« 恋をして淋しくて届かぬ想いを暖めていた | トップページ | 見えそなとこでハラハラ、あなたのために蝶になって »

庭に出て月あかりであたたかい夜に〜森美と原美

サマソニ日程発表、ポールウェラーとジザメリが別れた。
これでは楽しみ半減。フジロックの日程の様子見だ。
イアン・ブラウンとマイブラは別れそうだなぁ。

プリッカー賞がジャンヌーベルか。まぁ、妥当と言うか今更
と言うか。

今日の献立内容は自分的に凄く満足。好きな物の塊飯。
ブリと銀ダラが安めだったので(そうは言いつつも贅沢品で
はあるが・・・)ブリのアッサリ照り煮と銀ダラの味噌焼き。
昨日水菜話をしていたので水菜が食べたくなり水菜のおひたし。
めかぶ納豆ご飯で、もう完璧!好きな物ばかり自分LOVE的な。
Image993

ブリは出汁、味醂、酒、生姜で煮て途中で酢、出汁醤油加え、
照り煮風味付けなのだが比較的アッサリと仕上げる。
銀ダラは味噌塗って焼いたので焦げ付きはしたが、中は魚の油
がタップリ!水菜はブリを煮た(生姜、醤油を加える前)の汁
にごま油、ポン酢、からしを入れてあえる(先日某所で知った
レシピですが)。もう、自然に顔がほころぶ自画自賛な献立。


で、森美、原美に行ってきました。

アートは心のためにある:UBSアートコレクション
森美術館
2月2日から4月6日
イメージは会社のオフィス空間に飾るアートらしい。
置いてある家具などもオフィスっぽい感じでデコレート。
でも、なんか、ただ家具が置いてあるって位の物でしたが。
もうちょっと造形凝っても良いのでは?
コルビジェ展くらいまで作り込んでくれ、とは言わないですから。

シュテファン・バルケンホールのあるオフィスなんて良いですね。
イ・ブルのあるオフィスも働いてみたい!
リキテンスタインやウォーホール、バスキア等はもはや定石か。
ゲルハルト・リヒターも良い。
シンディ・シャーマンと森村泰昌が両方有るのも良いな。
日本人作家ではアラーキーの「さっちん」や杉本博司、畠山直哉
さんなどの作品などが。

気になったのは、チャック・クロースやキキ・スミス、ジョン・
バルデッサリなど。トーマス・ルフの写真も良かった。
Ubs2

Ubs1
デミアン・ハーストもあの絵画ならオフィスに置ける。

オスカル・ムニョスの角砂糖は凄い!日当りの良い所には置けな
さそうな作品ですが。ムニョスさんは映像も素晴らしかった。
これには見入ってしまいましたよ。石の面に水でシミを作って人
の顔をかく。それが乾いて行って消えて行く、と言う物。
面白いなぁ、と思って見ていて、作家名を見てみたらさっきの
角砂糖の作家さんと同じではないか。
もう、ムニョスさんにやられました。
Munoz_2


最後の部屋の森美術館コレクションも良かったです。
特に目を引いたのはユ・スンホ「多多」。
これは凄かったです。点描なのですがその1点1点が「タ」と言う
字になっている!圧巻です。他にも山口晃さんなどの作品も有り。

原美術館コレクション展
原美術館
3月1日から6月1日
こちらは原美術館おなじみの作家さんが勢揃い。
杉本博司から始まりアラーキー、奈良美智、ナム・ジュン・パイク、
森村泰昌、やなぎみわ、草間彌生などなど。

気になったのはアドリアナ・ヴァレジョン、加藤泉さんなど。
Hara2
名和晃平さんの作品がサンルームにあるのが元々そこにあつらえた
か、の様で良かった。
Hara1


最後にはカフェでゆったり。ジンジャエールを飲みながら庭で鳴い
ているシジュウカラの囀を聞く。春ですね。
まぁ、ここ数日は寒くなりましたが。
Image971_2


|

« 恋をして淋しくて届かぬ想いを暖めていた | トップページ | 見えそなとこでハラハラ、あなたのために蝶になって »

コメント

名和さん好きー。どこ行こうか決めるのにKINさんのブログで決めとる。ありがとうございます。

投稿: 女子部手帖 | 2008/04/03 11:04

おっ、女子部さんが名和さんに反応ですか!
名和さんの作品の中でもあのシリーズは特に好きです。
拙ブログ見て頂き感謝です。

投稿: KIN | 2008/04/03 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/40711944

この記事へのトラックバック一覧です: 庭に出て月あかりであたたかい夜に〜森美と原美:

» 「アートは心のためにある」展 [弐代目・青い日記帳 ]
森美術館で開催中の 「アートは心のためにある:UBSアートコレクションより」展に行って来ました。 昨日の記事で4月25日から森美術館で始まる「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」のことについて書いている途中、今開催中の「アートは心のためにある:UBSアートコレクションより」の記事のリンクを貼ろうと探したところ何とまだ記事自体を書いていないことが判明。 ということで、慌てて書きます。 2月2日から始まったこの展覧会。二度ほど会場へ足を運びました。一度目は、2月9日に行われ... [続きを読む]

受信: 2008/04/05 14:48

» 「アートは心のためにある:UBSアートコレクションより」 森美術館 [はろるど・わーど]
森美術館(港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階) 「アートは心のためにある:UBSアートコレクションより」 2/2-4/6 森美へ行くのは何故かいつも会期末になってしまいます。先日、巨額赤字を計上して話題ともなったスイスの総合金融機関、UBSの現代アートコレクションを概観する展覧会です。 構成は以下の通りです。(The UBS Art Collection) 1「ポートレイトから身体まで」  現代アートにおけるポートレート。バルケンホール、リキテンスタイン、森村泰昌、杉本博司... [続きを読む]

受信: 2008/04/06 19:40

» バイブレーター上手になりたい! [バイブレーター上手になりたい!]
バイブレーター上手になりたい! [続きを読む]

受信: 2008/04/22 15:18

« 恋をして淋しくて届かぬ想いを暖めていた | トップページ | 見えそなとこでハラハラ、あなたのために蝶になって »