« 加賀へ、其の弐:ロン・ミュエック展(アート編1) | トップページ | 加賀へ、其の四:ジェームズ・タレル「Blue Planet Sky」(アート編2) »

加賀へ、其の参:ひがし茶屋街、主計町茶屋街(街歩き編1、建築編1、庭園編1)

古き花街らしい風格の残る町並みが金沢には残っている。
ひがし茶屋街、にし茶屋街、主計町茶屋街の3つがある。

Image1138

そのうち、ひがし茶屋街を覗いて来た。あと、泊まった旅館が
こちらも古い町並みの残る主計町だったので、それもUP。

<ひがし茶屋街>
あっという間に通り抜けられるくらいの短い通りなのだが、昔
ながらの町屋の雰囲気が残る通り。
Image1375 Image1372

Image1393


幾つかの町屋の中は中も覗ける。
Image1369 Image1366


また、町屋をのそのまま保存し有料公開をしている所が2軒程
あり、両方とも覗いてきました。

一つは「志摩」。こちらは国の重要文化財で昔のままの町屋を
そのまま資料館にしたと言った所。
(写真撮影可だったのに写真撮って来なかったよ!)

もう一つは「懐華楼」。こちらは市の指定保存建造物。
こちらがまた面白い!昔の趣きをそのままに現代、近代の文化
を取り入れながら修復したというもの。

入り口でイキナリ朱塗りの階段ですよ!
Image1399

部屋の中はモダンな絵が書いてある襖など。
Image1379 Image1385

襖はどれも何かしら凝っていて趣きあり。
Image1394 Image1384

古い作りを残し、生かしながらもモダンに。
Image1390 Image1380

何この畳!素敵すぎる!
Image1381 Image1396

ガラス(水晶)を使った坪庭・・・現代アートだ。
Image1387 Image1397

とまぁ、ウッキャウッキャ言いたくなる程、楽しく見学。

あ、この季節、ツバメの季節ですね。
なんか、軒下にツバメの巣があるっての最近見てないなぁ。
こういう季節感を肌で感じる事がどんどん減って来ているなぁ。
Image1404


人だかりが出来ている、と思ったら偉そうに猫が寝そべって
いて、撮影大会になってる。それを、また、撮影する私。
Image1289


町外れにはちょいと時代が違う、でも良い感じの建物等。
Image1291 Image1290


<主計町茶屋街>
こちらはひがし茶屋街に近い川沿いの町家街。
Image1127 Image1128

ちょっと横に入るとこんな小径を猫が案内してくれたり、
思わずそちらに行きたくなる様な階段を発見したり。
Image1132 Image1140

こう言う街には川が似合うんだよなぁ。水面の反射が橋の
下に映っている。
Image1145 Image1297

途中にあった日本庭園。
Image1143 Image1144

今回宿泊したのが町屋を改装した旅館「木津屋」。
温泉とか高級旅館ではないので、特別なサービスは無いが
1泊5000円前後でこの趣きの中に泊まる事が出来るのは
驚きですよ。それも一人宿泊OK(繁忙期は別らしいが)。
今回宿泊費は押さえるつもりだったので、それでこの建物
に泊まる事が出来たのは良かったな。
Image1141 Image1293

館内もちゃんと町屋風。
Image1356 Image1357

一人旅だったので食事は無しでしたが2軒隣の居酒屋で夜は
加賀の日本酒と魚。カウンターでそこのおかみさんと話しま
したが、こう言う家屋は若い人は憧れだけでイイ、イイと
言うけど、日本家屋って冬は寒いし、住むと大変なの、と
言ってました。でも、まんざらじゃない感じでしたが。
金沢の街が美術館が出来て若い人が来る様になって変わった
とか、タレルの部屋で空を眺めていたら飛行機雲を見て、
映像じゃないか?と思ったとか、昼も営業しようか?でも、
自分で昼も夜も見るのは大変だから若い人(娘さん?)に
まかせよう、とかそんな話をしてました。

この「空海」と言う居酒屋はちょっと前まで別の所で営業を
したいたようですが、この主計町に移って来て3月にオープン
したようです。料理も良かったし、雰囲気も町屋のままで
凄く良い感じ。

居酒屋「空海」

|

« 加賀へ、其の弐:ロン・ミュエック展(アート編1) | トップページ | 加賀へ、其の四:ジェームズ・タレル「Blue Planet Sky」(アート編2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加賀へ、其の参:ひがし茶屋街、主計町茶屋街(街歩き編1、建築編1、庭園編1):

« 加賀へ、其の弐:ロン・ミュエック展(アート編1) | トップページ | 加賀へ、其の四:ジェームズ・タレル「Blue Planet Sky」(アート編2) »