« 田中偉一郎さん、やはりあなたは素敵です | トップページ | 時を止めて君の笑顔が胸の砂地に〜モディリアー二の肖像画と私の似顔絵 »

見慣れない服を着た君が今出て行った〜宮島達男 Art in You

藁の納豆が手に入ったので初めて土鍋で米を炊いてみた。
Image9771 Image9781
美味そう!気のせいか米の粒の輝きが違う。
今日は魚が食べたいモードだったのでwithサバの味噌煮。
Image9761


で、もって・・・
えーい、どう書こうか悩んでいたけどもうそのまま書いて
しまおう!こんなタイトルにしちゃったし。

宮島さん、一体どこに行ってしまうの?
あー、せめて、「MEGA DEATH」があれば・・・

宮島達男 Art in You
水戸芸術館現代美術ギャラリー
5月11日まで

この前の日曜に水戸まで行って来た訳です。
行きは特急に乗って、家から2時間、片道4千円程。
(帰りは北千住寄ったので普通電車でした)
Image9481 Image9491


始めに旧作である「Death of the Time」。
これは期待通り、美しい!
Works_photo_01


そして目玉作品の新作、巨大LEDオブジェ「HOTO」。
他には鏡面を使った「Changing Time with Changing Self」や
「Death Clock」「Counter Skin」の写真、ドローイング等
が展示されていました。が!
Counterskin_hiroshima





ここからは完全に「私の」「個人的な」意見です・・・

うーん、どうも、しっくりと来ませんでした。
水戸まで行ったのにぃ〜!

せめて、「MEGA DEATH」があれば・・・

実際に私は宮島さんの作品好きなのですが(オペラシティでの
MEGA DEATH凱旋帰国展見に行けなくて悔しい思いをした私
は韓国の宮島さんの個展に行ったくらい、でしたのよ)、でも
最近「Death Clock」以降はどうも、しっくり来ていなかった、
と言うのが事実ではありました。それをここまで実感するとは!

何が?と言われても表現し難いのですが・・・
まずは作品よりも思想が強くなって来ている気がします。
それは決して悪い事ではないと思いますが私にはあわなかった。

なんと言っても・・・この新作・・・美しくないのです。

はっきり言って、ですね(言って良いのか???)、あの新作
「HOTO」、あれは何なんだ!何を考えてああなったんだろう?
と思ってしまう位美しくなかった・・・(個人意見ですよ!)。
寺院の中の宝塔がモチーフでしょうか???

今までの作品は思想の現れとともに作品が美しい、と言うのが
私を(あくまでも「私」個人意見です)惹き付けていたのです。
今回出ていた鏡面作品の「Changing Time with Changing Self」
も以前SCAI THE BATHHOUSEで見たバージョンの方が全く
以て美しかった。↓SCAIで展示されたバージョン
S2ctcs25
そして、あのドローイング、あれは何でしょうか???
美しい以前に意味が分かりません。

せめて、「MEGA DEATH」があれば・・・

やはり、HOTO、あれはどうも許せませんでした。3回程会場を
ぐるぐる廻り確認してみたのですが、見るたびに嫌いになる。
宝塔じゃなくて、男性自身に見えてくる(これ本当の感想)。
そして対称に、見る度にDeath of the Timeの美しさにため息を
ついてしまうのでした。

ただ、この記事を見た方は、これで見に行くつもりを無くさず
是非に見てみて、感想を教えて欲しいです。私の思い入れが故
にこう言う感想を生み出してしまったのか、それとも・・・。

せめて、↓「MEGA DEATH」があれば・・・
05_01

で、ちゃんと拾い物(失礼?)もありました!

会場内クリテリオム72で展示をしていた「飯田淑乃」さんの
作品がかなりウケた!この方面白いですね。

飯田淑乃展
クリテリオム72(水戸芸術館現代美術ギャラリー第9室)
2月16日から5月11日

この方は各地で展示をする時にその土地柄や名産をモチーフに
して歌を発売する、それもそのご当地歌手に成りきって、と言
う手法で作品を出してます。

大阪ではOL系アイドル、船場みずきとして「ビルのすきまで
逢いたい」と言うCDを出す、名古屋では少女戦士アイドルの
大須あかねとしてアニメ「ゴヤフェチ」主題歌を歌うなど。
Inv0081 Ngy200711090009

そして今回は・・・歌のお姉さん「ごけんゆかり」として納豆
をモーチフにしたキャラクター「ねばねばなっちぃ」と共に
そのテーマソングを歌っているのである。

会場に入ったら思わず、あれ?間違えたかな?と・・・
完全にご当地キャラクターの販促イベント会場になってます。
のぼりや食品サンプルなどもあり、どう見ても美術館の1室
ではありません。もう、これが作品なのですから、最高です。
笑かしてくれます。

飯田さん扮する歌手の所属プロダクション(もちろんこれも
作品のネタです。)
Y.Music 公式サイト

もう、最高でした!
また、宮島展とセットで見る、と言う事によりその中身の無さ
(褒め言葉ですよ)が余計魅力的に見えます。これも期せずし
て、いや狙いですか?
宮島さんの作品完全に飯田さんに呑まれてました。

と、まぁ、2時間位は会場にいるかな?と思った宮島展に1時間
もいなかった(カフェでの休憩を含んだ時間ですが)ので、
早めに戻って来て北千住にも行けた訳です。

藁入り納豆はこの時に買いました。
Image9631

|

« 田中偉一郎さん、やはりあなたは素敵です | トップページ | 時を止めて君の笑顔が胸の砂地に〜モディリアー二の肖像画と私の似顔絵 »

コメント

こんばんは。仰るように、作品よりも思想という部分が強く出ていた展示でしたね。私はKINさんの記事を予め拝見していたので「HOTO」にもそれほど面食らわなかった(?)のですが、「Death of Time」での美感と共通する部分がLEDのみというのが、最近の宮島の変化を示しているのかなと思いました。またドローイングや写真は…。私も分からなかったです。

>飯田さんに呑まれてました

本当にそうでしたね。宮島の生真面目さとまた正反対の場所にあるのは、展示側の意図なのかと勘ぐりたくなるほどでした。
納豆ソング、まだ頭をグルグルまわってます。

投稿: はろるど | 2008/05/01 22:51

>はろるどさま
まぁ、新しい境地を認めない!などと野暮を言う訳では
ないですが少し面食らいますね。
それぞれに求める事は違うからしょうがないのだけど。
思想は昔からあった訳だから、それが真っすぐに出て
来た、と言うだけではあるのですが。

飯田さんは、もう、思想とかなんにも無しでかなりウケ
ました!

投稿: KIN | 2008/05/02 00:55

HOTO、ほと・・・・名前はKINさんが想像されたものと
正反対ですね~
それにしても、あの納豆の唄には笑えました。

投稿: 一村雨 | 2008/05/07 06:04

>一村雨さま
笑、まぁ、いろんな物に見えますよね、あれ。
納豆はある意味インパクト強すぎですよ。

投稿: KIN | 2008/05/07 20:50

おはようございます。

「Death of the Time」が一番良く思えたのは
既存の宮島さんの作品しか受け入れられないのかも。
あれも時間かかったけど。。。

投稿: Tak | 2008/05/08 08:08

>Takさま
うーん、私もそうなのかもしれない。
まぁ、そうだったらそうで割り切りますが。
でも、この展覧会、いろんな意味で話題
にする事が出来そうな展覧会でしたね。

投稿: KIN | 2008/05/08 11:37

こんにちは。

闇に無機的に輝く赤色ダイオードの光を美しいと感じたファンの心は、行き場がなくてちょっと困ってしまう展示でした。
「Art」って何?「You」って誰?という問いかけが、頭の中を駆け巡りました。
広く議論を喚起するという点では、成功していると思います。

投稿: mizdesign | 2008/05/09 09:47

mizさま
「あの」美しさが無くなってしまったのは私も残念です。
今回の展開に「美しさ」が見いだせなかったので。
ただ、今回の物に新しさを発見する見方もあると思う
ので、個人の意見でしかないですがねぇ。
確かに、そう言う個人の意見を喚起出来る展示では
あると思います。これだけを肴に1時間は飲めますね!

Youはかなり不特定なものなんでしょう。問いかけには
なってますが、放り投げとも取れてしまうのが・・・。

投稿: KIN | 2008/05/09 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/40647697

この記事へのトラックバック一覧です: 見慣れない服を着た君が今出て行った〜宮島達男 Art in You:

« 田中偉一郎さん、やはりあなたは素敵です | トップページ | 時を止めて君の笑顔が胸の砂地に〜モディリアー二の肖像画と私の似顔絵 »