« 気になるメモ アート編 0123 | トップページ | すきなもの、内藤礼 »

クロック・セニョール

この前クロックムッシュの作り方を聞いた。

・クロックムッシュ
トーストにハムとチーズが挟まったもの。
(今回聞いたのはパンの表面に生クリーム+粉チーズを混ぜ
たものを塗っていた。ネットで見たらホワイトソースを塗る
と言う手もあるらしい)

そしてネットで色んな説はあるがムッシュだけでなくマダム
とマドモアゼルがある(マドモアゼルやっぱりあるんだ!
ゴメン!知らなかった!)

・クロックマダム
A.ハムの代わりに鳥腿肉のローストを使ったものと言う説
B.ムッシュに目玉焼きをのせた物をそう言う説

・クロックマドモアゼル
A.マダムに目玉焼きをのせた物をそう言う説
B.ホットケーキでムッシュを作った物をそう言う説

 

で、昼飯で作ってみようとしたが材料のあるなしが・・・
マメそうに見えて以外にいい加減な私は適当にあるもので
やってみる。
まずは生クリームが無いので牛乳に粉チーズを入れ混ぜる。
もちろん固まらない・・・粉チーズ多めでも固まらな。
全く生クリームもチーズも牛乳も成分同じような物なのに
なんでかなぁ、と思いつつ小麦粉入れてみる。どうせパン
に塗るんだからまぁ、成分的には問題ないだろう。
トロッとするが固まらなかったので、パンをその半液状の
ものに浸して焼いた。更にハムが無かったのでベーコン
で代用。中のチーズはミモレットと言う贅沢(余ってた)。
本当はサンドイッチみたいにして挟むのだろうがチーズ
+牛乳半液体をさらに上から塗り、2枚別物として焼く。

Image879_2 Image8801

うーん、半液状をなんとかしようとしてトーストしすぎて
パンが少し焦げ気味。適当すぎて見た目悪いなぁ、味は
良いのよ。ただし・・・カロリー無茶苦茶高いです。
さすがに一人でこれ食べたら飽きた。
もうこんな事しません。カロリー気になるお年頃なので。

もう完全にムッシュでもマダムでもマドモアゼルでもない。
このいい加減な物をクロックセニョールと呼ぶ事にする。

※この前の家パーティー(調理エンナーレ)の残り物を
環境に優しいリサイクル活動真っ最中。
昨日の昼はキャベツチャーハン(キャベツと舞茸使用)。
キャベツが多すぎてキャベツの中にご飯が見えると言う
具合。ゴメン。キャベツ切ると分量判り難いの同感!
干しするめが大量に手に入ったので今、水で戻した物と
醤油+酒+味醂を煮立てた物で戻した物、を用意中。
干しするめ、一人で3烏も食べてたら顎が壊れるだろう
って事でまずは柔らかく戻す。これをどうするか検討中。
さらにレシピ聞く予定になっていたがどうせかなり先に
なるだろう、もしくは忘れているだろう、または私が既に
聞いた気もするがなんせ酒の席にて覚えておらず、な
玉ねぎの酢漬けも適当に作ってみた。参考にしたのは
カレーに付いてくるラッキョウ漬。玉ねぎをさらっと湯掻
く。酒、味醂、出汁、醤油を一度煮立てて、冷めたら酢
を加えて、唐辛子の輪切りを入れて玉ねぎを漬ける。
砂糖を加えるともネットに書いてあったが甘くなくていい
のでそれは省く。酢だけではちょっと角が立ちそうなの
で味醂は入れた。醤油酢漬け。分量は適当にザバーっ
と。酸っぱいのが好きだからかなり酢多め。でも、これ
はちょっと味がキツイかな?さて、どうなるか?

|

« 気になるメモ アート編 0123 | トップページ | すきなもの、内藤礼 »

コメント

ガクさんが作ってたのより崩れ気味ですね(笑)
おいしくて楽しかったです。今度は酒のつまみにて参戦します。

投稿: shibako | 2008/01/27 16:22

「クロック・セニョール」という展示のタイトルかと思いました。

タマネギの酢漬けは「新タマネギ」で作るように。さすが料理のできるマメ男、おっしゃる通り、サラダ油・酢・しょうゆ・みりん・酒・塩です。沢山漬けなくても新タマネギなら苦くないのですぐ食べられます。しょっぱすぎたら、冷や奴とかほうれん草などにかけてお浸しとしてご活用ください。

キャベツって意外と使い甲斐ありますよねえ、なかなかなくならない。ホイコーローに?やきそばに?メンチカツサンドイッチに?・・・となってやっぱりポトフになったり。キャベツチャーハンならぬ、ごはんキャベツ、私も今度やってみます笑。

投稿: のろこ | 2008/01/27 22:18

>SHIBAKO姉ぇ
適当に作ると適当な仕上がりになるのよねぇ。
伊達に日陰茶屋上がりじゃないぜ、ガクさん!
酒のツマミじゃなくて豪勢なゴチソウでも良いですよ。

投稿: KIN | 2008/01/27 22:20

>のろこさま
このブログはタイトルで判るように料理ブログです。
展示会名と間違えるなんて失礼です!!!
新タマネギじゃなかったので湯がきました。
シャキシャキ感は少し落ちるけど苦みエグ味はこれで解決。
どうだ料理の出来るマメな男!
サラダ油入れるんだ!何故?どういう味付け効果があるの?
でもやっぱりシャキシャキ感が欲しいので今度は是非新玉を
使ってみます(新玉なら全く湯がかなくても大丈夫なのか?)。
キャベツ、炒めるしか私のレパートリーにはありません。
炒めたキャベツの合間から顔をのぞかせる飯とベーコン、舞茸。
是非に今度。

投稿: KIN | 2008/01/27 22:38

調理エンナーレって名称が素敵です。
料理は創造ですからね。

それにしても、マメなんですね〜。

投稿: marco | 2008/01/28 21:54

>marcoさま
調理エンナーレ、創造と言うか・・・駄洒落ですが、苦笑。
困った事にマメに見えるようで、意外にマメじゃない、と
言うところが問題なんです。逆だったらこのギャップを
利用してモテ道突き進めたのに!(って言うかモテ話に
繋げるな?って感じですが)

投稿: KIN | 2008/01/28 23:07

牛乳+小麦粉って、KIN兄のチャレンジャーっぷり、あるいはセニョールっぷりには敬服どす。
「目玉焼きのせ(要半熟)」は美味そうだ。が、こってり度に拍車がかかって、胸焼けそう。。。やってみます、今度。

投稿: ガク | 2008/01/29 19:38

ほら− せやから言うたやんークロックマドモワゼルあるって。
我を笑ったお詫びに今度クロックマドモワゼルつくってちょ。

セニョールて何やセニョールて。

投稿: Mariko | 2008/01/29 20:52

3年に一度ですかー?
っていう突っ込みも書こうかと思ったんですが(笑)
なんにしても、料理は創造ですよ。

投稿: marco | 2008/01/29 21:44

>ガクさま
牛乳も生クリームも同じような材料じゃーん!
とやはりいい加減なところがこう言うところに
出てくるのですね。セニュールなもので。
その半液に漬けて焼き漬けて焼きしてたら
非常に濃いものになりました。歳を考えなければ。

投稿: KIN | 2008/01/30 03:30

>Marikoさま
おおっ、素直にすまん、確かに笑ったぜ!
そんな俺を笑ってくれ。マドモアゼルは難易度
高いっす。クロックセニョリータは如何ですか?
セニョリータって何やセニョリータって。

投稿: KIN | 2008/01/30 03:32

>marcoさま
チョリエンナーレだもんね!
これはどの位に一度だ?チョリって?
確かに創造です。
しかし、創造=ウマい(美味いor上手い)とは限らん
のだ。それが問題だ。

投稿: KIN | 2008/01/30 03:35

ものすごく遅いコメントでごめんなさい。KIN兄のブログコメントがいつもできないのよ・・再コメントー。
その後、するめちゃんは無事生かされたでしょうか?
キャベツは、こないだKIN兄がやっていた、白菜&豚肉を、キャベツ&ベーコンにしてもおいしいよ!
醤油と塩こしょうでOKですよ。
今日は西京味噌を手に入れたので、初の西京付けをしてみます。困ったら相談のってください。
また遊びましょうね~
どうもお邪魔しました。

投稿: sae | 2008/02/05 16:25

コメントがエラーが出るってこと?なんだろう???

するめのその後に関してはこちらの日付の方に写真
載せました。大変良く出来ました!な仕上がりです。
是非ご覧下さい。下の方です。
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2008/02/post_ae12.html

とりあえずキャベツは全て消費しました。キャベツの鍋
ってのがあるのか!なるほど(本当に炒めた事しか無い)。

西京漬は白味噌を味醂+酒(適当に柔らかい感じになる
まで)でのばして、後はタッパの中で切り身に塗りたくって
冷蔵庫保管しておくだけです。それだけ。

また、遊びましょう。ちびっこも一緒に是非。

投稿: KIN | 2008/02/05 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロック・セニョール:

« 気になるメモ アート編 0123 | トップページ | すきなもの、内藤礼 »