2008/05/09 14:18

>marcoさま
私もサブダさんの他の奴買いたいと思ってますが
アリスだけにとどめております。でも、結局アリスが
一番出来が良いとは思いますが。
なので、買っちゃいなさいよ〜笑。

まぁ、壊されたら壊されたでそれも教育です。
自分のが壊されると怒るけど!

五味さんも欲しいですが、そしたら長新太さんとか
どんどん広がって行きそうで、メジャー系は少し
我慢してます。

投稿: KIN | 2008/05/09 21:48

>ヨウさま
4歳なら少しは判って来てるかな。
この本が面白いとか、良い、とか判ってるようだったら
壊してしまって勿体ない、と思うのも教育ですからね。
大事な物でも壊れる、と言う事を教えてあげましょう!
あまり歳がいってないと、面白いも、勿体ない、も判ら
ないから、無駄になっちゃうけど。

もちろん自分のが壊されるのは嫌です!

投稿: KIN | 2008/05/09 21:51

スペインの餞別で頂いた駒形さんの「なみだ」は今でも大事にとってあります(でもshibako姉からハンカチまだもらってないけどね爆)。昨日パンを買いに銀座松屋に行ってカールさんの展示会をやってること知りました(でも昼休みだったので時間がなかった)。

五味さんは擬態語たまりませんね、あれだけできゃっきゃっ笑っちゃう赤子は何万人といるでしょう。ちなむと家人は五味太郎の「日本語擬態語辞典」で勉強しています。すれすれ。ぎりぎり。ぎすぎす。

九月姫とウグイス、はじめて知りましたが表紙が痺れますね。

投稿: nori-o | 2008/05/10 12:56

>のりおさま
駒形さんの本はとにかくシンプルでイイのです。
ハンカチの変わりのなみだですから。
なみだが落ちるのは、ハンカチが無いから、
拭けないからなのです(誰が気の利いた事言え
って?)。

カールさんのは結構好きなら是非、と言いたい
所ですが少し見学料が高いです。

五味さんは楽しいね。あれで日本語覚えるのは
良いですが、それで満足してしまいそうです。

九月姫とウグイス、って言うか武井武雄さんの絵
は、もう、すんばらしいです。
http://www.ilf.jp/takei/
ここら辺、チェックしてみて下さい。いや、見ろ!
もちろん当家にも幾つか実物あります。
延滞料金半額で貸し出します。

投稿: KIN | 2008/05/10 18:41

 武井武雄さんの描く『漫画』に陶酔するひとりです。
 「赤のっぽ青のっぽ」の脱力感が堪らないです。
 のほほんと楽しいんだけど、どこか哀愁漂うのです。
 武井さんの描く世界は、まさに<日本ではないどこかよその国>つまり<異国>ですね。

 あ〜、この日記のおかげで封印していた絵本収集欲が一気に溢れ出てきちゃいました。
 (実はワタクシ、前職が書店員で児童書担当だったのです★)

 やっぱり、そのうち是非とも飲みましょう!
 酒の肴は児童書とガンダムで(笑)
 
 
 

投稿: ナラブーシカ | 2008/05/27 02:23

武井武雄さんは本当に色々な才能があるよなぁ。
挿絵も良いし、お話もラムラム王みたいなシュール
なのも良いしね。漫画もハツメイハッチャンも良いね。
武井さんのおとぎの国のリアルなお話好きなんです。

絵本&ガンダムって、魚のマリネと魚の粕漬け一緒
にツマミにして飲むみたいだぞ、笑。

投稿: KIN | 2008/05/27 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/41138192

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本2題、銀座のエリックカールと吉祥寺の五味太郎:

« 村田朋泰展「夢がしゃがんでる」 | トップページ | 清澄庭園等 »