« 時を止めて君の笑顔が胸の砂地に〜モディリアー二の肖像画と私の似顔絵 | トップページ | 愛してるって、簡単には言えないよ〜旅行メモ »

かじかむ指の求める物が〜NEW TOKYO CONTEMPORARIES

見慣れたその手だったと知って。

一人暮らしをしていると食材を使い切ると言う悩みが
ある。チーズ消費の為にグラタンをする。グラタンの
粉が余る(市販のは4人前だしなぁ)。グラタンの具
を変え、使ったほうれん草が余る。それがきっかけで
おひたしに凝って小松菜を買う。小松菜が余る。肉や
魚は冷凍しておけるがねぇ。小松菜、さて、どうする?
小松菜も使った豚キムチ(しめじ入り)。
Image9811


で、
新丸ビルにNEW TOKYO CONTEMPORARIESを見て来た。
 

NEW TOKYO CONTEMPORARIES
新丸の内ビルディング 7F(marunouchi)HOUSE
3月28日から4月6日

新丸ビルの7F(marunouchi)HOUSEエリア全体を使って
「End of the tunnel」と言う展覧会を行ってます。
展覧会と言ってもパブリックアートのように各所に展示を
するという形がメイン。

参加しているギャラリーは、
青山|目黒 、ARATANIURANO、
ZENSHI、Take Ninagawa、
MISAKO & ROSEN 、
無人島プロダクション、
ユカ ササハラギャラリー
と第2世代と呼ばれているギャラリーばかり。
期待感たっぷり&読めない感たっぷりです。

早速初日にのぞいてきました。

エスカレーターの昇り口には小西紀行さん。
Image9851


ホールにはガラクタ?で作ったミロのヴィーナス?
Image9841_2


女子トイレの入り口は渡辺豪さんがドカッと。
思わず女子トイレに入りたくなる!
Image9871_2


森田浩彰さんの紙コップが踊っているのも面白い。
Image9861_2


エレベーターの所には山元勝仁さんの作品が。
Image9831


受付には八木良太さんの氷のレコードの映像。
Yagi


来夢来人(らいむらいと)と言う店の中では田中偉一郎
さんのクラシックカラオケが流れる(本当は13時と16時
にしかや上映しないのだが平日で他に人が居なかったの
で、お店の人が見せてくれた。親切!ありがとうござい
ます。この店、昔のパブ喫茶風の造りで通常は女性同伴
でないと男性は入れない店だそうです。このイベントの
期間中は男性だけでもOKだとの事ですが)
Tanaka_ii


アトリエルームには小西真奈さんのガーリーな絵がある。
(小西さんの絵がまた良い感じですわ)
同じくアトリエルームの加藤千尋さんの絵も良かった。
サロンルームも通常は女性しか入れないのですが、この
イベント中は男性も入れます。こちらには加藤泉さんの
こけし風彫刻があり。これも必見ですね。
このサロンルームには雨宮庸介さんの溶けた林檎もあり。
Amemiya


とまぁ、ざくっと見ただけでも結構見応えありました。


丸ビルの吹き抜けでやっていた竹のインスタレーション
はアンテ・ヴォジュノヴィックさんの作品。こちらも
帰りがけに見て行く。
Image9891_2

|

« 時を止めて君の笑顔が胸の砂地に〜モディリアー二の肖像画と私の似顔絵 | トップページ | 愛してるって、簡単には言えないよ〜旅行メモ »

コメント

小松菜といえば油揚げとの炒め煮が絶品です。
侮れないのは、醤油の代わりに使うめんつゆ。(あれば)
小松菜と油揚げを軽く炒めてから、だし汁、めんつゆ(or醤油)、酒で味付け。

昨日は東山魁夷プレビューイベント行ってきました。
溶けたリンゴ見に行きたい。

投稿: nori-o | 2008/03/29 20:33

おっ、良いねぇ。そそる献立だ。
でもそうして今度は油揚げが余って、次はどうする?
が続くのか・・・(みそ汁にでも入れるが)。

東山魁偉の絵は好きだなぁ(今まで自分で見た中では)。
やっぱ白馬だよ白馬。

溶けた林檎、君、東京駅近いじゃないの!

投稿: KIN | 2008/03/30 00:33

こんばんは。渡辺さんの作品はやはり中にも何かあるのでしょうか。
男子トイレのくしゃみも結構ツボだったのですが、
あのような空間を巧く使った展示はやはり面白いなと思います。

竹の森は一見爽快な感じのインスタレーションでしたが、ヘルメット着用というのが何か物々しかったですね。丸ビルの雰囲気とのギャップがまた新鮮でした。

投稿: はろるど | 2008/04/01 22:57

はろるどさん、こんばんわ。
渡辺さんの作品、中はどうなってるのか、さすがに
女子トイレの中は覗けないですからねぇ、幾らアート
と言う免罪符があっても。
くしゃみも良い感じですよね、でも、あれは絶対に
男子しか見る事出来ないけど。

投稿: KIN | 2008/04/02 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/40671095

この記事へのトラックバック一覧です: かじかむ指の求める物が〜NEW TOKYO CONTEMPORARIES:

» 恋のから騒ぎ(14期生)塩村文夏の過去 [恋のから騒ぎ(14期生)塩村文夏の過去 ]
人気バラエティー番組『恋のから騒ぎ』に出演している、塩村文夏の過去動画。水着のグラビア画像や、ギリギリ見えてる動画も発見しました。 [続きを読む]

受信: 2008/03/29 11:57

» ※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? [※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? ]
奇行の多いプッツン女優で知られているが実はまだ男遊びを止めずに男を連れ込んでいるのだ。 いつも誰かに見られたいそんな女優魂が私生活にも出ているらしい。 今までも元彼からの流出画像 [続きを読む]

受信: 2008/03/29 15:01

» 「End of the tunnel」 「(marunouchi) HOUSE」(新丸ビル7階) [はろるど・わーど]
「End of the tunnel」(ニュートーキョーコンテンポラリーズ) 「(marunouchi) HOUSE」(千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング7階) 3/28-4/7 現代アート専門とする在京の7軒の画廊が、ここ新丸ビル7階レストランフロア「(marunouchi) HOUSE」に集います。「End of the tunnel」へ行ってきました。 参加画廊は以下の通りです。(各画廊とも30代のギャラリストによって運営されているそうです。) 青山/目黒、ARATANIU... [続きを読む]

受信: 2008/04/01 22:52

« 時を止めて君の笑顔が胸の砂地に〜モディリアー二の肖像画と私の似顔絵 | トップページ | 愛してるって、簡単には言えないよ〜旅行メモ »