« アニュアルな通路をモット | トップページ | 雑記、個人的な事により »

しぶや

渋谷に行ってきたので、最近話題のこの本屋に寄った。
SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
Ca6jtuwj
建築、デザイン、アート、サブカルチャーなどの本がなんと
なくの分類で並んでいる。このなんとなくがイイ感じ。
SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERSの記事

で、関係ないけどBUNKAMURA GALLERYに寄った。

point ephemere 大西康明、大和由佳、大舩真言
BUNKAMURA GALLERY
2月15日から2月24日

渋谷まで行く用事があったので、何をやってるのかなぁちらっと
文化村ギャラリーを覗きに行ってみたら、あら、イケルじゃない。

大西康明さん、大和由佳さん、大舩真言さんの3人展。
私が名前を知っていたのは大西さんだけなんですが、大西さんの
作品は今まで写真を見た事あるものとは全然違うタイプのもの。
Pic_onishi2

大舩さんの作品の中では床のマーブルが盛り上がっているものが
面白かった。
Pic_ofune1

中でも一番目を惹いたのは大和さんの作品。真ん中にあるから、
と行っただけではない、何か私の好きな匂いがした。

Pic_yamato2

泥と水を使っていると言うので、始め塩田さんの作品を想像した
のですが、その実は前々違い、良い意味で期待を裏切ってくれる。
アクリルの棒(立っていると思ったら実はぶら下がっている)の
人工的な様相があるのに、私は何故か田んぼを思い浮かべました。
(ギャラリーの女性の方とその話をしたら、その女性は「そう言
う風には思った事無かった、周りに田んぼが無かったので」と。
ううっ、世代の差か・・・そんなに俺、田舎暮らしじゃないの
に、と、笑)。ガラスの作品も良かったな。
この方の作品は素材感が強い。平面作品も何かしら奥行きがあっ
て、素材と言う物の奥行き感をうまく使ってる感じでした。
そう言う作品好きなので、気に入っていたら、会場にご本人が
いらっしゃると言う事で、少し話をする事が出来ました(いや、
だから褒めている訳じゃないですよ、笑。本当に好きな作品
だったのです)。
Pic_yamato1 (ああ、この作品の人か!見たいと思ってた。)

尖っているようで、柔らかい。距離があるようで優しい。そんな
見る人の根っこにあるものによって様々に色が変わるような、
取り方が変わるような、そしてイメージを見る人の原風景を喚起
させてくれるような作品でした。

|

« アニュアルな通路をモット | トップページ | 雑記、個人的な事により »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/40201972

この記事へのトラックバック一覧です: しぶや:

« アニュアルな通路をモット | トップページ | 雑記、個人的な事により »