« 君に伝えたい、僕は応えたい〜銀座ところどころ、壱 | トップページ | 君にキラメキを、僕はトキメキを〜銀座ところどころ、参 »

君を思い出す、僕は妄想する〜銀座ところどころ、弐

銀座で見たもの、中編。
ggg(前編)
資生堂ギャラリー(中編)
スワロフスキー銀座(後編)

でもって前からの続き。gggの後には資生堂ギャラリーに。
実際はこの日のメインの目的。あ、いつものコースですが
ここの前に月光荘を覗いたりしてますが。ポストカードが
良いんだな。

で、ほとんど塩田千春について。

椿会展 2008 「Trans-Figurative」
塩田千春、袴田京太郎、丸山直文、やなぎみわ

SHISEIDO GALLERY
4月10日から6月15日

丸山さんの作品は2点。丸山さんらしい色使い、ですが、他の
作家さんに比べて数量的に目立たないか?
01


やなぎみわさんは階段の所に寓話シリーズが単独であるので、
まずそれが目につく。まさにやなぎさん、と言う作品。
そしてギャラリーの中には2点しか無いのだが、その2点が対に
なっている事で印象が強かったですね。
02


そして袴田さん。私は袴田さんの作品を見るのは多分初めてだと
思うのですが、印象強かったです。積層のアクリルを使った彫刻、
なのですが、一体どこに繋がってんだよ!と突っ込みたくなる様
な、こんな作品。
03
寝そべっていたの(自分と自分)もそうなんだけど、かたどった
のかな?と言う感じの同じ形の彫刻がアクリルで並んでます。
でも色違い。アクリルが積層な分、とにかく変なんです。変なん
ですって形容はアートに相応しくないけど、感じた感想は変なん
です!なんです。


そしてやはり私にとって圧巻は塩田千春さん。
去年、新生椿会発足だ!と騒ぎながら結局、椿会展に行かずじま
いだったのは塩田さんが出てないから、それだけ。
ここが無料展示で、仕事ついでに寄れて、名前も知ってるような
人が参加してても、塩田さんが出ていると出てないとでは、私の
モチベーションが全く違います。
そもそも、塩田さんの作品を・・・と語りだすと、長くなるので、
それは別機会として。今回の塩田さんの作品もとても好きです。
04
基本はフレームの中に黒い糸が張り巡らされると言う、塩田さん
の小品作品タイプ(もちろん空間インスタレーション時モチーフ
とも同化してるが)と同じなのですが、真っ白く塗ったドレス、
カバン、などが時間が止まったように固められています。まるで、
この服を着た、このカバンを使った、その時間をこのフレームの
中に閉じ込めたような。その閉じ込めた物が思い出なのか、悪夢
なのか、希望なのか、それが色々と想像出来てしまう、このヒリ
ヒリとした緊張感。こんな一部の展示だけなのに妄想させられて
しまう私です。もう、塩田さんならでは展示。もう、この会場を
全部使ってやってよ!位ですよ(それじゃ椿会にならないです)。
多分、ここまでの思い入れは他の方には無いかと思いますが、
塩田さんの大阪の国立国際美術館での個展はきっと必見です。


|

« 君に伝えたい、僕は応えたい〜銀座ところどころ、壱 | トップページ | 君にキラメキを、僕はトキメキを〜銀座ところどころ、参 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/40891206

この記事へのトラックバック一覧です: 君を思い出す、僕は妄想する〜銀座ところどころ、弐:

» エコバッグ [エコバッグ]
また来ます!私のサイトにも遊びに来てみて下さい。 [続きを読む]

受信: 2008/04/26 11:32

« 君に伝えたい、僕は応えたい〜銀座ところどころ、壱 | トップページ | 君にキラメキを、僕はトキメキを〜銀座ところどころ、参 »